kyoto guest house kazariya

錺屋女将、涼子のブログ

土鍋とストーブ

2018 年 2 月 12 日

 

今年の冬はほんまに寒い。

日本海側では記録的大雪とのことですが、

京都はほっとんど降りません。

雪はのうても、ただ寒い。

どうせ寒いなら、散らついてくれたらええのに。

 

脱衣所のストーブを買い換えなくてはならなかったのですが、

人感センサー、自動オフ、省エネ・・・

なんとも効率的な世の中になりました。

しかしゲストハウスとしてあろうことか、

ランニングコストとか、スペックとかすべて無視して、

見た目だけ可愛いストーブを買ってしまいました。

 

IMG_2440

 

だって!

客足も遠のくこんな寒い日には!

もう可愛いものしか買いたくないの!!

ぷん!

 

IMG_2439

 

古く見えますが、アンティーク風なだけで新品。

安全装置だけは付いておりますのでご安心くださいませ。

 

IMG_2441

 

冬の間だけ、1人用の片手土鍋に加え、

2~3人用の土鍋も置いています。

お鍋はもちろん、シチューとか、お米も炊けます。

外は寒いから、お宿の中でゆっくりされるかたも多いので、

あったまっていただけたら嬉しいです。

 

ゲストハウス錺屋

女将

手描キ*ポスタア

2018 年 2 月 11 日

 

3月3日(土)よりはじまる、

【町家の日イベント】錺屋でこけし絵付け!べんがら染め!蚤の市!

の為のチラシとポスターを、

あゆみ画伯が夜なべして描いてくれました。

エンピツで!

 

IMG_2432

 

そしてポスターのほうには、

色鉛筆でぬり絵を。

画伯と言えばベレー帽でしょ!

 

IMG_2423

 

フォントまでこだわりました。

筆圧からも、強く参加者募集中の思いが感じとれます。

 

IMG_2425

 

錺屋の玄関に、さっそく掲示。

このへんかしら?このへん?

 

IMG_2429

 

「三月八日ハ町家ノ日デセウ」

イカシテル!とってもレトロに仕上がりました。

 

IMG_2430

 

イベントの詳細はこちら*

いっぱいコピーしたのでもろてくださいね♡

 

ゲストハウス錺屋

女将

 

 

 

ドキッ!女だらけの豆撒き大会

2018 年 2 月 6 日

 

今年の節分当日は、よりにもよって男子不在・・・

期せずして、ドキッ!女だらけの豆撒き大会となりました。

鬼さんも小さめ。

しかし荒ぶります!

 

IMG_2320

 

豆を投げ付けられ、よろり・・・

どうしてこんな仕打ちを?

 

IMG_2327

 

玄関まで追いつめ、無事鬼は外できました。

 

IMG_2338

 

豆撒きが済んだら、お楽しみ「恵方巻タイム」!

今年も近所の鮨仙太さんの恵方巻を予約。

 

IMG_2350

 

とびことゴマのぷちぷちに、海老の甘さ、

焙った穴子の香ばしさがたまらんのよね♡

 

IMG_2355

 

思い起こせば、鬼さんさっき、慣れた手つきでお掃除してくれていた・・・

もしかしていい鬼さんなのでは?

胸がいたむ。

 

IMG_2300

 

あのう、一緒に恵方巻食べませんか?

鬼さんはやっと素顔をみせてくれました。

 

IMG_2368

 

全員南南東を向いて、一気にまるかじり。

来客があろうとも、食べ終えるまでひとこともお喋りしてはなりません。

たとえ電話がなろうともね。

 

IMG_2391

 

喋っちゃダメと言われると、授業中の小学生ばりにそわそわ。

食べ終えたとたん開放され、美味しい連呼ですよ。

そして、こすちゃんが作ってきてくれたオヤツをいただきました*

 

IMG_2409

 

あんこののったお団子と、

節分に合わせて、大豆の豆大福!

女だらけの豆撒き大会にふさわしく、デザートで〆ました。

 

IMG_2227

 

吉田神社で買うた福引券付きの福豆は、

お茶にうかべていただきました。

厄除福豆抽選券けっかはっぴょうーーーー!

ハズレていました。

ぐふっ(涙)

 

ゲストハウス錺屋

女将

あゆみさんと京都節分祭めぐり

2018 年 2 月 2 日

 

心の邪気や病、災いを退散し、福を呼ぶ節分。

2月2日・3日は、京都中の大小さまざまな社寺で行事がとりおこなわれます。

今日はあゆみさんと自転車で、節分祭巡りしてきました*

その1【須賀神社】へ。

こちらは一風変わっていて、鬼ではなく二人組の「懸想文売り(けそうぶみうり)」が、

節分の2日間だけ姿を現します。

 

IMG_2134

 

庶民は文字が書けなかった平安時代、

お公家さんに恋文の代筆を頼んでいたのがはじまりで、

江戸時代にはそれを売る「懸想文売り」が流行ったそう。

つまり、ラブレターの代筆屋さんですね。

このアルバイトをしていたのは貴族の人々だったので、身元がバレないよう覆面だったとか。

 

IMG_2137

 

こちらの文を誰にも知られず、鏡台や箪笥にそっとしまっておくと、

姿かたちが良くなって、着物が増え、良縁があるという。

こ、これは我々!!ぜひとも頂かねば!!

中の恋文は見ても良いが、そっと戻しておくべし、とのこと。

そういえば、誰にも知られずに・・・って、

ブログに書いちゃってもご利益あるのかな?

 

IMG_2156

 

もし良縁がなかったら、このブログのせいということにしておこう。

境内に火鉢が置いてあって、一服できます。

須賀多餅は、梅入り白餡と、柚子入り白餡の2種。

お茶は、福豆入りで香ばしい。

須賀神社へは市バス熊野神社前下車、徒歩5分。 ゲストハウス和楽庵のすぐ近く!

※使こたおこづかい: 懸想文1000円、一服300円

 

IMG_2147

 

続いて須賀神社の向かいにある、その2【聖護院】へ。

なんだかマイクを使ったノリの良いアナウンスに誘われて中に入ると・・・

あ、鬼がいる!オリーブ色の鬼だ!オリーブ鬼!

 

IMG_2170

 

鬼さんと、一緒に撮影していただきました。

良うできたお衣装ですねというと、皮ですよとおっしゃいました。

節分祭では、普段非公開の宸殿や本堂に無料で入れますので、

お庭や、見事な襖絵も近くで堪能できます。

 

IMG_2172

 

その3、京都最大級に盛り上がる【吉田神社】へ、

お正月飾りをお納めに行きました。

 

IMG_2177

 

こちらには赤青黄緑鬼がいらっしゃいました。

鬼さんのぱんつは割とハイレグ。

 

IMG_2192

 

IMG_2194

 

またもや鬼さんと、一緒に撮影していただきました。

子どもたちは恐ろしがっておお泣きしています。

 

IMG_2197

 

吉田神社の節分祭名物、境内に並ぶ八百店もの露店。

あれもこれもと目移りしましたが、

おぜんざい、松井酒造のにごり酒、あゆの塩焼きを楽しみました*

 

IMG_2205

 

お味はどうですか?あゆみさん。

至福の笑顔♡

 

IMG_2207

 

河道屋のれん会の「年越し蕎麦」も美味しそうでした。

江戸後期には、12月31日ではなく節分に食べるそばを 「年越し蕎麦」 と呼んでいたそう。

節分の夜が大晦日なので、4日が寒いけどもう立春。新年なんですね。

来年はお腹すかして来よう。

そしてこちら、鮎を焼くための即席囲炉裏。風情もあって暖かい。

美しい鮎たち団結のサークル!

 

IMG_2219

 

ちなみに吉田神社の福豆は抽選券付き。特賞はヴィッツみたい。

千枚漬当たらんかな~*

吉田神社へは、京都市バス京大正門前より徒歩 約5分

※使こたおこづかい: 福豆200円、おぜんざい400円、にごり酒500円、あゆの塩焼き500円

 

京都の節分祭まとめ

ぜひ明日は節分祭へお出かけください!

 

錺屋空いてますえ*

女将

たろちゃん、錺屋へ来たる

2018 年 2 月 2 日

 

月屋ブログでもご紹介した、たろパイセン

(すっかり尊敬、もうたろちゃんなんて呼べないっ)

実は錺屋にもお越しいただいておりました。

 

貫禄がもう・・・

「よっこらしょ。 ほな次いこか。」

私にはそう聞こえてきます!

 

IMG_2093

 

フォロワー数10万越え!お父さんインスタアカウント→★「たろとミフネさん、時々ヨシダさん

可愛いたろさんの素顔!お母さんインスタアカウント→★「たろ母

 

たろ母さんのインスタで、錺屋のキッチンでのお写真を、(→こちら*)

UPしていただきました。それがめっちゃ可愛いの!

ぜひご覧ください。

 

素敵な機会を、シェアチケットさんほんまおおきに*

 

ゲストハウス錺屋

女将

 

 

【町家の日イベント】錺屋でこけし絵付け!べんがら染め!蚤の市!

2018 年 1 月 31 日

 

3月8日は「町家の日」、というのをご存じでしょうか?

英語で3月のMARCH 8th→ まーちや → 町家!という語呂合わせで、

2016年「京町家情報センター」が定めたそうです。

今年は3月3日(土)〜11日(日)が町家ウィークということで、

京都市内の町家カフェ巡りイベントや、町家を舞台としたイベントが同時に多数開催されます。

 

kazariya-machiyanohi4 (2)

 

錺屋では、あゆみさん主催!2つのたのしいワークショップと、

掘り出し物たくさん!蚤の市を開催致します。

 

イベントの名前は・・・

大正浪漫なお宿でこけし絵付け!べんがら染め!ときどき蚤の市

 

日程は3月3日(土)3月4日(日)3月10日(土)の3日間!

 

①2018年3月3日(土)10:00~19:00

アンティーク蚤の市 (入場無料)

【詳細】

錺屋のフロントが、1日限りのアンティークショップに変身*

古いものが大すきな、女将はじめ錺屋スタッフの集めてきた雑貨や、

食器、着物、古道具・・・

錺屋や姉妹店月屋の備品もお値打ちに並びます。

地下鉄五条駅徒歩3分、19時までゆるるとやっておりますので、

ぜひお気軽にお立ち寄りください。

 

kazariya-machiyanohi4

 

②2018年3月4日(日)12:00~15:00

町家でべんがら染め・自然染め体験

※予約制/定員10名/¥3500-(材料費・お茶込)

 

【詳細】

あゆみさんこだわりの土染め。

くらしの土染めこものAyumy

今回は町家にちなんで「べんがら染め」を体験します。

 

kazariya-machiyanohi1

 

べんがら染めの説明を受けたあと、てぬぐい&足袋くつしたを各自自由に染めていただきます。

染め足りなければ、追加の白物を購入することもできます。

簡単な藍染めや、炭染め等もお選びいただけます。

白物はこちらで下染め処理をしておりますので、気軽に染めを楽しんで下さい*

染めたものは当日お持ち帰りいただけます。

講師はあゆみさん、女将が助手をつとめます。

 

kazariya-machiyanohi2

 

③2018年3月10日(土)12:00~15:00

こけし・マトリョーシカに絵付けして、錺屋の好きな場所で撮影してみよう!

※予約制/定員10名/¥3500-(材料費・お茶込)

 

【詳細】

あゆみさんのこけし愛は深く、熱い!

こけしトークを聞きながら、デザインの構想を練り、

白木のこけし、又はマトリョーシカに絵付けしていきます。

伝統的なこけしやマトリョーシカの絵付けには形式がありますが、

今回それにこだわりません。

絵心に自信が無くても、大丈夫!

自由な発想で、あなただけのこけしを作ってください!

講師はあゆみさん、女将が助手をつとめます。

そして完成したこけし・マトリョーシカを、錺屋のお部屋やキッチンなど、

好きな場所に置いて、写真撮影をしてみましょう!

カメラはスマホでもOK! 持っていない方にはカメラをお貸しします。

上手く撮れないかたには、女将がアドバイスを致します。

 

kazariya-machiyanohi3

 

②と③のコースでは、作業が終わり次第、

お茶とお菓子をご用意いたしますので、

みんなで中庭を見ながらゆっくりと、ひと息つきましょう*

 

ご予約はお問い合わせフォームか、メールにて承ります。

meill

◆お名前:
◆人数:
◆電話番号:
◆希望の体験:②or③(③の場合はこけし・マトリョーシカより、予めお選びください)

をご記入の上お申し込みください。

こちらよりの返信をもちまして、予約完了となります。

※返信のない場合、その他お問い合わせは075-351-1711迄

 

「町家の日」イベント公式サイトでもご紹介いただいております→こちら*

他にもいろいろイベントはしごできますので、ぜひ公式サイトもご覧ください。

平旅籠ひばりもなんかやるらしいで*

 

ayu-maid7

 

大正浪漫の時代背景を色濃く残す錺屋の館内は、普段ご宿泊の方しかご覧いただけません。

この機会にぜひ、奮ってご応募くださいませ。

また、当日のご宿泊も、承っております!

時代を経た町家が醸す空気感を、身近に感じて頂くきっかけになれば幸いです。

 

主催者について
※くらしの土染めこものAyumy
土染めの研究と自作の染めこものの不定期行商をしております。こけしが好き。
【Facebook】Ayumy FB

 

※ゲストハウス錺屋
築約100年、元漢方薬舗のもつクラシカルな大正風情をそのまま生かした小宿です。
【Facebook】錺屋FB  【Instagram】錺屋インスタ

 

ゲストハウス錺屋

女将

 

出陣じゃ!

2018 年 1 月 29 日

 

先日錺屋はお休みをいただいて、

あゆみさんと関ヶ原へ行ってきました。

まずは途中の山科にて、丸窓の可愛いクラシックな喫茶「マリ亜ンヌ」でモーニング。

 

IMG_19

 

京都はモーニング文化が盛んです。

色々選べるけれど、

ブレンド、バタートースト、ゆで卵の、シンプルなモーニング(520円也)で、

じゅうぶんな気がします。

妙に美味しいんですよね、朝の喫茶店のパンとゆで卵。

 

IMG_1990

 

山科から高速に乗って、関ヶ原へ。

滋賀県を通過して、岐阜県へ入ります。京都東インターより所要1時間。

 

IMG_1998

 

到着したら早速お目当ての関ヶ原ウォーランドへ。

その前に隣接のレストハウスで、

1日限定5食のローストビーフてんこもり「天下丼」を頂きました。

 

IMG_2002

 

こぼれてもいいようにお盆の上にのった丼ぶりに、

ローストビーフが積まれていきます。

 

IMG_2017

 

ひとり400g弱(重い)、数えると29枚(多い)!

1300円也(安い)。

天下を取ったところで、入園しました。

 

IMG_2034

 

お馬さんに乗って、

いざ出陣じゃ!

 

IMG_2033

 

ぱけぽっぱけぽっ

 

IMG_2039

 

こちらは東軍、徳川はんの陣。

関ヶ原の戦いを、有名な武将から足軽まで、

200体以上の等身大コンクリート像で史実に基づいて再現しているそうです。

 

IMG_2044

 

手作りの味と、躍動感があります。

等身大っていうか1.5倍くらいに感じますけど・・・

 

IMG_2052

 

真剣白刃取り!

 

IMG_2050

 

ここまでか・・・!!

 

IMG_2067

 

最後には信玄公の亡霊が出てきて、

もう争いはやめい!

ノーモア関ヶ原合戦じゃ!と平和を願っています。

 

とにかく寒かったので、

温泉に寄って帰りました。

温泉最高。温泉最高。

 

ゲストハウス錺屋

女将

24日・25日臨時休業のお知らせ

2018 年 1 月 23 日

 

*2018年1月24日と25日の2日間 ゲストハウス錺屋は臨時休業をいただきます*

*We will be closed on 24th and 25th of Jan/2018 *

 

こちらの2日間はお電話の受付ができません。

ご予約はメールにて承ります。

また、姉妹店月屋のほうは通常営業しておりますので、

お急ぎの際は075-353-7920迄ご連絡ください。

月屋も両日空室ございます。25日はお初天神ですので、ぜひ京都にいらしてください。

ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承くださいませ。

 

We can’t answer the phone between 24th and 25th .

Please contact us by email.

If you have any problem, please call to our sister hostel “Tsukiya” ,075-353-7920.

We are sorry for this inconvenience.

 

IMG_1621

 

ゲストハウス錺屋

女将

梅夜一周年祝賀会

2018 年 1 月 17 日

 

先日、きむさんのお宿梅夜の一周年祝賀会にお呼ばれしました。

お宿仲間の金魚家さん夫妻、ひばりのふたり、錺屋月屋スタッフと、

梅夜の設計・設備・工事・HPデザイン・お手伝いさん等、

開業時に関わった面々が大集合。

 

IMG_1911

 

大人数にもかかわらず、

めっちゃご馳走になりました!豪華に桶寿司!

しかも梅夜貸切で、平日やのに、大人やのに、めっちゃ深夜まで遊びたおしました。

 

IMG_1917

 

【写真】左が梅夜女将きむさん、右が金魚家女将ゆみこさん、ふたりは親友*

梅夜がもう1年経ったのか。

昨日のことのよう。

決して楽ではなかった2017年。

きむさんよう頑張ったなぁ・・・ほんで痩せたなぁ・・・としみじみ。

 

IMG_1921

 

閑散期だけど、寒いけど、

だからこそ集まって飲んで笑って、福呼んでいきたいですね。

 

IMG_1936

 

 

1周年、おめでとうございます**

 

ゲストハウス錺屋

女将

ゲストハウスプレスVol.19は錺屋特集!

2018 年 1 月 12 日

 

ゲストハウスプレスをご存じでしょうか?

まずは体験ありき、というスタンスでゲストハウスやその街の魅力を編集長自ら体験。

その後フリーペーパー・ WebサイトFacebookページ

の3方向からそれぞれの特性を活かした記事づくりを行い、

「あたらしい旅のかたち」を発信されています。

サポーター制度などの支援のみで、広告料はとらず、あくまで取材・・・

身銭を切っての発信に、以前より深く感服いたしておりました。

そして昨年秋、なんと・・・錺屋への取材依頼を頂きました!

 

DSC03189

 

**取材中の1ページ 写真提供guesthouse press

ゲストハウス過密地域である京都で、ええお宿がいっぱいある中恐縮なのですが、

錺屋を選んで頂いたこと、光栄の至りでございます。

 

IMG_1501

 

フリーペーパーは、

全国のゲストハウスやカフェ等に配布しているA5サイズのリーフレットで、

毎号ひとつの宿を独占特集、オーナーへのインタビューを中心にご紹介されています。

今回も編集長・西村さんにご宿泊いただき、初日はスタッフも一緒に女子トークして、

2日目は私個人とじっくり・・・2日にわたってのありえないくらい丁寧で濃ゆい取材から、

こんな素敵な記事に仕上げていただきました。

 

IMG_1503

 

錺屋への熱い愛をお話させていただきましたので、

ぜひ1部記念にお持ちいただけましたら嬉しいです*

ちなみに京都での配布場所は錺屋Lenピースホステル三条さん!

 

DSC03403

 

編集長・西村さんは、めっちゃ面白くてパワフルなお姉さんで、

元気や、気付きを沢山いただきました。

しかも取材・撮影・編集・デザインまですべて一人でこなされます。

ほんと凄い・・・だからこそ予算を抑えられるっていうのは、

ゲストハウスにもちょっと似ている。

表紙用の写真撮影で、貴重なスタッフ集合写真を撮っていただいたのも、

嬉しかったです。いい写真だ*

西村さん、本当にありがとうございました!

 

DSC03383

 

**取材中の1ページ 写真提供guesthouse press

★ゲストハウスプレス公式HP/最新号Vol.19錺屋特集記事はこちら★ ←ぜひご覧ください**

 

ゲストハウス錺屋

女将

ページエンド