kyoto guest house kazariya

錺屋女将、涼子のブログ

楽座と、みたらし祭

2019 年 8 月 1 日

 

毎度の結髪師聖子さんとの髪結いあそび、という名の撮影会。

私とあゆみさんは地毛結い、ありさちゃんはショートヘアなので、半かつらです。

今回浴衣姿で、みんなお揃いの島田髷に。

 

IMG_8139

 

また酷暑を凌ぐおまじないとして、新藁を巻いて頂きました。

当時は夏ののぼせと厄除けになると言われ、お盆辺りに新藁売りさんが売り歩いていたそうです。

青々とした新藁の提供、浦谷農園様おおきに*

錺屋で撮影した後には、

私の古巣和楽庵の二号店である「ゲストハウス楽座」にて撮影をさせていただきました。

 

_MG_9421

 

宮川町の元お茶屋という建物は風情と艶があり、当時の面影がリアルに残っており大変貴重なもの。

それが近年のホテル建設ラッシュによる地価上昇を理由に、契約終了+売却されてしまうため、

皆に惜しまれつつ9月10日に閉店してしまうんです・・・

(詳細は→bit.ly/2W5n7hG

 

_MG_9299

 

今回カメラ女子・萌子さんが来てくれはったので、

日本髪も、楽座も、とっても綺麗に撮ってくれはり、個人的にとっても嬉しかったです。

撮影にご協力いただいた皆様、有り難うございました。

 

_MG_9320

 

こんなかわいい町家。

どうにか永遠に、残ればよいのだけど・・・

 

_MG_9400

 

その後夜の下鴨神社へ、

御手洗祭に行ってきました。

赤い提灯が浮かび上がり、なんだか妖艶な雰囲気。

 

_MG_9472

 

境内の御手洗池に足をひたしたままろうそくを供え、無病息災を祈る「足つけ神事」

膝近くまで深さがあり、

湧水とのことで、それが悲鳴を上げるほど冷たい!

 

_MG_9477

 

ろうそくが消えないよう、蝋がたれないよう、そーろと歩きます。

 

_MG_9492

 

足を拭くのに、手拭い必須です。

夏やのに、足がひやひやになりました。

 

IMG_8260

 

罪・穢れがはらわれたような、いい気持ち。

そのあとはご神水をいただきます。

 

IMG_8274

 

あんよのかたちが可愛い、足形祈祷木。

名前を書いて水に浸し、無病息災を願います。

 

IMG_8288

 

ちなみに期間中は屋台が並び、お祭りムードたっぷり。

週末はけっこう並ぶみたいなので、平日がおすすめ。

ぜひ御手洗団子もぜひ召し上がってくださいね。

 

_MG_9560

 

結婚式もええけど、こんなふうに普段の日こそ。

錺屋で、日本髪結うてみはりませんか?

 

錺屋女将・涼子

山鉾巡行、イノダで〆る

2019 年 7 月 17 日

 

17日は祇園祭・山鉾巡行

梅雨空が続いていたので心配でしたが、昨晩の日和神楽の甲斐あって、晴れ間がのぞきました。

今年は12時に、三条×新町で待ち合わせ。まずは西側で待つ。

ちょうど良く先頭・長刀鉾さんがいらっしゃいました。

ぎし、ぎし、と軋む音が近づいてくると、緊張感が高まります。

 

IMG_7704

 

新町通は道幅ぎりぎりで、轢かれるんじゃないかというスリルが味わえますが、

お稚児ちゃんは新町御池で降りちゃうので、見られません。

生き稚児ちゃんが見られるのは綾傘鉾のみです。

あと山のご神体は向きがあるので、東に陣取るか、西に陣取るかで、

あたりはずれがあります。

 

IMG_7726

 

今度は東側、すこし三条を上がって待つ。

やってきました月鉾さん!

曳き手さんのはっぴ、いつもながら可愛いです。

私が男なら、ぜったい曳き手応募するのに!(実は公募なんです)

 

IMG_7731

 

電柱ぎりぎり、他の鉾が接触して後退りしたりもしちゃう中、

最重量級なのに、なぜかいつも涼しい顔ですーっと巡行します。

このあと、新町×姉小路の交差点を下がったところに移動しました。

狭くて軽くS字になっている難所。車方さんの業前が見もので、ここだけピリッとした空気が流れます。

鉾を見上げたいところをぐっと我慢して、ここではぜひ車方さんに注目してみてください。

 

IMG_7734

 

鉾の後ろ姿は、なんだか寂しげ。

一基一基、お見送り、

お別れを告げていく気分。

町内に戻ったら巡行中に疫神を引き受けた山鉾を即座に封印するため、あっという間に解体されてしまいます。

また来年ね、厄と疫病吸い取ってくれてありがとう。

 

IMG_7749

 

巡行のあとは三条烏丸西入ルの李朝カフェ、素夢子古茶家 (ソムシ・コチャヤ、通称ソムシ)へ。

お酢たっぷりの韓国冷麺を。

 

IMG_7753

 

冷たいぐみぐみした麺が疲れた体にしゅむ。。。

籠バッグを買い漁るあゆみさん。

 

IMG_7763

 

コーヒーでも飲んで帰ろうか、とイノダコーヒー本店へ。

本店にはインコが居るって知ってました?

 

IMG_7802

 

可愛い可愛いと、嬉しそうにながめるあゆみさん。

眠たそうなインコが3羽いました。

 

IMG_7775

 

いつものアラビアの真珠を飲むと、

なんやしらんほっとします。

 

IMG_7788

 

先祭の〆、おつかれさま。

次は後祭やね。

 

錺屋女将・涼子

山を巡る宵山

2019 年 7 月 16 日

 

今年の祇園祭は梅雨まっしぐら。

雨の合間をぬって楽しんでまいりました。

宵山には、中学3年生から欠かさず行っているのですが・・・

ちょっと歩行者天国の人の多さがつら~くなってくるお年頃。

 

IMG_2382

 

そんな私たちにやさしいのが、端っこのほうにある小さめの山。

こちらは、油小路通にある太子山(たいしやま)。

 

IMG_0520

 

夕方に行くと、人も少なく雰囲気もよろしいです。

ろうそく一丁献じてみてはいかがでしょうか。

 

IMG_2384

 

こちらは佛光寺通の木賊山(とくさやま)。

細い路地に町家が並び、大通りとは異なった趣が。

暗くなってからも美しいですが、せっかく浴衣を着て写真を撮るなら、19時までがおすすめです。

 

IMG_2385

 

有名な杉本家住宅の前、綾小路通にある伯牙山(はくがやま)。

19時が近づき、人が多くなってきたので・・・一旦退散!

このあと21時頃までがいちばん混み合います。

 

IMG_2386

 

21時を過ぎ、空いてきた四条通へ再びやってまいりました。

月鉾など人気の鉾を一通り鑑賞。

 

IMG_7686

 

時々通る日和神楽を見送り、明日(山鉾巡行)の晴天を願いました。

 

IMG_7695

 

22時頃から順に提灯が消え、落としていきます。

提灯のついた山鉾とは今夜でお別れ。

ちょっぴり寂しいけど、明日の晴れ舞台にそなえ、ゆっくり休んでください。

 

錺屋女将、涼子

ちまきとちまき

2019 年 7 月 14 日

 

今年も、函谷鉾の厄除けちまきを頂きました*

一般販売は13日の10:00から長刀鉾・函谷鉾・鶏鉾・菊水鉾。

13:00から月鉾、18:00から船鉾が開始とのこと。売り切れることもございますのでお早めに。

あと祇園祭には厄除けの花、檜扇もかかせません。

 

IMG_7595 (2)

 

粽は基本的に厄除け・疫病除けなのですが、他にも御利益があるものもございます。

本来玄関戸の上にかざるものですが、複数買いするかたもいらっしゃいます。

 

IMG_7646

 

【変わった御利益のある前祭り山鉾一覧】

菊水鉾=不老長寿・商売繁盛

霰天神山=雷・火災除け

油天神山白楽天山太子山=学業成就

孟宗山=親孝行

芦刈山保昌山綾傘鉾=縁結び

山伏山=雷除け

占出山綾傘鉾船鉾=安産

郭巨山=開運・金運向上・母乳の出を守る

木賊山=迷子防止・再会

 

IMG_7669

 

もうひとつ、こちらは食べられるほうのちまき。

 

IMG_7666

 

あゆみさんが仙太郎さんで、祇園祭期間限定の一枚笹ちまきを2種類買うてきてくれました。

本返しの葛にこしあんをなじませた葛製のほうは、大丸京都店のみ7月中販売しているそう。

とぅるとぅるで美味しい♡

米粉のほうは、京都の支店すべてで購入可能ですが、先祭と後祭の期間のみの販売です。

 

IMG_7682

 

期間限定ってことばに弱いんですよね。

冷蔵庫で30分ほど冷やしてから召し上がれ♡

 

錺屋女将・涼子

七夕*かざり

2019 年 7 月 7 日

 

今年も竹の名所・八幡から、新鮮な笹が届きました。

 

IMG_7475

 

青々して瑞々しい!

これを保つためには、飾るまでなるべく密閉して葉を乾燥させないこと。

そして葉の丸まり防止のため、酢水を塗布しました。

そらこちゃんは葉を一枚一枚筆で・・・と言うてましたが、

面倒すぎるので、タオルにたっぷりふくませて、塗布してみました。

 

IMG_7496

 

酢水の分量(2:3)をちゃんと計らなかったせいか、数日経ち多少黄色くなりましたけど、

丸まらずに持っています!

そして飾り付け*

 

IMG_7535

 

お客様用にも短冊をご用意致しました。

ぜひ願を掛けてお帰りくださいね*

 

IMG_7483

 

ちなみに中国や台湾、ベトナム、韓国などアジア諸国でも七夕の行事はありますが、

短冊に願い事を書くのは日本独自で、江戸時代以降の新しい文化だそう。

海外からのゲストにとっては新鮮でしょうね。

もともとは織姫にあやかって、機織や裁縫の上達を願うものでしたが、

時代とともに願い事も多様化し、芸事や読み書きの上達や、

織姫・彦星の物語にちなみ出会いを願うようになったそう。

最近ではもはやなんでもありな風潮。

 

IMG_7540

 

私たちの願いはいつもこれ。

「錺屋が千代に八千代に、愛されますように」

 

IMG_7538

 

七夕が来ると思い出す。

女将の古巣「ゲストハウス和楽庵」本日13周年。

おめでたい!和楽庵が千代に八千代に、愛され続けるよう願っております。

そのほか京都では、地主神社などで七夕祭を開催中。

ちなみに京の七夕は旧暦なので、来月ですよ*

 

錺屋女将・涼子

水無月と杉のお守り

2019 年 6 月 30 日

 

6月30日は、夏越の祓。 京都中の神社で、

夏越大祓式(なごしのおおはらえしき)が執り行われています。

1年のちょうど半周にあたる今日、この半年間の罪や穢を祓い、

この先半年間の無病息災を祈願し、気持ちを新たにします。

 

IMG_7380

 

京都人にとって今日は、「水無月」を食べる日。

三角形の外郎の上に、邪気を払うとされる小豆をのせたお菓子です。

 

IMG_7433

 

もともと宮中ではこの日に氷を口にすることで涼み、夏の病から逃れていました。

冷蔵庫のない時代、夏場の氷なんて、とっても貴重なもの。

当然一般庶民には手に入りません。

そこで氷の形をしたお菓子を氷に見立て、

それを食べて厄除けを行ったのが始まりといわれています。

 

IMG_7440

 

今年はあゆみさんに箱入りの水無月と、

今宮神社の夏越祓のあとに配られるという杉の枝のお守りをいただきました。

 

IMG_7481

 

厄除けに、入口の高い所にお祀りしました。

あと半年、無病息災に過ごせますように*

 

 

錺屋女将 涼子

夏の短期宿直さん募集中!

2019 年 6 月 23 日

 

*********************************************

 

ただいま「ゲストハウス錺屋」では、

夏の短期宿直スタッフさん(フリーアコモデション)大募集中!

夏休み中の学生さんや、旅行者のかたも歓迎です。

トランク一つで町家暮らし始めませんか?

 

*********************************************

募集要項

◆期間

2019年7月・8月の2ヶ月間(8月の1ヶ月間のみ等、期間は応相談)

 

◆業務内容

夜間の緊急時の対応、連絡

 

◆条件

フリーアコモデーション。お給料は発生しません。
夜9時から翌朝8時までの間、お留守番をお願いします。
その間、少し狭いですが個室にて就寝等自由に過ごしていただけます。
個室はお布団一式、窓、収納、机、エアコン付き。
館内のキッチン、お風呂、Wi-Fi、洗濯機なども利用可。
英語は話せなくても大丈夫!

 

IMG_7142

 

開始可能な時期を明記の上、

下記お問い合わせフォームよりお気軽にご連絡くださいませ。

ご応募お待ちしております!

↓↓↓

************************************************

今回の募集は締め切らせていただきました。

ご応募及び、シェアありがとうございました!

************************************************

 

ゲストハウス錺屋

女将・涼子

日本髪×たい焼きグラビア!

2019 年 6 月 20 日

 

「たい焼きグラビア」ってご存知かしら?

 

たい焼きで顔(おもに目)を隠した写真を撮って、

#たい焼きグラビア

ってハッシュタグつけて、SNSにアップするんですって。

写真集も出てるんですよ。

ただいま招き猫餡舗さんでは『たい焼きグラビア写真展』絶賛開催中!

 

そんなたい焼きグラビアを応援する狐菴さんが髪結いの日に差し入れてくれた、

あまいろさんのまん丸たい焼きで 、

 

日本髪×たい焼きグラビア!

 

IMG_6787

 

反則級にかわいすぎる。

 

IMG_6803

 

「はむっ」

 

IMG_6807

 

つぶあん苦手なあゆみさんは、抹茶入りクリームをセレクト。

 

あまいろさんは烏丸仏光寺西入る、仏光寺通りに入口がある路地奥の古民家だそうで、

錺屋からもわりと近い。

ご馳走さま、ぷっくらして大変美味しゅうございました。

 

IMG_6854

 

ふたつ買えばたい焼キッス写真撮れますよ♡

 

錺屋女将 涼子

 

初夏の髪結い撮影会

2019 年 6 月 18 日

 

結髪師聖子さんとの髪結いあそび、今月はカメラ女子さんとモデルさんにも参加していただきました*

舞台設定は明治後期~大正あたり、あゆみさんは宿の女将さん役で京風の両輪。

モデルさんは関東方面からの旅人役で、江戸風の銀杏返しです。

まずは月屋で撮影。

 

IMG_7036

 

「ようこそお越しくださいました」

 

IMG_7024

 

「どこから来はったんですか?」

「横浜から」

なんて言いながら。

 

IMG_6991

 

カメラ担当Moekoさん。貴女を撮りたいほど可愛らしいわ。

そしてモデルのAYAさんは、元ミス着物。流石です。

 

IMG_6977

 

まるで浮世絵から出てきたみたい。

今回は京風と江戸風の対比をお楽しみいただけるような設定でして・・・

横から見ると、こんなにつと(襟足)をだしてあるんです。

(銀杏返しといえば、一番はじめにあゆみさんが結うてもろた髪型。こちら*で京風と比較してみてください。)

 

IMG_6891

 

一方のあゆみさんは、京風なので丸くまるうく。

襟足はすっきり。

両輪はとくに京都で、落ち着いた妙齢の女性が結われた髪型とのこと。

聖子さんの結う日本髪は、ほんまに360度どこからみても美しい。

 

IMG_6869

 

雨が降りそうだったので、今回ロケはなし。

錺屋と月屋でめいっぱい撮りました。

 

IMG_7073

 

2人を撮るMoekoさんをパシャリ。

Moekoさんの写真をみるのがとっても楽しみ*

 

IMG_7052

 

さて撮影も終わった夕刻、聖子さんが突然「女将さんも何か結います?!」

と言いだしました。

本気で冗談を言うんだから(笑)

というわけで私も地毛結い初体験、京風の割り鹿の子!

 

IMG_2033

 

想像以上に柔らかく、軽くて、驚きました。

夏の装い、飾り類も涼しげなものになっています。

 

IMG_7248

 

和蠟燭点して。

雨と紫陽花と鬢付け油の香り・・・とってもロマンティックな夜になりました。

着物を着て、日本髪を結うと、こんなに気分が高揚するということを、

みなさまにもぜひ体験していただきたいです。

ぜひお問い合わせくださいませね*

 

IMG_2030

 

ほんの数時間で魔法を解いてしまうなんて・・・贅沢すぎる。

勿体ないのでこの恰好のまま、三人で北山のサイゼリアにいきました。

昼ごはんも食べていなかったので、

ペンネアラビアータがアンビリーバブルに美味しかったです。

今月も楽しみ尽くしました。

 

 

錺屋女将 涼子

 

はじめての香道*源氏香体験

2019 年 6 月 9 日

 

雨が降ったりやんだり、夏のように晴れたり、なんともいえん天気が続きますね。

お庭では紫陽花が満開を迎えております。

 

IMG_6711

 

先日そんな紫陽花の季節にぴったりの会が錺屋で開催されました。

その名も、香道がはじめてでも愉しめる組香 源氏香の体験講座《日本の伝統文化ー香りを愉しむー組香 源氏香》

 

IMG_6623

 

香道とは、香木を焚き香りに心を傾け情景を鑑賞する文学性、精神性の高い芸道で、古くは奈良時代より楽しまれてきた日本の伝統文化。

香木の香りを聞き、鑑賞する聞香(もんこう)と、香りを聞き分ける遊びである組香(くみこう)がございます。

 

IMG_6594

 

香道においては香を「聞く」と表現し、「嗅ぐ」という表現は不粋とされるそう。

香りを聞くって、なんだかロマンティックですよね。

 

IMG_6629

 

今回はご紹介により御家流香道師範の方にお越しいただき、参加者4名は全員初体験。

まずはお試しで、ご縁のあるかたばかりで小ぢんまりと開催されました。

道具の美しさはさることながら、先生の立ち居振舞い、お言葉、すべてがひとつひとつ丁寧で美しく、優美で豊かな時間が流れていきました。

 

IMG_6606

 

昼間ですし、街中ですし、決して静かな環境とは言えないのですが、(しかも私は撮影係)確かな静寂がそこにありました。

ちなみに「源氏香」とは、先生がその日味わう香木を5種類、5包づつ、25包用意し、無作為に5包選び、一つずつ聞香炉でたき香りを聞いては記憶にとどめ、回していきます。

最後に香元が実際にたいた順を読み上げ、自身の記録した順と照らし合わせ、

成績をつける遊びです。

 

IMG_6657

 

回答の可能性が52通りとなり、その初巻である「桐壷」と最終巻である「夢の浮橋」を除き、源氏物語の各巻に図柄をあてはめたのがこちらの源氏香之図。

今回1番目と3番目が同じ香、4番目と5番目は同じ香だったので、「早蕨」が正解でした。

あゆみさん大正解。さすが錺屋のカナリアです。

 

IMG_6576

 

予習として源氏物語(せめてあさきゆめみし)読んでおけば、もっと胸が高鳴ったかもしれません。

ちなみに師範の方は全国で10人もいらっしゃらないそうで、

大変貴重な体験をさせていただきました。

 

IMG_6669

 

ご縁が繋がり、また第二回目、第三回目と錺屋で開催できたら嬉しいな*

まずは知り、興味を持つところから、はじめてみませんか?

 

IMG_6697

 

会の後、あゆみさんのご友人が、お茶を点ててくださいました。

さりげなく、こんな振る舞いが出来るなんて格好いい・・・

ご馳走さまでした。

お茶碗には蛍がとまっていました。

 

IMG_6704

 

錺屋女将 上坂涼子

ページエンド