kyoto guest house kazariya

‘かざりや日記’ カテゴリーのアーカイブ

百はなちゃんのうちわ

2020 年 7 月 24 日 金曜日

錺屋のキッチンがモデルの漫画
『舞妓さんちのまかないさん』
14巻が届きました♡
先日梅干しと、冷やし中華の動画撮影をしたので、
偶然でびっくりしました。
季節がまわって、作中とぴったり合ったんですね。
好評発売中→https://shogakukan.co.jp/books/09850129

14巻の表紙をみて、とうとう注文してしまいました。
百はなちゃんの、京丸うちわ。

京都の花街では、夏の挨拶に舞妓さんや芸妓さんが、
お得意先へと、名入りのうちわを配る風習がございます。

さすが、うちわの作りがええですね。
◎こちらの小丸屋住井さんで注文できます◎


うちわがあると、百はなちゃんが訪ねて来たような、
そんな気配が漂います。

錺屋女将
涼子

私の祇園祭

2020 年 7 月 14 日 火曜日

今年の祇園祭は自粛。
とても寂しいし、夏がきた気が致しません。

こんな時やからこそ、厄除けはちゃんとしとかなあかへん。
家内でも祇園祭の気分は少し味わえます。

7月中に飾る、厄除けの花、檜扇。
最近手に入れた、小ぶりな薄端に挿してみました。

水面がなんとも涼しげで・・・暑さを和らげてくれます。
そして、厄除けちまき。
今年はちまきのみ販売しているところ、オンラインで購入できるところ、
自粛しているところ、と山鉾によって異なります。

今年は商売繁盛の願を掛け、菊水鉾のちまきを。
梅夜のきむさんが買うてきてくれました。
厄除けほんまに、たのんます!

 

 

ゲストハウス錺屋
女将 涼子

梅しごと

2020 年 7 月 6 日 月曜日

今年は錺屋で、あゆみさんと梅しごとをしました。
まんまるで可愛い2キロの青梅と、5キロの完熟梅。

届いてから三日くらい経ったので、青から黄色に変わりつつある梅たち。
丁寧に洗って、乾かします。

竹串て、梅のおへそをとっていきます。
黙々と手仕事するのが大好きなあゆみさん、終わる頃にはへそとり名人の称号を授かるほどに。

残った水気を拭き取っていきます。
綺麗に並べすぎ。

青梅の方はひと瓶ずつ、梅シロップと梅酒にします。
焼酎で滅菌した瓶に、
梅・氷砂糖・梅・氷砂糖の順に重ねていきます。

瓶に氷砂糖が、コロコロ、カラカラと入っていく音が、
とても涼しげで、癒されました。

ホワイトリカーがなかったので、ブランデーで梅酒に。

瓶もレトロで可愛いですよね。アデリアの復刻版です。おすすめ。
さてお次は完熟梅で、梅干し作り。

やさしいオレンジ色で、プラムのようあまい香りがします。
この香りも、お届けできたら良いのに・・・

梅、粗塩、梅、粗塩と重ねていきます。
こちらも二瓶に分けて。

あとは封をして冷暗所で寝かせます。
骨董の壺に漬けたので、すでに梅干し感が半端ない。

この日のことは、私はずっと動画を撮影しながらファインダー越しにみていたので、本当に映画のように思えるほど美しく、尊い時間でした。

梅雨真っ只中の貴重な晴れ間。
錺屋のお庭では、紫陽花が咲いて。
色とりどりの可愛い梅たち。
白いブラウスのあゆみさん。
奇跡としか思えません。

 

 

この日の動画は編集して、錺屋のYoutubeチャンネルにUPしました。
10分と少し長いですが、ブログよりずっと空気や音も伝わると思います。
素敵な音楽は、作曲家の西村さんに提供いただきました。
映像に良う合うた、瑞々しい音楽。
本当に、有り難うございました!
これも奇跡としか思えません。

 

錺屋女将
涼子

【錺屋✕泉仙の夕食付宿泊プラン】

2020 年 6 月 28 日 日曜日

\地元応援!京都で食べよう、泊まろうキャンペーン/

京都で食べよう、京都で泊まろう。みんなで地元京都を応援しよう!
というキャンペーンが、この夏京都市全体で開催されます。
多数の飲食店や宿泊施設が、お得な特別プランを用意して参加しています。
京都ならではの豪華な賞品も当たるかも!?とのこと。
特設キャンペーンサイトはこちら→https://www.ouen.kyoto.travel/

錺屋でもお得なプランをご用意致しました。
~夕食は泉仙の仕出しをお部屋でのんびりと~
通常価格和個室2名利用でお一人さま6250円〜のところを2500円OFF!
となり、実質無料で夕食がついてくる!

お部屋食なので洋室や、ドミトリーにはご利用いただけないのですが、
例えば縁側付トリプルルーム夕食付きですと2名様利用で、
8500円/室(5000円OFF)!
例えばツインルーム夕食付きですと1名様利用で、
7500円/室(2500円OFF) !
となります。

マスク、手洗い、うがい!

夕食は泉仙の仕出しで、軽めのものです。ようさん召し上がりたい方は、お酒やおつまみなど、どうぞご自由にお持ち込みくださいませ。

ちなみにこちらのプラン、泉仙さんのご厚意により、おひとりさまでもご利用いただけます。お籠りにぴったりですね。

ご予約はこちらから。

*ご利用条件*
・京都市民及び市内にお勤めの方が対象 
 ※グループ内に利用対象者が1名以上含まれていれば、
 市外の方にもご利用いただけます。
・2名様以上のご利用の場合は二部屋お取り下さい。(二部屋目は洋室可)
・先着50名さま限定とさせていただきます。
・ご予約は公式ウェブサイトより、キャンペーン利用の旨記載してください。
・前日・当日のご予約・キャンセルは承れません。

京七味を求めて。

2020 年 6 月 25 日 木曜日

先日あゆみさんと、京都で最高の粉山椒を扱うという噂の、
長文屋さん(北野白梅町)へいってまいりました。

その場で辛さを選んで七味を調合してもらえます。
ううん・・・どうなんやろう。
どれが一番人気なんですの?

中辛が一番人気で、しかも山椒率高いんですって。
山椒好きとしては、聞き捨てなりません。

小分け袋で包装してもらえるので、お土産にもぴったり*
北野天満宮(天神さん)方面ですので、ぜひお立ち寄りください。

ついでに、いつも行列のお豆腐屋さん、
とようけ屋山本さんにも立ち寄りました。

お目当の夏の味覚“からし豆腐”は昼からの販売らしく…
おぼろ豆腐と、最近のあゆみさんのお気に入り、カスピ海豆乳ヨーグルトを購入。

レトロな包装紙の方が、七味。
白い方が、紀州産石臼山椒粉。
これが最高と言われるやつで、
いつも売っているわけではないそうです。

早速七味をクンクン。
何やこりゃあ、と香り高さにクラクラしました。

出前をとった招福亭の茶蕎麦「しっぽく」にかけて…
出汁の香りが引き立って、よう合います。
あんまり辛くないから、2、3杯かけちゃう。

「しっぽく」てどんなん?
ってよう聞かれるんですが、招福亭のんは、
分厚い大切りの蒲鉾
肉厚などんこの煮たの
お麩
ほうれん草
海苔。
招福亭はお揚げさんも分厚くて美味しいんですが、
なんでかいつも頼んじゃう、しっぽく。

デザートはとろーんと伸びる豆乳ヨーグルトに、
チェリーと完熟梅を乗せて。

甘くて酸っぱくて、元気が出ました。

 

錺屋女将 涼子

町家のお手入れ、油ひき

2020 年 6 月 18 日 木曜日

錺屋の床の油引きをしました。
女の子ばかり、5人がかりで取りかかりました。

縁側はうすーく、ベンガラ&柿渋を雑巾で伸ばしてから、
油をひきました。

洋室ダブルルームの床は傷がついているところだけ、
ベンガラ&柿渋でトントン刷毛で染み込ませて。

長い廊下は、油のみで。

お庭の緑が反射するほど、艶々になりました。

作業後はおやつタイム。
雨が強くなってきました。

この日、わたしは動画を撮っていたのですが、
みんなの楽しそうだったり、一生懸命だったりする風景が、
尊いなぁと思いました。

編集したので、ぜひ動画でご覧くださいませ。

↓  ↓  ↓

チャンネル登録してくださいね♡

ゲストハウス錺屋

女将 涼子

夏のあじ。

2020 年 6 月 9 日 火曜日

あゆみさんが、まだ温かい膳處漢ぽっちりの「しみだれ豚まん」を
差し入れてくれました。

祇園祭の風物詩…
列もなくいつでも買えるなんてなんてこと。

ああ、祇園祭の味。夏の味。

そろそろ髪結いあそび

2020 年 5 月 31 日 日曜日

非常事態宣言が解除になった5月末日。
せっかくの初夏の色、撮影会でもしたいですね…ということで集まった、
聖子さんとありさ丸ちゃん。
いままでがまんしていたけれど、そろそろいいよねぇ?

聖子さんが日本髪を、 ありさ丸ちゃんが衣装を担当してくれました。
大正時代のふだん着の女性。

ひさしぶりの髪結いあそび。
鬢付け油の匂い。櫛でていねいに撫でてもらう感触。
かけがえのない時間。

日常らしいことを、
とお花を切ったり、手紙を書いたりしました。

うーん、なにから書き始めよう。

世の中コロナでたいへんなことになっているけれど、
あのかたはどうしていらっしゃるだろうか。

ほんまに書きました。

この日、お昼ごはんに噂のMKのタク配 を頼んだのですが、
日本髪と、大きなタクシーとの組み合わせが本当に面白くて。
ありさ丸ちゃんがnoteにまとめてくれたので、ぜひ御覧ください。
【番外編】MKさんにお弁当届けてもらったよ|和顔美人づかんhttps://note.com/wagaobijin/n/ne6dd699261bd

それと、私最近Youtubeチャンネルを開設したのですが、
この日も、水遣りの動画を撮影しました。
編集等未熟ながら、こちらもぜひ御覧くださいませ。

和顔美人づかんも宜しくお願いいたします。

 

 

錺屋女将
涼子

錺屋女将のとある日常

2020 年 5 月 26 日 火曜日

女将さん、Vlog撮りましょう。
ある日、ありさ丸ちゃんが声をかけてくれました。
休業を利用して、なにかPRできないか。
錺屋の雰囲気とVlogが合っているのではないか。
そんな有り難い提案をしてくれたので、動画の撮影会が実現しました。

やはりキッチンが人気の場所なので、お料理するVlogがいいかなぁと。
せっかくやから漫画「舞妓さんちのまかないさん」に出てくるやつ。
というわけで、フレンチトーストを作りました。

エプロン選んで、きゅっとしめて。
手をよーく洗って。
料理動画とは異なり、ひとつひとつ丁寧に風情を綴っていきます。

卵を割る音、ホーローのボウルがカシャカシャいう音。
写真と文字とのブログとは、まったく別の方向からの情報が伝わってくる。

コンロに火をつけて、温まった鉄のフライパンにバターを落として。
じゅわわわー。
いい香りがじゅんと広がって・・・

フライパンとフライ返しの擦れる音。
日常にこそ風情は溢れている。

そう、ただ作って食べるだけなんですけど、ありさ丸ちゃんの感性でかわいいVlogに仕上がっているので、ぜひお時間のある時にゆっくりご覧ください。

錺屋の、春の空気、風、音、匂い。
みなさまにお伝えできたら幸いです。
シリーズ化できたらいいなぁ。
すぺしゃるさんくす!ありさ丸ちゃん♡

錺屋女将
涼子

お結びランチ

2020 年 5 月 1 日 金曜日

がらくた市で買うた、
江戸時代の染付皿の修復、金継ぎが完成しました。

盛り付けてみたい・・・(うずうず)

というわけで、縁側ランチ。
筍ごはんの、まんまるお結びと、若竹煮。
いちごとぶどう。

うつわがええと、豪華に見えますなぁ。
このそば猪口も、小鉢にしたり、
湯呑みがわりにしたり、重宝します。
コーヒー飲むのにもいいサイズ。

なによりのおかずはこの青々としたお庭。
「いただきます!」

錺屋女将
涼子

ページエンド