kyoto guest house kazariya

錺屋女将、涼子のブログ

灯籠鬢*とうろうびん

2019 年 5 月 30 日

 

結髪師の聖子さんによる、錺屋での髪結い遊びの会。

今回あゆみさんと私がなりきったのは江戸時代のお嬢さんと、お箏のお師匠はん。

 

IMG_5875

 

あゆみさんの髪型は地毛結い、灯籠鬢(とうろうびん)の島田髷。

両鬢にクジラのひげで作った鬢差しを入れ、灯篭のように、

毛筋から向こうがうっすらと透けて見えるという、大変に繊細で妖艶で、芸術的な髪型。

 

IMG_5881

 

江戸中期に祇園で誕生したと言われ、大流行しました。お洒落過ぎます。

そう、いままで結うた日本髪とちごて、ふわふわ動くので、

高枕で一晩持たせるとか、そういうレベルじゃない。

1日のためにこれを結うって・・・お洒落が過ぎます。

 

IMG_1109

 

浮世絵から出てきたみたいに美しく、思わずうっとり。

聖子さんたら、超絶繊細なつくりの本鼈甲の櫛やかんざしを挿していました。

そしてこのアンティークの水色の振袖を江戸時代らしく、ぐずっと着付け。

妖艶な紫と赤の半襟・・・本気が過ぎます。

 

IMG_6041

 

今回は、撮影のため車で移動。

夕方、少し人の少なくなってきた今宮さんへ。

 

IMG_6164

 

創業400年のほうの「錺屋」さんへ、あぶり餅を食べにまいりました。

 

IMG_6131

 

久しぶりにいただいたけどうんまーい!

(お茶と駐車券付きで500円て神やろ)

 

IMG_6109

 

ちなみに私の髪型は、京風の潰し島田で、半かつらでございます。

 

IMG_6210

 

今宮さんもお参りしました。

あゆみさんほんまに女優さんみたい。

 

IMG_6226

 

続いて御所へ。

江戸の城下町に見えてきませんか?

 

IMG_6234

 

室内も妖艶で良いけれど、

空の下で見る灯籠鬢も美しい。

 

IMG_6245

 

ほなおうちにかえりまひょ、ごっこをしたりして。

 

IMG_6295

 

この格好のまま定食屋さんに入ったりして、

3人で1日たっぷり遊び、

ほんまに楽しゅうございました。

日本髪結うてみたいひと、いはらへんやろか。

 

過去の聖子さんとの髪結い会はこちら*
    ↓↓↓
第一回目:錺屋にて銀杏返し 第二回目:錺屋にて洋髪 第三回目:月屋にて大正時代の御婚礼

 

錺屋女将 涼子

【政所】茶摘み娘のお手伝い

2019 年 5 月 24 日

五月といえば茶摘み。

お能の前田さんのご紹介で、近江・奥永源寺のほうへ茶摘みのお手伝いに行ってまいりました。

京都から高速に乗り1時間ちょいで、こんなところに来れるなんて。

空気が本当に澄んでいる。

 

IMG_5710

 

あゆみさん、茶摘みの正装で挑みました。

茜襷に、佐原のぼっち笠、そして行田・きねやの藍染地下足袋!

詳しくは昨年の埼玉旅ブログにて♡

 

IMG_5825

 

籠をもらって、各自茶摘み開始!

新茶と言えば一芯二葉といいますが、

政所では、しごき摘み。

一芽ずつ親指と人差し指の間にはさみ、下葉からしごいて新葉と先端の軟らかい茎を摘みます。

慣れれば超早いらしいです。

 

IMG_5741

 

何せこの急斜面、機械は入れず、いまだに手摘み頼り。

しかも無農薬・無化学肥料栽培で、ほとんど市場に出回らんそう。

 

IMG_5819

 

この山あいの地域で600年以上守り継がれてきた、

「宇治は茶所、茶は政所」と歌われたほどの幻の銘茶『政所茶(まんどころちゃ)』。

秀吉と三成の出会いの逸話「三献茶」も、政所茶だったと言われています。

樹齢300年の木もあり、ロマンを感じました。

銘茶として、どんな偉人たちに献上されてきたことか。

 

IMG_5769

 

みんなで摘めば、この通り!

午前の部が終わり、お昼休憩に、川へ下りました。

 

IMG_5785

 

清流がそよそよと、傍を流れる中、

またしてもちゃぶ台出して、あゆみさん特製の竹皮弁当を頂きました。

 

IMG_5799

 

畑仕事のあとは米がうまいのなんの。

やはり日本人はウルメにこうこに梅干しやなぁー。

二人で2合弱完食しました。

 

IMG_5807

 

まるで昔の、旅の風景みたい。

どきっとするほど美しかったです。

 

IMG_5813

 

さて、はらパンになったところで、

午後の部も頑張って黙々と摘みました。

小休止の際、水出し冷政所茶をいただきましたが、

爽やかで美味しかったです。

前田さん曰く、動物性の肥料を与えていないので、

香りがすっきりとし雑味がないのだとか。

 

IMG_5840

 

市場に出回らないと言いましたが、こちらでご購入いただけます。

https://chaen.theshop.jp/

「政所茶縁の会」では若い人たちが、高齢のため維持できなくなった茶園を引き継き、

政所茶を守っております。

今回のお手伝い、とても楽しませていただきました。

 

IMG_5843

 

最後に、こちらの滋茶園さんで摘んだものを、

快く分けていただきましたので、

軽く乾かし揉んで、発酵を促し、烏龍茶にしてみました。

 

IMG_6304

 

香りは烏龍茶なんやけど、

ちょっと発酵が進みすぎたのか、味は紅茶よりでした。

 

IMG_6308

 

茶葉をいただいた滋茶園さんは、茶園を借り本業の傍らで維持管理をされているそう。

茶摘みの時期以外は月に一回。

水遣りをしなくていい政所のお茶の木だから可能なんですよね。

茶園を持つってええ趣味やなぁ*とほんのり憧れたのでした。

 

 

錺屋女将 涼子

 

春の大原女まつり*時代行列

2019 年 5 月 15 日

 

春の大原女まつり時代行列、

今年もわたくし女将&あゆみさんで参加してまいりました。

4度目の今回、他に希望者がいらっしゃらなかったので、

室町時代の装束を担当させていただきました。

 

IMG_5204

 

恒例となりつつある時代行列前のお楽しみ、大原女ピクニック。

今年の折りたたみちゃぶ台は丸型。いったいあゆみさんは何個ちゃぶ台を持っているのか。

 

IMG_5208

 

あゆみさんお手製の、竹皮弁当。

蛸とセリのおにぎり、うるめ、へしこ、おつけもの、

そして昨年大原の紫蘇でつくった昔ながらの梅干し!

おやつは草団子でございました。

 

IMG_5239

 

新緑の空気といっしょに食べると、本当に美味しいんですよ*

 

IMG_5280

 

出発前に時間があったので、ちょっと遊びました。

「飛びだしくんと室町時代の大原女」

 

IMG_5332

 

ちなみに大原女とはなんぞやと申しますと、

大原でとれた柴や薪、農作物などを頭にのせて京都の町まで売り歩いた行商の女性のことで、

鎌倉時代から昭和初期まで、約800年も続いてきた大原独自の風習。

 

IMG_5357

 

50名程度の大原女が時代ごとに整列して13時、時代行列スタート!

まずは寂光院をお参りし、

ありがたいお話を聞きます。

百年先、千年先にも、この大原女の装束を伝えていきましょうとおっしゃっておりました。

その後は大原らしい里山をのんびり、畑の脇や、大原女の小径を歩きます。

 

IMG_5412

 

途中テレビのインタビューを受けましたが、突然のことにあたまが回らず、

2人で3回も暑いと言いました。(放送されてなきゃいいけど・・・笑)

先ほどの言葉を借りて、百年先、千年先にも、

この大原女の装束を伝えていけるようお手伝いしたい・・・

みたいな気の利いたこと言えたら良かった。

実際、私達のようなよそもんでもウェルカムに、こうして町の行事に参加させていただけること、

とてもいい機会なのに、参加者は年々減っているように感じるし、

露出も少ないし、とっても勿体ない。

もっと盛り上げたいと勝手に思っていることも、メディアを通して伝えるチャンスやったのに。

キメるとこキメれる人間になりたい!

 

IMG_5426

 

今年は10連休を避けて、GW明けの開催だったのもあり、

雲ひとつなく、ほんまに暑かったんです。

おやつ休憩ははさむものの、2kmの道のりはなかなかハード。

子供たちはだんだん不機嫌になっていきます。

20数kmは行商してたという実際の大原女はどないな脚なんや・・・

 

IMG_5487

 

そして三千院もお参り。

記念品をいただいて、ゴールの勝林院へ。

みんなで記念撮影をして解散です。

 

IMG_5489

 

私的ベストショットはこれかなぁ♡

青もみじと、大原女さん。

 

IMG_5559

 

今年もやる、

「あらおねえさま、御髪が・・・」

装束を脱いだ後、ご褒美に食べる赤紫蘇ソフトクリームが、超絶沁みるんです。

 

IMG_5594

 

大原女まつり、今年はなんと2ヶ月間開催らしく、6月14日迄開催中!

期間中は通常2,500円の大原女着付け体験が1,500円。

小物ひとつひとつ手づくりで、良いものなので、ぜひ着付けして貰ってください*

仕事着なので子供からおばあちゃんまで、年齢に関係なく楽しめます。

下着から手編みのわらじに至るまで全身借りられますので、手ぶらでOK。

 

大原までのアクセスについて*

錺屋より京都バス17番大原方面行き1本で行けます。所要約50分。

新緑の大原、お勧めですえ!

 

ゲストハウス錺屋

女将 りょうこ

五月市*最終日のご報告

2019 年 5 月 7 日

 

錺屋アンティーク蚤の市【五月市】

 

2日目(最終日)のご報告。

今日も、あゆみ・翼・私の3人娘でお店番。

 

IMG_5105

 

少し配置換えをしたり、

昨日は中に置いてた食器類も、みんな表に出してみたり。

 

 IMG_5106

 

着物はまとめてみたり。

初日に比べ、ひと通りが少なく、のんびりDAYだったので、

物を売ることについて、色々考えては、試行錯誤。

 

IMG_5120

 

旅のワンシーンみたいに、してみたり。

 

IMG_5142

 

あゆみさん本日のおすすめは?

「木綿絣のうわっぱりです!」

 

IMG_5136

 

では翼さんは?

「メキシコ刺繍のクッションカバーです!」

 

IMG_5128

 

特に2日目はゆっくりペースだったので、お茶したり、

お客さまともゆっくりお話したり、なんだか私たちが楽しんだだけみたいな1日やったけど、

晴天にも恵まれ、無事2日間を終えることができました!

ご来場ありがとうございました*

また何かの折に、蚤の市や喫茶、立ち呑みなどのイベントができたらいいな*

なにをするにも、課題は告知やなぁと思った1日でもありました。

企画することもできるし、実行力のあるスタッフも居るのに。

 

スタッフのみんな、盛り上げてくれてどうもありがとう!

熱い2日間、お疲れさまでした*

 

ゲストハウス錺屋

女将 りょうこ

五月市*初日

2019 年 5 月 4 日

 

錺屋アンティーク蚤の市【五月市】

 

初日のご報告。

店出しは、あゆみ・翼・私の3人娘で行いました。

いつもは館内にあるカウチも、頑張って出したもんね!

 

IMG_4951

 

五条通はホテルも多いので、けっこう外国のかたの通行が多いのですが、

しょっぱなに、ラテンなお国のかたが、超キュートな銘仙と半幅帯をセットで、

即決でお買い求めいただきました。

お目が高い!

そして海を渡る。

 

IMG_4953

 

これからの季節にぴったりな単衣や、

人気の半幅帯や、羽織もたくさん!

 

IMG_4971

 

こちらの可愛い紅型染め柄の羽織はお取り置き中。

1000円均一もありますえ。

 

IMG_5037

 

オダマキも満開。

本当に気持ちの良い気候でした。

 

IMG_5032

 

お外のカウチでは、1Dayカフェ!

コーヒー、ティー or ノンアルビール(どれも100円)

 

IMG_4992

 

錺屋&月屋スタッフの集めた着物、帯、古着、古本、雑貨や食器など。

翼ちんがメキシコ旅行で買いつけたお土産たちも大放出!

ドクロや色とりどりの刺繍布小物が、なんとも賑やか*

 

IMG_4966

 

翼ちんおすすめはこの刺繍のクッションカバー!

 

IMG_5084

 

3時を過ぎたら、みんなでちょっと休憩。

ご褒美おやつはハーゲンダッツ!

 

IMG_5076

 

明日5月5日(日)も張り切って10:00~18:00でOPEN致しますので、

ぜひお誘い合わせのうえ、お気軽にお越しくださいませ!

 

IMG_4996

 

錺屋界隈でもうひとつ、第1回烏丸五条GWバルフェスタが同時開催!

日程: 4月27日(土)~5月6日(月)

京都烏丸五条界隈の飲食店9軒による”食べ飲み音楽”イベント

参加店
・サントレス http://santreskyoto.com/
・バルケッタ http://www.barchetta-karasuma.jp/
・カプリ食堂 https://capri.red/
・Wine&Highball つちや https://tsuchiya.gorp.jp/
・Bar Gaudi https://bargaudi2018.wixsite.com/nabeyoko2
・Bar.espranza https://www.facebook.com/pages/category/Pub/Bar-espranza-1670981439836127/
・カオニャオヒルズ http://khaoniawhills.storeinfo.jp/
・a peu pres http://apeupres.com/
・京都ダイナーⅡ http://kyoto-diner.com/

 

先日アププレで昼呑みしてきましたが、

めっちゃよかったですよ♪

 

IMG_4921

 

ゲストハウス錺屋

女将 涼子

平成最後の夜は、Bar江戸へ

2019 年 5 月 1 日

 

いつも仲良うにしていただいてる、結髪師・聖子さんが、

平成から令和へ、その途中に江戸に寄り道するというイベントに、

髪結いと着付けで参加されるとのこと!

「かみがたあそびの会 化けてあそぶ」

 

IMG_4928

 

このチラシの日本髪、既視感あるなと思ったら、

実はこの写真のあゆみさんをもとに制作されたそう。

ほうら並べるとそっくり。

 

IMG_1882

 

そんなご縁もあったので、先月オープンしたばかりの

東寺の南側にある日本文化を愉しむ空間、○間-MA-へ行ってまいりました。

 

IMG_1482

 

いつも錺屋での撮影では裏方に徹してくれているアリサちゃんが、モデルとしての本領発揮。

お召し物は自前とのこと・・・どこまでも突き抜ける格好良さ!

こちらは「切り天神」と呼ばれ、

伝法肌の姉御が好んだという髪型で、

銀杏返し(上のあゆみさんの髪型)の片っぽをバッサリ切った形だそう。

垂毛(しけ)が艶やかな情緒を生んでおります。

 

IMG_4840

 

そして彼女、実はショートカット。

半かつらという技法であれば、短い髪でも自然に結うてもらえるんです。

今回化けたのは15名、ずらりと並んだ姿は圧巻で、まるで江戸時代にBarがあったかのよう。

 

IMG_4849

 

この多様な日本髪の中にも地毛結いのかたと、かつらの方がいらっしゃいます。

髪結いさん3名の尽力によって、このような世界が生まれました。

 

IMG_4853

 

ちなみにこちらのカウンター、普段Barではないのですが、

お酒とともに、Jimiという精進出汁の滋味深いお料理を頂けます。

昨夜はイベントの為、限定小皿料理でした。

 

IMG_4856

 

アリサちゃんポージングの神。

素敵な余興をありがとうございました。

 

IMG_4878

 

まさかこれが平成最後の夜とはね。

そして令和の世の幕開け。

あらゆる選択肢から、明治が消えるんやろなと思うと寂しいです。

明治好きなんやけどなぁ。

 

IMG_4917

 

ちなみにこちらは、アリサちゃんと聖子さんの可愛いオフショット。

 

今回、一つの空間にこれだけ日本髪の人が居る面白さ、

そして3人がかりという豪華さ、

何よりただの変身体験やのうて、ほんまもんの技術とアンティークの着物や小物・・・

私のような素人では魅力をお伝えしきれず、悔やむほど。

この令和の世に、日本髪の素晴らしさが響いていくといいなぁ。

 

次は錺屋で、聖子さんの技術を堪能してみませんか?

 

*聖子さんとの、過去の髪結いについてはこちら*

第一回目:錺屋にて銀杏返し 第二回目:錺屋にて洋髪

 

錺屋女将 涼子

*GWはアンティーク蚤の市【五月市】*

2019 年 4 月 27 日

いよいよ平成の世が終わり、令和と共にGWがやってまいりますね。

五条のきさき市はなくなってしまいましたが、

今年も錺屋だけで、蚤の市やります!

 

IMG_1343

 

はじめまして令和 錺屋アンティーク蚤の市【五月市】

開催日は5月4日(土)と、5月5日(日)の2日間!

営業時間:10:00~18:00(入場無料)

 

IMG_5072

 

錺屋や姉妹店月屋の備品、スタッフの集めた雑貨やレトロな日用品、食器などの骨董も大放出!

あゆみさんセレクトのアンティーク着物、標準サイズもあります*

ぜひお誘い合わせのうえ、お気軽にお越しくださいませ!

 

IMG_2431

 

五月って本当に穏やかで、だいすきな季節。

いつも昼間の心地よい錺屋を、スタッフばかり楽しんでいるのが勿体ない!

普段内部はご宿泊の方しかご覧いただけません。

16時までは1DAYカフェも併設し、コーヒー等お出しする予定です。

ぜひ館内で、五月の新緑を堪能してください!

また、時代を経た町家が醸す空気感を身近に感じて頂くきっかけになれば幸いです。

ご来場お待ちしております!

 

IMG_2401

 

GWは京都中イベント目白押しなので、どれに行こうか迷ってしまいますね。

ちなみに、錺屋界隈でもうひとつ、第1回烏丸五条GWバルフェスタも開催されるそう!

日程: 4月27日(土)~5月6日(月)

京都烏丸五条界隈の飲食店9軒による”食べ飲み音楽”イベント

アププレはんも参加しはるんやね、楽しみ!

参加店
・サントレス http://santreskyoto.com/
・バルケッタ http://www.barchetta-karasuma.jp/
・カプリ食堂 https://capri.red/
・Wine&Highball つちや https://tsuchiya.gorp.jp/
・Bar Gaudi https://bargaudi2018.wixsite.com/nabeyoko2
・Bar.espranza https://www.facebook.com/pages/category/Pub/Bar-espranza-1670981439836127/
・カオニャオヒルズ http://khaoniawhills.storeinfo.jp/
・a peu pres http://apeupres.com/
・京都ダイナーⅡ http://kyoto-diner.com/

 

 

ゲストハウス錺屋

女将

山科疎水で桜さんぽ

2019 年 4 月 9 日

 

明治時代、琵琶湖の水を京都へ引き込もうとつくられた琵琶湖疏水。

そんな滋賀と京都の間にあるのが、山科。

錺屋から地下鉄で行けちゃうのが、こちら山科疎水です!

 

IMG_4288

 

疏水沿いに桜と菜の花が植わっており、遊歩道になっています。

蹴上インクラインに比べると格段に人も少ないし、地元のひとが多い。

 

IMG_0997

 

地下鉄東西線「山科駅」又は、JR東海道本線「山科駅」下車、徒歩10分。

ベンチもあるので、駅で何かお昼ごはんを買ってきてもいいかも。

周辺はコンビニすらありません。

少し小高く、山に近い。

 

IMG_1004

 

クンクン。

菜の花ってこんなにいい匂いするんや。

 

IMG_1018

 

good hostels kyotoで、

混雑知らずの”地下鉄”でめぐろう!ということで、

オリジナルの「桜巡り路線図」マップを作成するにあたり、

10軒の宿オーナー達が、お勧めの桜スポットを出し合いました。

その中で、桜見に行ったことないし気になるなぁと思い、

今回山科疎水をレポートしてみました*

1日乗車券を買って、山科の次は蹴上で降るのもいいですね。

 

IMG_0962

 

*「桜巡り路線図」マップはこちら*

地下鉄東西線版

地下鉄烏丸線版

※スマホでご覧ください

 

京都の桜はなんか違うて、綺麗やて、見知らぬ人がいうてはったけど、

ほんまなんやろか。

散ってしまうまで、この貴重なひとときを全身で味わいましょう!

 

 

錺屋 女将

涼子

日本酒耐久レース鴨川杯

2019 年 4 月 6 日

 

昨年開催した【日本酒耐久レース】が楽しくて、

皆お気に入りのお猪口を揃えて挑んだ今年のレース。

 

IMG_4182

 

五条大橋に集合したのは、真っ昼間!

昨日お花見したばかりなのに(笑)

 

IMG_4200

 

各自春めいた日本酒1本と、日本酒に合うアテを用意。

北上しながら、

五条・三条・丸太町・出町柳・出雲路橋・北大路の6か所で、

折りたたみちゃぶ台広げて花見をしました。

 

IMG_4226

 

丸太町の南あたりは広くて穏やかで、天国みたい。

昼花見なら、ここが一押しです。

 

IMG_4252

 

あゆみさんの、鶯のお猪口

しょこちゃんの、桜のお猪口

しょうちゃんの、蛸のお猪口

 

IMG_4262

 

北上する毎に増える仲間。

増える日本酒。

 

IMG_4270

 

しょこちゃんが近江八幡で買って来てくれた、

クラブハリエの賞味期限が本日中という、焼きたて生バームクーヘンが柔くおいしくて、

膝ががくがくしました。

 

IMG_4268

 

女子会らしい写真をアップしましたが、

実際は、一夜干し氷下魚の焙りとか、蕗の薹味噌とか、

大徳寺納豆とか、もろみとかをつまみながら、

あうあうー言うてました。

 

IMG_4282

 

出町柳では少し日が傾いてきていました。

暗くなるまで続いた耐久レース。よう呑むなぁ。

後はご想像にお任せします♡

 

 

錺屋 女将

涼子

 

恒例鴨川花見!

2019 年 4 月 5 日

 

本日晴天ナリ、桜7分咲き。

恒例錺屋月屋スタッフ花見を開催!

・・・お昼休み中に錺屋から座卓を持ち出して。

場所はいつもの、塩小路橋西詰めの鴨川沿いの桜並木。

(京都駅から東へ徒歩10分、空いてるのでおススメです*)

 

IMG_3999

 

しょこちゃんが持って来てくれた、咲くらのワイン!

桜の花びらが入っていました。

 

IMG_4041

 

お弁当は、昨年に引き続き京都駅の隣ございます創業明治萩乃家さん。

※前日14時までにお電話でご予約くださいね。

別のも試してみたいんやけど、つい可愛い竹籠弁当を選んでしまいました*

 

IMG_4022

 

竹籠は持って帰って、お蜜柑入れにできるし。

ほんまええ天気、ええ気持ち。

 

IMG_4064

 

見上げると桜の天井。

その下で桜のワインを飲み、

仙太郎さんの桜餅と、お花見団子をいただきました。

 

IMG_4081

 

分厚く立派な桜の葉の塩漬けを上下2枚使こてはる!贅沢。

玉こんにゃくにみえるけど、桜・お茶・きな粉の三色団子なんですよ。

 

IMG_4122

 

この場所のいいところは、民家もなく、車が通らないところ。

人もすくないし、時折JRが通る音がノスタルジックに聞こえてきます。

 

IMG_4130

 

桜は大切な人と一緒に味わいたいですね。

貴重な時間やから。

 

ゲストハウス錺屋

女将・涼子

ページエンド