kyoto guest house kazariya

錺屋女将、涼子のブログ

年に一度のお楽しみ

2018 年 10 月 10 日

一年待ちました。

10月3日。

ついにロトス洋菓子店の和栗のモンブランが解禁となりました。

 

IMG_8034

 

美味しすぎて、クラクラッとしました。

ほとんど甘みのない上品な生クリームと、

底のダックワーズとの調和も素晴らしいのですが、

この和栗のペースト・・・永遠にお口のなかに絞りだしてほしい。

 

IMG_8032

 

こちらのプレスガラスのお皿は、最近見つけて来たものです。

まさにケーキを食べるためのお皿。

ロトス洋菓子店は、錺屋より徒歩10分、イートインはありません。

このモンブランだけはぜひ持ち帰って、お皿に乗せてお召し上がりください。

栗ペの仕込みの為に今月は休みが多めだそうですが、

モンブランにかける情熱を感じますし、我々も本気で挑むべきです。

今月末までなので、お早めに!

 
 

ロトス洋菓子店

住所 京都市下京区烏丸通松原上ル因幡堂町699 バインオークサーティーン 1F
TEL 075-353-2050
営業時間 12時~19時
定休日 日曜・月曜(不定休あり)

 

ゲストハウス錺屋

女将・涼子

【京都市宿泊税についてのお知らせ】

2018 年 10 月 1 日

 

京都市では、

2018年10月1日ご宿泊分から法定外目的税として宿泊税の導入が始まりました。

市内いずれの施設に宿泊しても、1名様、1泊ごとに課税されます。

宿泊税はお部屋代金に含まれておりません。

恐縮ながら別途宿泊税(宿泊者1名1泊につき200円)を、

チェックイン時にお預かりさせていただきますので、

予めご了承くださいませ。

 

IMG_7988

 

【宿泊税料金表】

宿泊料金    宿泊税率
20,000円未満: 200円
20,000円以上: 500円
50,000円以上:  1,000円

 

※詳しくは、京都市の宿泊税ポータルサイトをご覧ください。

税額は上記の通りですが、2,000円の宿泊料の10%である一方、

20,000円の宿泊料の1%であり、不公平な税率ではないかと思ってしまいます。

せっかくお安めのお宿を選んでいるのに・・・長期滞在される学生さん等にとっても、

負担が大きいですよね。

 

当宿も京都簡易宿所連盟に加入し、

京都市宿泊税の制度見直しを求める署名活動等を行っております。

フロントに用紙がございますので、皆さまにご協力いただけますと幸いです。

2020年の宿泊税制度見直しに向けて、今後も活動を続けて参りたいと思っております。

 

IMG_7986

 

また10月より、女性ドミトリーの定員を4名様に変更させていただきました。

ドミトリーの需要減も、もちろん理由にあるのですが、

よりゆったりと過ごしていただけるスペースが欲しいと、

予てよりスタッフと相談・検討しておりました。

またそれに伴い、勝手ながら、

10月1日ご予約分より宿泊料金の方を300円値上げさせていただきますこと、

何卒ご了承くださいませ。

※女性ドミトリーは通年消費税込2800円となります。(宿泊税別途)

 

宿泊税の徴収は始まったばかりで、

ご存じない観光客のかたも多くいらっしゃると聞きます。

お預かりする私たちのほうも、初めてのことばかりで戸惑ったり。

入浴税のように認知され、早く定着すると良いのですが・・・

 

ゲストハウス錺屋

女将 涼子

 

女将たちがいく ~銀閣寺、おまけの西本願寺編~

2018 年 9 月 23 日

 

「台風後の京都のリアルな観光情報を発信しよう!」

と始まった、女将たちによる共同連載ブログ「女将たちがいく」シリーズ。

第一回:女将たちがいく ~嵐山編~はこちら

第二回:女将たちがいく ~平安神宮・哲学の道編~はこちら

第三回、女将たちがいく ~清水二寧坂・高台寺編~はこちら

第四回、女将たちがいく ~関空までの道のり(京都⇔関空)はこちら

第五回、女将たちがいく~伏見稲荷大社編~はこちら

 

第六回、わたくし錺屋女将がお伝えしますのは、

銀閣寺、おまけの西本願寺編!

 

IMG_7809

 

まずは銀閣寺こと、東山慈照寺

地図で見ると遠く感じますが、錺屋(京都駅も同様)より市バス5番系統1本で行けます。

 

IMG_7812

 

被害が少なかったのか、すでに復旧済みなのか、

すっかり美しく、渋く、いつもの落ち着きがございました。

 

IMG_7815

 

波紋を模して、白砂を段形に盛り上げた銀沙灘と、

富士山型の向月台。

奥には銀閣。

月の光を計算して作庭されているそうですが、夜はきっと格別でしょうね。

こんな場所で中秋の名月にお月見できたらもう最高。

ライトアップのない夜間拝観はないものか。

 

IMG_7822

 

山道をぐるっとのぼると、

銀閣を見降ろせます。

その向こうには京都市内(北のほう)一望。

このあたり、街中とは明らかに空気も異なります。

 

銀閣寺(慈照寺)

住所:京都府京都市左京区銀閣寺町2
バス:京都市営バス「銀閣寺前」、「銀閣寺道」
拝観料:500円
拝観時間:8時30分~17時(12月~2月は9時~16時30分)

 

IMG_7832

 

せっかくなので、哲学の道を下って、法然院にも寄ってみました。

境内は大木が倒れたままで、参拝は可能ですが、まだ立ち入り禁止エリアもございました。

はやく元通りになりますよう、祈っております。

 

IMG_7830

 

彼岸花が一輪。

そういえばお彼岸ですね。

 

おまけで・・・錺屋より徒歩10分のお散歩コース、

お西さんこと、西本願寺の現状もお伝えします!

 

IMG_0589

 

阿弥陀堂門の檜皮葺がちょっと破損してますね。

あとは名物の大銀杏たち、ちょっと元気ない・・・

 

IMG_0576

 

普通に本堂や御影堂を参拝する分には問題ないのですが、

通常非公開部分に甚大な被害があったようです。

詳細写真付きで公式HPに掲載されていました→こちら

(胸が痛みますので、見ないほうがいいかも・・・)

 

今年の6月より修復の始まった唐門の様子を見に、

龍谷大学側の入口へ。

ここがまた、とってもレトロな西洋建築が建ち並んでいて、うっとりするのです。

(関係者以外の立ち入りはご遠慮くださいね)

 

IMG_0591

 

このあたり、散歩するだけでもきもちいいですよ。

 

IMG_0592

 

そしてこちらが国宝・唐門。

同じく修復中の飛雲閣は被害がなかったようで、安心しました。

台風は本当、文化財にも容赦なくてこわすぎる・・・。

 

IMG_0593

 

関空も予定より早く復旧し(私のおさるさんが叶えてくれたんやろか)

この三連休は沢山の観光客の方々にお越しいただいて、

ようやくいつもの京都が戻ってきたように感じました。

それでも、まだ例年より少なめやけど・・・

さて波乱の9月も残すところあと1週間。

空室ございますので、ぜひ京都へいらしてください*

 

 

ゲストハウス錺屋

女将 涼子

アンティーク着物・戻橋さんの撮影

2018 年 9 月 19 日

 

先日上京区の有名なアンティーク着物店

戻橋」さんの撮影に、錺屋と月屋をご利用いただきました。

 

IMG_7855

 

寡黙な戻橋店主「どくろさん」が、カメラを向けると、

モデルのしお様が、次に次にと妖艶なポーズを繰り出していきます。

 

IMG_7860

 

さすがプロですわ・・・、スイッチあるわ・・・と、感心。

普段はこんなにニコニコしてキュートなのに!

 

IMG_7922

 

そしてまるで別世界な、戻橋さんの写真にもびっくり!

錺屋編はこちら*

月屋編はこちら*

はわわ美しい。妖しくてたまらんですね。

 

IMG_7923

 

最後にしお様と一緒に記念撮影♡

ご活用いただき、建物も喜んでくれていると思います。

ちなみに・・・

ご宿泊のお客様は、もちろん自由にお写真をお撮り頂けますが、

お昼間、撮影のみご利用も、5,000円~承っております*

 

IMG_7901

 

しお様の妖艶なポーズを学び、

マネして私たちも撮ってみましたが、いかがでしょう。

あゆみさん、なかなか表現力ついてきたんじゃないですか!

 

 

「戻橋」modoribashi アンティーク着物店

京都府京都市上京区中立売通黒門東入役人町237
090-5977-6061
営業時間13時~18時前後
「不定休」
地下鉄今出川駅徒歩20分
京都駅より9番 又は50番乗車、
バス停「堀川中立売」下車、徒歩5分

Twitter
facebook

 

月に何度か、着物も小物もぜんぶぜんぶ500円均一の、

戻橋キモノフリーマーケットを開催されています。

超絶お得なので、アンティーク着物がお好きな方はぜひ!

 

ゲストハウス錺屋

女将 涼子

舞妓さんちのまかないさん7巻

2018 年 9 月 14 日

 

我々錺屋スタッフの、楽しみにしているもの。

小学館編集さんより届きました、

舞妓さんちのまかないさん』 コミックス第7巻

*小山愛子さん著/週刊少年サンデーで好評連載中*

 

IMG_7791

 

作中の季節は冬から春へ。

春は、桜をゆっくり見る間もないほど、舞妓ちゃんたち大忙し。

 

IMG_7793

 

お呼ばれしたお花見の屋台で、食べたくても食べられへん、

アメリカンドックを、まかないさんに作ってもらう。

可愛いエピソードでした。

食べたあかん言われると、よけい食べたなりますもんね。

 

ゲストハウス錺屋

女将 りょうこ

女将たちがいく ~清水二寧坂・高台寺編~

2018 年 9 月 11 日

 

「台風後の京都のリアルな観光情報を発信しよう!」

と始まった、女将たちによる共同連載ブログ「女将たちがいく」シリーズ。

第一回:女将たちがいく ~嵐山編~はこちら

第二回:女将たちがいく ~平安神宮・哲学の道編~はこちら

第三回目、わたくし錺屋女将・涼子が担当させていただきますのは、

清水二寧坂・高台寺編!

 

IMG_7687

 

入場制限があると噂の、スターバックス 二寧坂ヤサカ茶屋店

お座敷で、いつものコーヒーがいただける、なんて贅沢なスタバですこと!

 

IMG_7690

 

一方通行が徹底されていて、1階はほぼ待合室と、2か所のドリンクカウンター。

ちゃんと混むこと前提に作られているんですね。

景観を守るため、店のまえには並べないらしいです。

 

IMG_7699

 

しかし!

今なら一切待たず、すぐに座れました。

 

IMG_7703

 

二寧坂もいつもより、ぐっと空いています。

続いて、八坂の塔へ。

 

IMG_7723

 

そのすぐ真下にある「八坂庚申堂」(入場無料)。

京都一インスタ映えするとか言われており、

カラフルでポップなくくり猿が、境内を彩ります。

 

IMG_7709

 

くくり猿とは、手足をくくられて動けなくなった猿の姿のお守り。

500円で好きな色を購入し、

背中に願い事と、名前と日付を書いて、くくり付けます。

布製で、ころんとして可愛い。

 

IMG_7710

 

若い女子たちに交じって、

私も願いごと(切実)を書いたお猿さんをくくり付けてまいりました。

欲をひとつ我慢すれば叶うそうなので、今日はオヤツを抜こう。

 

IMG_7718

 

続いて、ねねの道へ。

ここ、こんなに空いていることある?!

 

IMG_7726

 

台風の影響はどうかしらと、高台寺へ行ってみました。

山のほう、倒木の被害があったようで、片付けをされているところでしたが、

参拝には問題ありません。

 

IMG_7729

 

高台寺にひっこんだ、秀吉の正室ねねさん。

大阪城が見えるほどの高台に、伏見城から2つのお茶室を移してきたと言われています。

ちょっぴりせつないですね。

 

IMG_7738

 

ひとつは傘亭。

こぢんまりして可愛いお茶室でした。

 

IMG_7751

 

もう一つは2階建ての時雨亭。

どちらも利休さんの作ったお茶室です。

あなたたち、ほんとう無事でよかった!!

清水二寧坂・産寧坂そして高台寺・・・そこまで爪痕を感じずに済みましたし、

お散歩するにはちょっと異世界感があって、楽しかったです。

清水坂は外国人で混んでるしええわ、と敬遠されている京都通の方々にも、

今おすすめです。

 

——————————————————–

9月11日現在の状況

高台寺 : 全て参拝可能 No problem
圓徳院 : 全て参拝可能 No problem
二寧坂・産寧坂 : 通常通り No problem
清水寺 : 境内一部立入禁止 Partly closed
——————————————————–

 

ゲストハウス錺屋

女将 涼子

台風が去り

2018 年 9 月 7 日

 

この度の台風21号は、

台風慣れしていない京都を通り過ぎ、色々なものを飛ばしていきました。

錺屋の被害は、瓦が割れたり、杉皮が取れたりした程度で済み、

当日も営業できておりましたので、まだ幸運だったかなと思います。

心配のお声を頂き、本当にありがとうございました。

 

IMG_7544 - コピー

 

翌日、スタッフ総出でお片付け。

紅葉の木もなんとか耐えてくれたし、

大正時代の硝子戸も、たわみながら頑張ってくれました。

よう耐えたね、労いながら窓を拭いてあげました。

今の時代、壊れたら同じように修復できないものも多い町家のいろいろ。

この100年無事でいてくれて、この先も残ってくれて、それが本当に貴重なことだと痛感しました。

 

IMG_7550

 

ちょっと瓦屋さん大忙しにつき、屋根にシートがかかっておりますが、

特にご不便なくご宿泊いただけますので、ご安心ください!

京都市内の寺社仏閣も、倒木などの被害を受けましたが、

3日経ち、多くが拝観再開しております。

関西国際空港も、復旧の目処が立ってまいりました。

完全復旧は当分先のようですので、

ぜひ陸路で、またとない「観光客の少ない京都」を楽しみにいらしてください。

 

IMG_7556

 

ひとまず、台風&片付けお疲れさま会。

ちょうど元宿直のゆっこさんが京都に遊びにきていたので、

台風で来れなくなってしまったお客様のお部屋で呑みました。

京都も私たちも、元気にしております。

台風前よりむしろきれいになったと言われるよう、頑張ります!

 

 

ゲストハウス錺屋

女将・涼子

秋の宿直スタッフ募集中!

2018 年 8 月 30 日

 

*********************************************

 

ただいま「ゲストハウス錺屋」&「御旅宿月屋」では、

秋の宿直スタッフさん(フリーアコモデション)大募集中!

京都に住んでみたい方、引越しの足掛かりにいかがでしょうか。

旅行者のかたも歓迎です。

トランク一つで町家暮らし始めませんか?

 

*********************************************

募集要項

◆期間

2018年10月1日から12月31日(又はお正月明け)までの3ヶ月間 (応相談)

※3ヵ月間の滞在が可能な方

 

◆業務内容

夜間の緊急時の対応、連絡、

レイトチェックイン対応(あっても月2~3回程度)

 

◆条件

フリーアコモデーション。お給料は発生しません。
夜9時から翌朝8時までの間、お留守番をお願いします。
その間、少し狭いですが個室にて就寝等自由に過ごしていただけます。
個室はお布団一式、窓、収納、机、エアコン付き。
館内のキッチン、お風呂、Wi-Fi、洗濯機なども利用可。
英語は話せなくても大丈夫!

※なるべく希望はお聞きしますが、
錺屋・月屋のどちらかに配属されます。

 

*********************************************

(9月24日追記)

この度の秋の宿直スタッフ募集は終了しました!

またの機会をお待ちしております* 

 

IMG_0839

 

時代祭に紅葉・・・魅力ある秋の京都を、ぜひ暮らしてみて味わってください!

良いご縁がありますよう祈っております*

 

ゲストハウス錺屋

女将・涼子

嵯峨野トロッコ列車

2018 年 8 月 24 日

 

先日お友達と亀岡までドライブに行って、

嵯峨野トロッコ列車に乗ってきました。

こちらはトロッコ亀岡駅前の保津川。

保津川下りの船が通ります。

いいなぁ、乗りたいなぁ・・・指をくわえながら手を振りました。

 

IMG_6059

 

ちなみにトロッコ亀岡駅から、保津川下りの船乗り場までは、少し距離があるので、

バス又は馬車に乗る必要があります。

お馬たんの頭をなでなでして、いざ、トロッコへ!

 

IMG_6075

 

いつも外国人のお客さまに、前売り券を買いにいって欲しいと頼まれることが多く、

予約でいっぱいなのかなって思っていたのですが、案外当日券で乗れました。

紅葉・桜の時期なんかは超人気でしょうけど・・・

 

IMG_6084

 

JR山陰線と違い、常に保津川沿いに、

時速約25km、自転車くらいの速さで進むトロッコ。

窓も大きく開けられるので、渓谷美と香りを堪能できます。

単線で、小さいトンネルなんかも抜けるもんだから、ちょっと遊園地みたいでした。

 

IMG_6091

 

紅葉の木もたくさん。そりゃ紅葉は綺麗だろうなぁ。

ライトアップもするみたい。

 

IMG_6097

 

ちなみに一番人気のリッチ号(オープン車両)乗車券は、

当日、嵯峨野観光鉄道の窓口でのみの販売となります。

窓がないので、天候によっては乗れないからです。

 

IMG_6103

 

亀岡からの嵯峨方面へ向かう場合、ほぼ全員が「トロッコ嵐山」で降ります。

空いていたらリッチ号乗っていいよと言われたので、

ひと駅だけ乗車させてもらってハシャギました。

運賃はどこで降りても片道620円です。

乗車時間は約30分。

往復して、1時間乗車しましたが、楽しかったですよ。

小学生のころ以来、めっちゃ久しぶりにトロッコに乗ったけど、

変わったことと言えば、外国人が増えたことくらい。

ちょっとレトロな京都が味わえます。

 

嵯峨野トロッコ列車アクセス)

JR京都駅からJR嵯峨嵐山駅までJR嵯峨野線で約15分。

錺屋からは京都バスでも行けます*

 

ゲストハウス錺屋

女将・涼子

 

 

写真撮影会*夏の錺屋と女中さん

2018 年 8 月 17 日

 

先日あゆみさんが、紅葉柄の絽の夏着物を着て来てくれたので、

掃除の前に、二人で写真撮影大会をしました。

 

IMG_7057

 

お部屋で支度をする娘さん風。

2階のツインルームで撮影をしました。

 

IMG_7112

 

ツインルームの窓からは、

ひっそりと佇む京都タワーが見えます。

 

IMG_7121

 

台所でお湯を沸かして。

珈琲でも淹れましょうか。

 

IMG_7142

 

そろそろ、お掃除の時間。

前掛けをキュッと締めたら、あら女中さん。

 

IMG_7165

 

平成最後の夏ですが、

まるで昭和初期そのままの風景。

 

IMG_7177

 

こんなお掃除風景だったら、なんとロマンに溢れていることでしょう*

普段はもっと動きやすい恰好ではございますが、汗を流しながら、

私たちスタッフが毎日心を込めてお掃除しています。

 

IMG_7171

 

自分たちの手でやっているからこそ、

古い建物だけれどきれいだと言って頂けるとやる気が出ますし、

きれいに使って頂けるととても嬉しいです。

 

IMG_7074

 

フロントでお客様をお迎えするのも、お掃除や手入れをするのも、

お昼ご飯を作って食べるのも、

私たちのシゴトであり、また暮らしであります。

それはとても自然で、おだやかな日常。

毎日だれかをお迎えし、お見送りして、新しい風が吹き続ける暮らし。

町家は風の通りが良く、空気は澱みません。

 

IMG_7032

 

お盆が明けて、秋の気配を感じて、

なんだか、ちょっと切なくなっちゃった。

今秋には“女性ドミトリー”リニューアル大作戦をしようと思っているので、

また泊まりにいらして下さいね。

 

 

ゲストハウス錺屋

女将・涼子

ページエンド