kyoto guest house kazariya

‘京都おすすめスポット’ カテゴリーのアーカイブ

京七味を求めて。

2020 年 6 月 25 日 木曜日

先日あゆみさんと、京都で最高の粉山椒を扱うという噂の、
長文屋さん(北野白梅町)へいってまいりました。

その場で辛さを選んで七味を調合してもらえます。
ううん・・・どうなんやろう。
どれが一番人気なんですの?

中辛が一番人気で、しかも山椒率高いんですって。
山椒好きとしては、聞き捨てなりません。

小分け袋で包装してもらえるので、お土産にもぴったり*
北野天満宮(天神さん)方面ですので、ぜひお立ち寄りください。

ついでに、いつも行列のお豆腐屋さん、
とようけ屋山本さんにも立ち寄りました。

お目当の夏の味覚“からし豆腐”は昼からの販売らしく…
おぼろ豆腐と、最近のあゆみさんのお気に入り、カスピ海豆乳ヨーグルトを購入。

レトロな包装紙の方が、七味。
白い方が、紀州産石臼山椒粉。
これが最高と言われるやつで、
いつも売っているわけではないそうです。

早速七味をクンクン。
何やこりゃあ、と香り高さにクラクラしました。

出前をとった招福亭の茶蕎麦「しっぽく」にかけて…
出汁の香りが引き立って、よう合います。
あんまり辛くないから、2、3杯かけちゃう。

「しっぽく」てどんなん?
ってよう聞かれるんですが、招福亭のんは、
分厚い大切りの蒲鉾
肉厚などんこの煮たの
お麩
ほうれん草
海苔。
招福亭はお揚げさんも分厚くて美味しいんですが、
なんでかいつも頼んじゃう、しっぽく。

デザートはとろーんと伸びる豆乳ヨーグルトに、
チェリーと完熟梅を乗せて。

甘くて酸っぱくて、元気が出ました。

 

錺屋女将 涼子

日常が愛おしい

2020 年 3 月 8 日 日曜日

 

今日はよう晴れて。

昼間に窓を開けれるようになると、春を感じ始めます。

あゆみさんが、出町ふたばの豆餅と&福豆大福を買うてきてくれました。

 

IMG_4120

 

福豆大福は季節限定の鳴門金時餡て、食べはったことありますか?

ほっぺおちそう。

 

IMG_4127

 

このご時世、出町ふたばも空いてるかおもたら、相変わらず並んでいるらしい。

さすがやねぇ。

 

錺屋女将 涼子

京都の節分祭

2020 年 2 月 3 日 月曜日

 

京都の節分は2月2日、3日と大いに盛り上がります。

今年こそ四方参り(よもまいり)に挑戦したかったのですが・・・

吉田神社からの八坂神社で力尽きました。

※四方参りとは、鬼門となる4つの神社をお参りするという、

千年ほど前から行われているらしい京都の節分の風習。

吉田神社八坂神社壬生寺北野天満宮と、まわる順番が決まっています。

 

まずはあゆみさんと一緒に、お正月飾りをお納めに吉田神社へ。

 

IMG_3494

 

コロナウイルスの影響で、外国人観光客がぐっと減った京都の街。

空いてるやろなぁと思ったら、日曜日やったせいか、まさかの大混雑!

 

IMG_3530

 

久々にこんなようさんの人見たで。

京都のひとの節分にかける熱意を感じました。

わかる!こんなときこそ、厄払いしたいですよね。

 

IMG_3528

 

境内に並ぶ八百店もの露店。

露店めぐりしてたら、松井酒造の前で鬼さんに会えました。

鬼さんよう見たら紐パンやん・・・

 

IMG_3508

 

昔は新年の始まりが立春であったため、節分は大晦日にあたりました。

というわけで河道屋のれん会の年越し蕎麦をいただきました。

 

IMG_3519

 

うすめのお出汁に、京都らしいやらかい蕎麦。

わさび入りの大根おろしが乗っています。

 

IMG_3522

 

続いて須賀神社へ。

こちらは一風変わっていて、鬼ではなく二人組の「懸想文売り(けそうぶみうり)」が、

節分の2日間だけ姿を現します。

 

IMG_3541

 

庶民は文字が書けなかった平安時代、

お公家さんに恋文の代筆を頼んでいたのがはじまりで、

江戸時代にはそれを売る「懸想文売り」が流行ったのだとか。

文字が書けるようになったためか、明治時代には姿を消していったそうです。

 

IMG_3543

 

こちらの恋文を誰にも知られず、鏡台や箪笥にそっとしまっておくと、

姿かたちが良くなって、着物が増え、良縁があるらしい。

信じて待つ!

 

IMG_3537

 

須賀多餅は、梅入り白餡と、柚子入り白餡の2種。

節分の2日間だけ作られるそう。お土産にもええですね。

続いて須賀神社の向かいにある、聖護院へ。

オリーブ色の鬼さんが、見ごろの梅の前でかっこいいポーズをとってくれはりました。

よう見たらやっぱり鬼さん紐パンや。

 

IMG_3550

 

あゆみさんと別れた帰り、八坂さんに立ち寄りました。

豆撒きしてたけど、貰えへんかったんで、福豆を買いました。

抽選券付きで、その場でくじを引きます。

ハズレのフリーザーバッグが当たってガッカリしたんですけど、

吉田神社で買うたすぐき漬けを持っていたので、

「くさいで、これに入れとき」って神さまが言うてはんのかなと思って、納得しました。

 

IMG_3557

 

京都の節分祭まとめ

ぜひ来年こそ、京都の節分祭へお越しください!

 

ゲストハウス錺屋

女将 涼子

秋の古本まつり

2019 年 11 月 3 日 日曜日

 

手づくり市で有名な百万遍さんの、青空古本市に行ってきました。

夏の下鴨納涼古本まつりが有名ですが、

秋の古本まつり-古本供養と青空古本市-は知恩寺

 

IMG_1142

 

かなり古い和本から、新しめの古本まで、その数約20万冊。

お値段も100円~と、お可愛いこと。

 

IMG_1137

 

ちょうど知恩寺の十夜法要・秋の集いがあり、数珠繰りに初めて参加しました。

皆で輪になって、重くて大きな数珠を回しながら念仏を唱えます。

だんだんスピードアップしてきて、数珠も上下に跳ねだして、トランス状態に・・・!

数珠繰りがこんなにエモいとは。

 

IMG_1157

 

それにしても・・・

秋晴れと、フィンガーウェーブと、古書はよう似合う!

 

IMG_1158

 

ハロウィンのときは洋服で、今日は着物。

どちらでも可愛いのが洋髪の魅力ですね♡

日本髪より手軽やし、寝やすいし、持たせやすいのもGOOD!

今回の髪型は右から、左から、そして後ろからと、

それぞれ別の表情があり、ハーッと溜め息がでます。

 

IMG_1234

 

古本市のあとは、百万遍さんのすぐ近くの進々堂でお茶して、

さっそく大正時代の雑誌 “日毎ーデンサ” を読んでみる。

他にも、古本市帰りで本を広げているひとがちらほら。

ゴールデンコースですものね*

ここの進々堂は、いかにも「京都」って感じがして好きです。

 

IMG_1207

 

まさにフィンガーウェーブを楽しみつくした幸せな2日間でした♡

(聖子さんの髪結いを体験したいかた、ぜひお問い合わせださい*)

 

IMG_1223

 

あゆみさんの、きゅうり抜きミックスサンドと、

コーヒーミルク入り。

 

明日最終日となってしまいましたが、

お天気もよく、気持ちのいい週末なのでぜひお出かけください。

 

日時:2019年11月4日(月)まで 10:00~17:00

場所:百萬遍知恩寺(京都市左京区田中門前町103)

 

 

錺屋女将 涼子

森の出張喫茶

2019 年 10 月 18 日 金曜日

 

ミーアキャットを見に行こうと、 あゆみさんに誘われたのですが、

残念ながら京都市動物園は振り替え休業日。

(台風はくるし・・・もう、三連休のばか・・・!)

というわけで、京都府立植物園へやってきました。

向かいにあたらしく出来た仮設コインパーキングが、激安だったので駐車し、

昭和ぽいタイルの破片がいっぱい落ちてる!とひろってはしゃいでいたら、

この場所がホテルマイアミであったことに気が付き、戦慄が走りました。

 

IMG_0296

 

さっそくへちま&ひょうたんコーナーで、ひとしきり盛り上がりました。

これほんと、あゆみさんくらい身長ある。

ミーアキャットはいないけど、植物園は広いし人も少ないし、お散歩にもってこい。

秋をいっぱい吸い込むことができます。

 

IMG_0337

 

歩き疲れたら、ベンチへ。

リュックから出てくる、カップ、魔法瓶、手挽きミル、ドリッパー、ちょっといいコーヒー豆。

森の喫茶、あゆみーカフェに誘われました。

 

IMG_0340

 

スタンレーの魔法瓶、こんな上手い具合に、 ちょろちょろ出るんですね。

 

IMG_0343

 

挽きたてのコーヒーはうんまいなぁ。

お供はラミーとミルク飴。

 

IMG_0350

 

植物園は、お酒と火器以外は持ち込み可。

寒かったら、併設しているカフェIN THE GREENもおすすめ*

 

IMG_0353

 

お金を使わずとも、

こんなに豊かな時間が手に入るとはね*

 

 

錺屋女将 涼子

日本髪の祭典◆櫛まつり

2019 年 9 月 27 日 金曜日

 

毎年九月の第四月曜、

折れた櫛や古い簪を供養する「櫛まつり」が安井金比羅宮にて開かれます。

直前まで台風の影響が危ぶまれていたのですが、雨どころか晴れ間さえ見えるという奇跡!

 

IMG_9919

 

錺屋の髪結いあそびでおなじみの結髪師・聖子さんが、

有り難いことに今年、あゆみさんをモデルに選んでくださったので、

もう春頃からずっと楽しみにしていたイベント*

 

IMG_9923

 

担当されたのは明治時代奥様の髪型、丸髷です。

聖子さんの結われる一糸乱れぬ髷、息をのむほど美しいのですが、

堅くなく、まるーうっとして可愛いらしいですよね*

 

IMG_9925

 

神事に参列した後ひとりずつ舞台にあがって、ゆっくり一周している間に、

時代と髪型の説明、そして髪結いの担当及びモデルの名前のナレーションが入ります。

一挙一動注目されるので、緊張していたそうですが、あゆみさんの振舞いは堂々たるもんでした。

 

IMG_9936

 

日本髪好きにはたまらない、まさに日本髪の祭典。

錺屋・月屋にも櫛まつりに参加する為お泊りのお客様が、

しかもご自身で日本髪を結われた方もいらっしゃいました。

なんせ古代美豆良から現代舞妓まで、多様な日本髪を地毛で結い上げ、時代装束をまとった女性たち約40人が勢揃い!

熱心な日本髪ファンの方が遠くからいらっしゃるんです♡

 

IMG_9949

 

時代装束には専門の着付師さんがいらっしゃるそうで、

アンティーク着物が好きな方も大好物やと思います。

 

IMG_9968

 

特に江戸時代は、日本髪史上最も華やかで、進化を遂げた時代。

前期・中期・後期に分け、紹介されていました。

ちょうど先日大阪へ、メアリー・エインズワース浮世絵コレクション特別展を見に行ってきたばかり。

本当に浮世絵から出てきたような女性たちが、ずらりと並んで、祇園の街を練り歩きます。

 

IMG_9974

 

八坂さんの前を通って、白川から、外国人観光客で賑わう花見小路通を通って、安井金比羅宮へ戻ります。

安井金比羅宮と言えば、「悪縁を切り良縁を結ぶ」神社。

 

IMG_9984

 

昨年あゆみさんが行った「櫛まつり」がきっかけになったという、

この聖子さんとありさちゃんとの有り難いご縁。

明日には初の日本髪×錺屋のイベント「髪結ひことはじめ 」も迫っています。

はじまりはここだったんだなぁと、胸が熱くなりました。

 

IMG_0001

 

時代装束をお返しし、あゆみさん自前のお着物に着替えて、

日本髪で行ってみたかった長楽館へ。

 

IMG_9993

 

踊り場の下ではピアノの生演奏。明治時代の建築で、

明治時代の髪型の女性とお茶するなんて、こんな贅沢なことってあるでしょうか。

 

IMG_0014

 

 

錺屋女将 上坂涼子

楽座と、みたらし祭

2019 年 8 月 1 日 木曜日

 

毎度の結髪師聖子さんとの髪結いあそび、という名の撮影会。

私とあゆみさんは地毛結い、ありさちゃんはショートヘアなので、半かつらです。

今回浴衣姿で、みんなお揃いの島田髷に。

 

IMG_8139

 

また酷暑を凌ぐおまじないとして、新藁を巻いて頂きました。

当時は夏ののぼせと厄除けになると言われ、お盆辺りに新藁売りさんが売り歩いていたそうです。

青々とした新藁の提供、浦谷農園様おおきに*

錺屋で撮影した後には、

私の古巣和楽庵の二号店である「ゲストハウス楽座」にて撮影をさせていただきました。

 

_MG_9421

 

宮川町の元お茶屋という建物は風情と艶があり、当時の面影がリアルに残っており大変貴重なもの。

それが近年のホテル建設ラッシュによる地価上昇を理由に、契約終了+売却されてしまうため、

皆に惜しまれつつ9月10日に閉店してしまうんです・・・

(詳細は→bit.ly/2W5n7hG

 

_MG_9299

 

今回カメラ女子・萌子さんが来てくれはったので、

日本髪も、楽座も、とっても綺麗に撮ってくれはり、個人的にとっても嬉しかったです。

撮影にご協力いただいた皆様、有り難うございました。

 

_MG_9320

 

こんなかわいい町家。

どうにか永遠に、残ればよいのだけど・・・

 

_MG_9400

 

その後夜の下鴨神社へ、

御手洗祭に行ってきました。

赤い提灯が浮かび上がり、なんだか妖艶な雰囲気。

 

_MG_9472

 

境内の御手洗池に足をひたしたままろうそくを供え、無病息災を祈る「足つけ神事」

膝近くまで深さがあり、

湧水とのことで、それが悲鳴を上げるほど冷たい!

 

_MG_9477

 

ろうそくが消えないよう、蝋がたれないよう、そーろと歩きます。

 

_MG_9492

 

足を拭くのに、手拭い必須です。

夏やのに、足がひやひやになりました。

 

IMG_8260

 

罪・穢れがはらわれたような、いい気持ち。

そのあとはご神水をいただきます。

 

IMG_8274

 

あんよのかたちが可愛い、足形祈祷木。

名前を書いて水に浸し、無病息災を願います。

 

IMG_8288

 

ちなみに期間中は屋台が並び、お祭りムードたっぷり。

週末はけっこう並ぶみたいなので、平日がおすすめ。

ぜひ御手洗団子もぜひ召し上がってくださいね。

 

_MG_9560

 

結婚式もええけど、こんなふうに普段の日こそ。

錺屋で、日本髪結うてみはりませんか?

 

錺屋女将・涼子

山鉾巡行、イノダで〆る

2019 年 7 月 17 日 水曜日

 

17日は祇園祭・山鉾巡行

梅雨空が続いていたので心配でしたが、昨晩の日和神楽の甲斐あって、晴れ間がのぞきました。

今年は12時に、三条×新町で待ち合わせ。まずは西側で待つ。

ちょうど良く先頭・長刀鉾さんがいらっしゃいました。

ぎし、ぎし、と軋む音が近づいてくると、緊張感が高まります。

 

IMG_7704

 

新町通は道幅ぎりぎりで、轢かれるんじゃないかというスリルが味わえますが、

お稚児ちゃんは新町御池で降りちゃうので、見られません。

生き稚児ちゃんが見られるのは綾傘鉾のみです。

あと山のご神体は向きがあるので、東に陣取るか、西に陣取るかで、

あたりはずれがあります。

 

IMG_7726

 

今度は東側、すこし三条を上がって待つ。

やってきました月鉾さん!

曳き手さんのはっぴ、いつもながら可愛いです。

私が男なら、ぜったい曳き手応募するのに!(実は公募なんです)

 

IMG_7731

 

電柱ぎりぎり、他の鉾が接触して後退りしたりもしちゃう中、

最重量級なのに、なぜかいつも涼しい顔ですーっと巡行します。

このあと、新町×姉小路の交差点を下がったところに移動しました。

狭くて軽くS字になっている難所。車方さんの業前が見もので、ここだけピリッとした空気が流れます。

鉾を見上げたいところをぐっと我慢して、ここではぜひ車方さんに注目してみてください。

 

IMG_7734

 

鉾の後ろ姿は、なんだか寂しげ。

一基一基、お見送り、

お別れを告げていく気分。

町内に戻ったら巡行中に疫神を引き受けた山鉾を即座に封印するため、あっという間に解体されてしまいます。

また来年ね、厄と疫病吸い取ってくれてありがとう。

 

IMG_7749

 

巡行のあとは三条烏丸西入ルの李朝カフェ、素夢子古茶家 (ソムシ・コチャヤ、通称ソムシ)へ。

お酢たっぷりの韓国冷麺を。

 

IMG_7753

 

冷たいぐみぐみした麺が疲れた体にしゅむ。。。

籠バッグを買い漁るあゆみさん。

 

IMG_7763

 

コーヒーでも飲んで帰ろうか、とイノダコーヒー本店へ。

本店にはインコが居るって知ってました?

 

IMG_7802

 

可愛い可愛いと、嬉しそうにながめるあゆみさん。

眠たそうなインコが3羽いました。

 

IMG_7775

 

いつものアラビアの真珠を飲むと、

なんやしらんほっとします。

 

IMG_7788

 

先祭の〆、おつかれさま。

次は後祭やね。

 

錺屋女将・涼子

山を巡る宵山

2019 年 7 月 16 日 火曜日

 

今年の祇園祭は梅雨まっしぐら。

雨の合間をぬって楽しんでまいりました。

宵山には、中学3年生から欠かさず行っているのですが・・・

ちょっと歩行者天国の人の多さがつら~くなってくるお年頃。

 

IMG_2382

 

そんな私たちにやさしいのが、端っこのほうにある小さめの山。

こちらは、油小路通にある太子山(たいしやま)。

 

IMG_0520

 

夕方に行くと、人も少なく雰囲気もよろしいです。

ろうそく一丁献じてみてはいかがでしょうか。

 

IMG_2384

 

こちらは佛光寺通の木賊山(とくさやま)。

細い路地に町家が並び、大通りとは異なった趣が。

暗くなってからも美しいですが、せっかく浴衣を着て写真を撮るなら、19時までがおすすめです。

 

IMG_2385

 

有名な杉本家住宅の前、綾小路通にある伯牙山(はくがやま)。

19時が近づき、人が多くなってきたので・・・一旦退散!

このあと21時頃までがいちばん混み合います。

 

IMG_2386

 

21時を過ぎ、空いてきた四条通へ再びやってまいりました。

月鉾など人気の鉾を一通り鑑賞。

 

IMG_7686

 

時々通る日和神楽を見送り、明日(山鉾巡行)の晴天を願いました。

 

IMG_7695

 

22時頃から順に提灯が消え、落としていきます。

提灯のついた山鉾とは今夜でお別れ。

ちょっぴり寂しいけど、明日の晴れ舞台にそなえ、ゆっくり休んでください。

 

錺屋女将、涼子

灯籠鬢*とうろうびん

2019 年 5 月 30 日 木曜日

 

結髪師の聖子さんによる、錺屋での髪結い遊びの会。

今回あゆみさんと私がなりきったのは江戸時代のお嬢さんと、お箏のお師匠はん。

 

IMG_5875

 

あゆみさんの髪型は地毛結い、灯籠鬢(とうろうびん)の島田髷。

両鬢にクジラのひげで作った鬢差しを入れ、灯篭のように、

毛筋から向こうがうっすらと透けて見えるという、大変に繊細で妖艶で、芸術的な髪型。

 

IMG_5881

 

江戸中期に祇園で誕生したと言われ、大流行しました。お洒落過ぎます。

そう、いままで結うた日本髪とちごて、ふわふわ動くので、

高枕で一晩持たせるとか、そういうレベルじゃない。

1日のためにこれを結うって・・・お洒落が過ぎます。

 

IMG_1109

 

浮世絵から出てきたみたいに美しく、思わずうっとり。

聖子さんたら、超絶繊細なつくりの本鼈甲の櫛やかんざしを挿していました。

そしてこのアンティークの水色の振袖を江戸時代らしく、ぐずっと着付け。

妖艶な紫と赤の半襟・・・本気が過ぎます。

 

IMG_6041

 

今回は、撮影のため車で移動。

夕方、少し人の少なくなってきた今宮さんへ。

 

IMG_6164

 

創業400年のほうの「錺屋」さんへ、あぶり餅を食べにまいりました。

 

IMG_6131

 

久しぶりにいただいたけどうんまーい!

(お茶と駐車券付きで500円て神やろ)

 

IMG_6109

 

ちなみに私の髪型は、京風の潰し島田で、半かつらでございます。

 

IMG_6210

 

今宮さんもお参りしました。

あゆみさんほんまに女優さんみたい。

 

IMG_6226

 

続いて御所へ。

江戸の城下町に見えてきませんか?

 

IMG_6234

 

室内も妖艶で良いけれど、

空の下で見る灯籠鬢も美しい。

 

IMG_6245

 

ほなおうちにかえりまひょ、ごっこをしたりして。

 

IMG_6295

 

この格好のまま定食屋さんに入ったりして、

3人で1日たっぷり遊び、

ほんまに楽しゅうございました。

日本髪結うてみたいひと、いはらへんやろか。

 

過去の聖子さんとの髪結い会はこちら*
    ↓↓↓
第一回目:錺屋にて銀杏返し 第二回目:錺屋にて洋髪 第三回目:月屋にて大正時代の御婚礼

 

錺屋女将 涼子

ページエンド