kyoto guest house kazariya

錺屋女将、涼子のブログ

近江鉄道ショートトリップ

2019 年 10 月 1 日

 

京都駅からJRで30分の、近江八幡

そこから始まる、滋賀県のノスタルジックなローカルライン「近江鉄道

週末には乗り放題券(1デイスマイルチケット900円)が使えるので、

レトロ駅舎めぐりしてきました!

今回「夏の終わりのひとり旅」ぽい、エモさを意識して撮影してきたので、

ちょっと写真が多くなりますが、どうぞお付き合いください*

 

IMG_9538

 

列車旅、ということであゆみさんが旅のお供にもってきてくれたのは、

カニ風味したらばと、じゃがりこと、懐かしのワンカップひやしあめ。

 

IMG_9545

 

この近江鉄道、彦根・多賀大社線・湖東近江路線・水口・蒲生野線の、

短い路線4つで構成されており、乗り換えが多いんです。

でもその駅や待合いも、ええ味だしてて、もたもた旅を楽しめちゃう。

1時間に1本、多くて3本とかのローカルぷりですが、乗り継ぎが良いので、案外スムーズでした。

 

IMG_9570

 

まず目指したのは多賀大社、通称お多賀さん。

ここまで、近江八幡から八日市で乗り換え、高宮で乗り換えました。

 

IMG_9571

 

多賀大社駅からお多賀さんまでの道のりは、約15分。

参道にはお蕎麦屋さんや、酒屋さん、オシャレなカフェなどが並び、楽しい道のりです。

名物糸切餅屋さんは、鳥居の真ん前にあります。

 

IMG_9654

 

そしてお多賀さんへの橋が急。

四つん這い必至です。

 

IMG_9639

 

お多賀さん、本当にきれいなところでした。

空気がぜんぜん違う・・・少しお伊勢さんに似てるというか。

 

IMG_9604

 

おみくじの色合いが可愛くて、思わず写真撮っちゃいました。

絵馬も杓子で可愛いんですよ。

 

IMG_9616

 

境内には、お蕎麦屋さんがあります。

そちらで長寿蕎麦をいただきました。

大きな海苔が一枚、でーんと乗っているシンプルなお蕎麦。

 

IMG_9627

 

多賀大社線は1時間に1本なので、小走りで駅まで向かい、5歳老けたとあゆみさんは言いました。

一旦高宮へもどり、レトロ駅舎を愛でに鳥居本駅へ。

昭和初期に建てられた駅舎は、懐かしい可愛さ。

 

IMG_9678

 

待ち合いも明るくて、開放的。

この辺りは単線で、緑のトンネルをくぐったりして、脳内菊次郎の夏がとまりませんでした。

 

IMG_9681

 

電車を待ちながら、ワンカップひやしあめ(ぬるい)

 

IMG_9689

 

そして豊郷へ。

ヴォーリズ設計「東洋一美しい小学校」と謳われた豊郷小学校旧校舎群で有名な町。

 

IMG_9741

 

階段の手摺には、童話「兎と亀」をモチーフとしたブロンズ像がついており、

亀は真面目に上るんですが、兎は途中で寝ちゃう。で、3階には亀ひとり。

 

IMG_9694

 

こんな可愛い階段見たことない!

悶えました。

 

IMG_9698

 

廊下も広く、日が差して明るくて、

木目が、ガラスが、すべてが本当に美しい小学校。

 

IMG_9709

 

10年前の某アニメ聖地だそうですね。

ご親切にコスプレ用衣装や、撮影場所が用意してあって、

ファンの熱量も、いまだ感じられるようになっていて、

誰かが大事に守っている印象を受けて良かったです。

 

IMG_9719

 

錺屋も見習わなくちゃなぁ。

どうですかあゆみさんの猫耳。こんなに猫耳似合う〇〇歳っていますかね?

 

IMG_9731

 

豊郷駅、小学校周辺は飲食店どころか、コンビニすらありませんので注意。

最後は八日市駅で降り、ひと駅歩いて、新八日市駅へ。

 

IMG_9752

 

大正築のすばらしい駅舎。朽ちゆく美しさ。

いつまでもこのまま残ってほしい。

塗り直して欲しくないんやけど、壊されるのもいや・・・はぁむずかしい。

 

IMG_9748

 

ひとつ言えることは、

いつか建て替えられてしまうかもしれないので、

駅舎めぐりはお早めに。

 

 

錺屋女将 涼子

〜髪結ひことはじめ〜ご報告

2019 年 10 月 1 日

 

結髪師聖子さんを中心に開催したイベント、

【髪結ひことはじめ 〜結髪師に学ぶ日本髪〜】が無事終了致しました。

初回ということで至らぬ点もございましたが、

来場者の方々の嬉しいお声がSNSに届いており、ほっと胸を撫で下ろしております。

皆さんの優しさが胸に沁みました。本当にありがとうございました!

 

IMG_0119 (2)

 

今回主役のモデルさんには、江戸時代の燈籠鬢を皆さんの前で結っていただきました。

これが本当に新鮮で面白く、私も初めて間近で拝見したときには感動したものです。

皆さん真剣な表情でご覧いただきました。

生実演って緊張するやろうなぁ・・・集中力を要する繊細な作業なだけに。

聖子さん、お疲れ様でした。

 

IMG_0183

 

続いて撮影会。

ご来場いただいたのは、日本髪好きな方ばかり。

一眼レフカメラからスマホまで、思い思いのカメラを従え、

撮影会も盛り上がりました。

お庭で撮ったり、キッチンで舞妓さんちのまかないさんコミックを持って撮ったり。

 

IMG_0214

 

サプライズでもうひと方、事前に日本髪を結ったモデルさんに登場頂く予定だったのですが、

諸事情で急遽私が代役を務めさせていただきました。

 

IMG_0188

 

また今回福岡より「喜咲屋」さんにもお越しいただき、

明治時代の絵の復元かんざしの展示、販売も同時開催!

私の髪にも、密かに喜咲屋さんの「いちどめ」を挿していただきました*

 

IMG_0113

 

花籠のかんざしも超絶可愛いのですが、

虫籠のかんざしの出来にはもう、驚くばかりです。こちらのみ非売品。

 

IMG_0114

 

今回、主役のモデルさんには三味線の演奏も披露して頂き、

会がたいへん華やぎました。

どうもありがとうございました。

 

IMG_0193

 

今回お仕事やご体調不良で、やむなく参加できなかった方のためにも、

第二回が開催できたら良いな・・・*

会を重ねていくうちにより充実した会になればと思っておりますので、

今後ともよろしくお付き合いくださいませ!

 

そして着物来て応対してくれたあゆみさん、

及び錺屋スタッフのみんなもお手伝いありがとう、お疲れさまでした♡

 

IMG_0213

 

 

錺屋女将 涼子

日本髪の祭典◆櫛まつり

2019 年 9 月 27 日

 

毎年九月の第四月曜、

折れた櫛や古い簪を供養する「櫛まつり」が安井金比羅宮にて開かれます。

直前まで台風の影響が危ぶまれていたのですが、雨どころか晴れ間さえ見えるという奇跡!

 

IMG_9919

 

錺屋の髪結いあそびでおなじみの結髪師・聖子さんが、

有り難いことに今年、あゆみさんをモデルに選んでくださったので、

もう春頃からずっと楽しみにしていたイベント*

 

IMG_9923

 

担当されたのは明治時代奥様の髪型、丸髷です。

聖子さんの結われる一糸乱れぬ髷、息をのむほど美しいのですが、

堅くなく、まるーうっとして可愛いらしいですよね*

 

IMG_9925

 

神事に参列した後ひとりずつ舞台にあがって、ゆっくり一周している間に、

時代と髪型の説明、そして髪結いの担当及びモデルの名前のナレーションが入ります。

一挙一動注目されるので、緊張していたそうですが、あゆみさんの振舞いは堂々たるもんでした。

 

IMG_9936

 

日本髪好きにはたまらない、まさに日本髪の祭典。

錺屋・月屋にも櫛まつりに参加する為お泊りのお客様が、

しかもご自身で日本髪を結われた方もいらっしゃいました。

なんせ古代美豆良から現代舞妓まで、多様な日本髪を地毛で結い上げ、時代装束をまとった女性たち約40人が勢揃い!

熱心な日本髪ファンの方が遠くからいらっしゃるんです♡

 

IMG_9949

 

時代装束には専門の着付師さんがいらっしゃるそうで、

アンティーク着物が好きな方も大好物やと思います。

 

IMG_9968

 

特に江戸時代は、日本髪史上最も華やかで、進化を遂げた時代。

前期・中期・後期に分け、紹介されていました。

ちょうど先日大阪へ、メアリー・エインズワース浮世絵コレクション特別展を見に行ってきたばかり。

本当に浮世絵から出てきたような女性たちが、ずらりと並んで、祇園の街を練り歩きます。

 

IMG_9974

 

八坂さんの前を通って、白川から、外国人観光客で賑わう花見小路通を通って、安井金比羅宮へ戻ります。

安井金比羅宮と言えば、「悪縁を切り良縁を結ぶ」神社。

 

IMG_9984

 

昨年あゆみさんが行った「櫛まつり」がきっかけになったという、

この聖子さんとありさちゃんとの有り難いご縁。

明日には初の日本髪×錺屋のイベント「髪結ひことはじめ 」も迫っています。

はじまりはここだったんだなぁと、胸が熱くなりました。

 

IMG_0001

 

時代装束をお返しし、あゆみさん自前のお着物に着替えて、

日本髪で行ってみたかった長楽館へ。

 

IMG_9993

 

踊り場の下ではピアノの生演奏。明治時代の建築で、

明治時代の髪型の女性とお茶するなんて、こんな贅沢なことってあるでしょうか。

 

IMG_0014

 

 

錺屋女将 上坂涼子

キッチン便り

2019 年 9 月 25 日

 

お隣のホテル建設工事現場が防音シートで覆われ、朝のキッチンが少し暗くなってしまいました。

昼休憩で工事音が止み、キッチンに南から明るい光が差す正午からの一時間。

昔の錺屋に戻ったようで、ホッとします。

 

IMG_9452

 

ひととき、ひとときを大事にせねばな、

と思いました。

 

IMG_9458

 

そんなキッチンに、デッドストックの、

ちいさなホーローのミルクパンが仲間入りしました。

 

IMG_9445

 

朝晩は温かいものが飲みたくなってくるこれからの季節。

ミルクあっためるのに使うてください*

 

IMG_9824

 

工事が進み、どんどん背が高くなっていくお隣のホテル。

ビルに挟まれるかたちになりましたが、

それでもお庭にはなんとか日が差します。それがまた尊い。

 

IMG_9840

 

外の世界は変わってしまっても、

中の世界は変わらずに、皆さんのお帰りをお待ちしていたいものです。

 

 

錺屋女将 涼子

舞妓さんちのまかないさん11巻

2019 年 9 月 20 日

 

小学館様より、錺屋のキッチンがモデルの漫画

舞妓さんちのまかないさん単行本11巻』が届きました♡

この表紙の構図は、完全再現出来そう*

赤いエプロンさえあれば。

 

IMG_9801 (2)

 

風邪ひいたとき、

たまーに食べる桃缶って妙に懐かしくて美味しいんですよね・・・

 

IMG_3642

 

今日のおやつは、

フルーツたっぷりの手作りプリンローヤルパフェー‬*

パーラー錺屋ごっこ。

 

 

錺屋女将 涼子

さようなら楽座

2019 年 9 月 12 日

 

私の古巣和楽庵の二号店である「ゲストハウス楽座」が9月10日、
ついに閉店の時を迎えてしまいました。

歴代スタッフ大集合のクロージングパーティーの後、オーナー夫妻が楽座の備品を、

欲しいもの持って帰ってーと形見わけのように、皆に振る舞って下さいました…涙

錺屋へ引き継がれてやってきたのは、レトロ扇風機とサーキュレータちゃん。

 

IMG_9506

 

オーナー夫妻、スタッフの皆、そして建物も、備品たちも、

10年間、お疲れさまでした。

お客様を紹介していただいたこともたくさん。

明日は楽座に泊まるんですーってお客様もたくさんいらっしゃいました。

ほんとうに、お世話になりました。

最後に、和楽庵の女将が「楽座の閉店について思うところ」を正直にブログに綴っています。

https://bit.ly/2lPiVm5

 

時間が経てば気持ちは収まるのでしょうか。

あとは楽座の建物が、宮川町の貴重なお茶屋建築が、どうなってしまうのか・・・

せめてこのまま維持されることを祈るばかりです。

 

 

錺屋女将 涼子

昭和初期の日本髪

2019 年 8 月 28 日

 

恒例の結髪師の聖子さんとの髪結いあそびと撮影会。

夏は日本髪オフシーズンやから予定していなかったのですが、ご縁が重なり急遽開催することに!

残念ながら私女将は、所用で参加できなかったのですが、

写真をみているだけで、ほんわと癒されました。

 

DSCF0926

 

テーマは、大正・昭和初期、この時代の日本髪は全体にやや大きめなのが特徴だそう。

中島田ふかし鬢。

 

DSCF0933

 

前気味にはりだした鬢(ふかし鬢)とぼってりした前髪がこの時代に流行ったそうですが、

結い方の資料がのこっていないんだとか。

鏡前でお化粧し、支度しているお嬢さんなので、櫛なども挿していません。

漂う、リアルな色香。

 

DSCF0870

 

今回聖子さんの元お仕事仲間で、時代劇を担当していた着付け師さんが、

時代考証に則った着付けをしてくださいました。

着物や小物類はあゆみさんの私物です。

 

DSCF0994

 

お端折りがモタモタ、もたついているのが、「ぽい」んですって。

裾からお襦袢もでちゃってたりします。

 

DSCF0991

 

カメラはありさちゃんが担当してくれました。

さすがポージングの神、ありさちゃん!指示が的確。

 

DSCF1005

 

あゆみさん曰く、プロの方々に女優さんのように扱っていただき、

トリミングされるプードルくらい、いい気分だったそうです。

ほんと、贅沢ですよね。

京都で髪結いを楽しんでみたいかたは、ぜひ錺屋までご連絡くださいませ*

 

 

錺屋女将 涼子

夏の宝石おやつ

2019 年 8 月 8 日

 

元宿直スタッフのゆっこさんから、

美里の宝石・採れたてブルーベリーが山のように(この4倍!)届きました。

 

IMG_8557

 

埼玉県美里町のブルーベリーは本当に大粒。

農家さんいわく、5粒一緒に食べるのが、いろんな品種が混じるので、美味しい食べ方なんだそう。

そんな贅沢できひん!一粒一粒大事に食べちゃう。

 

IMG_8552

 

ゆっこさんありがとう・・・

スタッフみんな、元気をもらいました。

 

IMG_8727

 

こちらは亀屋清永さんの、『星づく夜』

名前からして可愛いすぎ。

京の七夕にぴったりの、夏の夜空みたいなお菓子でした。

 

IMG_8589

 

こちらは岩本くんに貰うた桃を、薔薇にしてみました。

美味しくて震えました。

 

IMG_6556

 

酷暑だったり、涼しかったり、台風がきたり、大雨が降ったり、

変な天気の八月ですが、おやついただいて、昼寝して、

ぼちぼちがんばっています。

 

 

錺屋女将 涼子

蒼い世界

2019 年 8 月 3 日

 

先日喫茶 狐菴店主さんの紹介で、

たい焼きグラビアカメラマンの雪子さん&たい焼きブリーダーみなみんさんが、

錺屋へ撮影に来てくださいました!

 

DSC00170

 

By the way たい焼きグラビアとは?

たい焼きで顔(おもに目)を隠した写真を撮って、#たい焼きグラビア ハッシュタグをつけて、

SNSにアップするというもの。

さすが本家みなみんさん、ポージングがお上手やわ。

 

DSC00224

 

雪子ブルーと言われる、青い世界。

青いキッチンと息ぴったり。

 

DSC00198

 

たい焼きは、あまいろ コーヒーとたい焼きさんの、

可愛いまん丸すぎるたい焼き。

錺屋から徒歩10分のご近所さんです。

 

DSC00314

 

前日に聖子さんのと撮影会があったので、

あゆみさんと私はそのまま寝て、日本髪(島田髷)を持たせました。

耳の後ろに立てたトイレットペーパーをあてて、

右で1時間、左で1時間、うつ伏せで1時間のローテーションで、起きて寝返りしながら就寝。

頑張りましたが、やはり寝れば多少乱れます。

というわけでわざわざ、聖子さんがお直ししに来てくださいましたので、

とっても美しい2日目となりました♡ 贅沢!

 

DSC00321

 

あいにくの雨だったのですが、

雪子ブルーの世界では、むしろ色っぽい。

そして・・・

 

DSC00258

 

あゆみさんと私は、絡みたい焼きグラビアに挑戦!

みなさんも、身近なたい焼きつかまえて、#たい焼きグラビア してみてくださいね*

 

撮影:雪子さん https://www.instagram.com/swinging_bird

結髪: 聖子さん Special Thanks!

モデル:みなみん https://www.instagram.com/37min_t/

 

 

錺屋女将 涼子

楽座と、みたらし祭

2019 年 8 月 1 日

 

毎度の結髪師聖子さんとの髪結いあそび、という名の撮影会。

私とあゆみさんは地毛結い、ありさちゃんはショートヘアなので、半かつらです。

今回浴衣姿で、みんなお揃いの島田髷に。

 

IMG_8139

 

また酷暑を凌ぐおまじないとして、新藁を巻いて頂きました。

当時は夏ののぼせと厄除けになると言われ、お盆辺りに新藁売りさんが売り歩いていたそうです。

青々とした新藁の提供、浦谷農園様おおきに*

錺屋で撮影した後には、

私の古巣和楽庵の二号店である「ゲストハウス楽座」にて撮影をさせていただきました。

 

_MG_9421

 

宮川町の元お茶屋という建物は風情と艶があり、当時の面影がリアルに残っており大変貴重なもの。

それが近年のホテル建設ラッシュによる地価上昇を理由に、契約終了+売却されてしまうため、

皆に惜しまれつつ9月10日に閉店してしまうんです・・・

(詳細は→bit.ly/2W5n7hG

 

_MG_9299

 

今回カメラ女子・萌子さんが来てくれはったので、

日本髪も、楽座も、とっても綺麗に撮ってくれはり、個人的にとっても嬉しかったです。

撮影にご協力いただいた皆様、有り難うございました。

 

_MG_9320

 

こんなかわいい町家。

どうにか永遠に、残ればよいのだけど・・・

 

_MG_9400

 

その後夜の下鴨神社へ、

御手洗祭に行ってきました。

赤い提灯が浮かび上がり、なんだか妖艶な雰囲気。

 

_MG_9472

 

境内の御手洗池に足をひたしたままろうそくを供え、無病息災を祈る「足つけ神事」

膝近くまで深さがあり、

湧水とのことで、それが悲鳴を上げるほど冷たい!

 

_MG_9477

 

ろうそくが消えないよう、蝋がたれないよう、そーろと歩きます。

 

_MG_9492

 

足を拭くのに、手拭い必須です。

夏やのに、足がひやひやになりました。

 

IMG_8260

 

罪・穢れがはらわれたような、いい気持ち。

そのあとはご神水をいただきます。

 

IMG_8274

 

あんよのかたちが可愛い、足形祈祷木。

名前を書いて水に浸し、無病息災を願います。

 

IMG_8288

 

ちなみに期間中は屋台が並び、お祭りムードたっぷり。

週末はけっこう並ぶみたいなので、平日がおすすめ。

ぜひ御手洗団子もぜひ召し上がってくださいね。

 

_MG_9560

 

結婚式もええけど、こんなふうに普段の日こそ。

錺屋で、日本髪結うてみはりませんか?

 

錺屋女将・涼子

ページエンド