kyoto guest house kazariya

錺屋女将、涼子のブログ

ゲストハウスプレスVol.19は錺屋特集!

2018 年 1 月 12 日

 

ゲストハウスプレスをご存じでしょうか?

まずは体験ありき、というスタンスでゲストハウスやその街の魅力を編集長自ら体験。

その後フリーペーパー・ WebサイトFacebookページ

の3方向からそれぞれの特性を活かした記事づくりを行い、

「あたらしい旅のかたち」を発信されています。

サポーター制度などの支援のみで、広告料はとらず、あくまで取材・・・

身銭を切っての発信に、以前より深く感服いたしておりました。

そして昨年秋、なんと・・・錺屋への取材依頼を頂きました!

 

DSC03189

 

**取材中の1ページ 写真提供guesthouse press

ゲストハウス過密地域である京都で、ええお宿がいっぱいある中恐縮なのですが、

錺屋を選んで頂いたこと、光栄の至りでございます。

 

IMG_1501

 

フリーペーパーは、

全国のゲストハウスやカフェ等に配布しているA5サイズのリーフレットで、

毎号ひとつの宿を独占特集、オーナーへのインタビューを中心にご紹介されています。

今回も編集長・西村さんにご宿泊いただき、初日はスタッフも一緒に女子トークして、

2日目は私個人とじっくり・・・2日にわたってのありえないくらい丁寧で濃ゆい取材から、

こんな素敵な記事に仕上げていただきました。

 

IMG_1503

 

錺屋への熱い愛をお話させていただきましたので、

ぜひ1部記念にお持ちいただけましたら嬉しいです*

ちなみに京都での配布場所は錺屋Lenピースホステル三条さん!

 

DSC03403

 

編集長・西村さんは、めっちゃ面白くてパワフルなお姉さんで、

元気や、気付きを沢山いただきました。

しかも取材・撮影・編集・デザインまですべて一人でこなされます。

ほんと凄い・・・だからこそ予算を抑えられるっていうのは、

ゲストハウスにもちょっと似ている。

表紙用の写真撮影で、貴重なスタッフ集合写真を撮っていただいたのも、

嬉しかったです。いい写真だ*

西村さん、本当にありがとうございました!

 

DSC03383

 

**取材中の1ページ 写真提供guesthouse press

★ゲストハウスプレス公式HP/最新号Vol.19錺屋特集記事はこちら★ ←ぜひご覧ください**

 

ゲストハウス錺屋

女将

上賀茂さんへ初詣

2018 年 1 月 5 日

 

お正月のばたばたも落ち着き、

よおし、そろそろ行こうかな・・・初詣。

今年はちょっと遠いけど、上賀茂さんへ行ってみよう!

 

IMG_1871

 

錺屋から上賀茂神社へは、五条駅(京都駅からも同様)より地下鉄で11分、

北大路駅下車からバスに乗り換えがお勧めです。

初詣の期間中のみ、

北大路バスターミナルより100円参拝バスがでております。

京都市内では珍しく、大きな駐車場もございますので、車もお勧めです。

アクセスはこちら

 

IMG_1815

 

というわけでやってまいりました、京都最古の神社、上賀茂さん。

さっそく可愛い神馬さんがお出迎え。ちろい♡

残念ながら神馬さんには話しかけられません。

 

IMG_1814

 

しかし黙って、人参をあげてもよいそうです。

お皿をしっかり持って放さないで、といわれました・・・が、

予想以上にがっついて来はったので、奇声をあげてしまいました。

お静かに。って2回も書いてあるのに。

神馬さんすみませんでした。

 

IMG_1841

 

お正月は1月5日まで、普段は入れない、国宝の本殿前で参拝できます。

そこで八咫烏みくじと、馬みくじと、干支のわんこみくじがあって、

可愛さを競わせてきましたが、

八咫烏みくじを引きました。

引いた、というより一番目がつぶらで可愛いやつを選びました。

 

IMG_1822

 

ちゃんと3本足、お腹には上賀茂さんの御神紋、二葉葵が。

おちりの穴から紐を引いて、きゅーっと丸まったおみくじを出します。

 

IMG_1824

 

ひょい!

大吉やー!! 積極的に出て幸運あり!

 

IMG_1827

 

上賀茂さんは、下鴨神社平安神宮伏見稲荷八坂さんなど、

人気の神社と比べると、

立地のせいもあり初詣参拝者数が少なめだそうです。

さすがに元旦は混むでしょうけど、

その後は落ち着いて参拝できるのも魅力ですね。

 

IMG_1836

 

 

北の端にある上賀茂さん、街中とはちがい神聖な空気が流れています。

境内を流れる小川には、夏に蛍が飛ぶんですよ。

それに私の好きな、すっっっぱいおつけもん、

すぐき漬けは、上賀茂さん発祥と言われていて、

周辺の畑で栽培されています。

すぐき漬けや、名物やきもちはぜひお土産に。

 

賀茂別雷神社 住所〒603-8047 京都市北区上賀茂本山339

 

 

ゲストハウス錺屋

女将

今宮さんの破魔矢

2018 年 1 月 2 日

 

一月二日。

スタッフはひとり、またひとりと仕事始め。

今年もあゆみさんが、フロントに飾る

今宮神社の破魔矢を持って、アンティークのお着物で出勤してきてくれました。

家内安全と、商売繁盛祈願。

絵馬は干支のわんこさん。

 

IMG_1674

 

今年1年間玄関にて魔除けのほう、

よろしゅうお願いします!

 

IMG_1680

 

おまけ。

あゆみさんに似てると噂の、陶器のわんこさん。

新年早々可愛いよ、可愛いよと連呼して、

今年も安定のあゆみぃ専属カメラマンになりそうです。

 

ゲストハウス錺屋

女将

迎春のご挨拶

2018 年 1 月 1 日

 

明けまして、おめでとうございます。

晴れ間も見え、なんとも清々しい元旦!

新年に合わせ、

暖簾も洗いと染め直しに出し、真っ白になって戻ってまいりました。

 

IMG_1624

 

元旦の今日、まっさら新品の一年を与えられ、

どんな風に使ってもええんやで、と言わはる。

せやなぁ・・・

 

IMG_1546

 

思いっ切り、

錺屋での一年、春夏秋冬を楽しみ尽くしたいかなぁ。

冬はさぶう言いたいし、夏はあっつ言いたい。

節分には太巻きかじりたいし、

夏越祓には水無月たべたい。

常連さんにもいっぱい会いたい。

 

IMG_1613

 

今年の3月で9周年を迎え、錺屋はとうとう10年目に入ります。

節目を迎えるに相応しい、実のある一年にしたい。

例年と変わりなく見えるかもしれませんが、

ひそかに強火で炊いていきたいと思います。

 

IMG_1625

 

年賀状でご挨拶できなかった皆さま、

旧年中は錺屋にお越し頂き、また応援を頂き、誠に有難うございました。

本年も変わらぬご愛顧をいただけましたら幸いです。

皆さまのご健康とご多幸をお祈りしております*

 

ゲストハウス錺屋

女将・上坂涼子

 

2017年、大晦日

2017 年 12 月 31 日

 

とうとう大晦日です。

今年も残すところあと数時間。

2017年は、流れが完全に変わった、という印象の年でした。

民泊ブーム、ホテル・ゲストハウス建築ラッシュ。

町家がどんどん宿になっていった1年。

旅行者の方には選択肢が増えて良いのかもしれませんが、

京都に暮らす人は、町家を選べなくなる。

同業ながら、「住める街・京都」が脅かされるのではないか、と不安に感じました。

 

どこへ行き着くのか、

来年はどんな年がやってくるのか。(遠い目)

 

IMG_1540

 

しめっぽい話は置いといて、

まぁ見てくださいこの可愛いお鏡さん!

柿串乗せられてるんですよ*

通常より小さい、五つ並びの柿串は、よく見ると一つ、三つ、一つに分かれていて、

「ひとりひとり(1個1個)が、皆(3個)しあわせに。」

という数合わせによる、家内安全・健康祈願の意味があるそう。

可愛いから乗せられてるわけではないんです。

 

IMG_1545

 

今年も多くの皆さまのご愛顧をいただきまして、

本当に有難うございました。

「変わる」「変わらない」

時代がどうあれ、それは私たちが選べること。

「変わりたい」と「変わらざるを得ない」は、全然質が違う。

いつか変わりたくなったら、変わろうかなぁ。

 

私たちの守るこの場所が、

いつまでも変わらず、皆さまの心地良い家でありますよう願っております。

それでは皆さま、寒いので暖かくして、

どうぞ良いお年をお迎えください。

 

ゲストハウス錺屋

女将・上坂涼子

 

お飾りつけて*

2017 年 12 月 30 日

 

前回ついた鏡もち用のおもちが、やっとかたくなってきたので、

重ねてお鏡さんに。

 

IMG_1534

 

世界最大級の柑橘、晩白柚(ばんぺいゆ)のせいで、

お鏡さん小さくみえる問題が発生。

どないしよかなぁ。

ちなみに、干支のわんこさんはあゆみさんの私物。

 

IMG_1521

 

玄関先には根引き松(京都の門松)をコンコン打ちつけて。

今年はしめ縄も、稚拙ながら自作してみました。

どちらも「ここはええとこどすえ、ここ、こっから入るんどすえ、歳神さん」という目印なので、

少し手をかけて、歳神さんにアピール。

 

IMG_1528

 

頑張って大掃除もしたんだもの。

こんな(宿泊業過当競争の)時代だからこそ、

ぜひともお越しいただきたいんよ!

鏡餅の上でくつろいで、帰るの忘れて延泊して欲しいんよ!

 

IMG_1527

 

今日はあゆみさんの仕事納めでした。

今年もお世話になり、ありがとうございました。

良いお年を。

 

ゲストハウス錺屋

女将

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

お鏡と、餅花づくり

2017 年 12 月 29 日

 

*前回のブログ続き・丸もちを一五〇個まるめた後、

3回目の餅こねが終ると、手早くお鏡さんに取りかかります。

あゆみさんが錺屋の分、私が月屋の分を仕上げました。

そして少量取り分けて紅色をまぜ、餅花用の紅もちをこねます。

 

IMG_1417

 

さぁ、各自餅入りのお椀と手水を持って、

餅花づくりはじめ!

 

IMG_1445

 

葉っぱをとってあるしだれ柳の枝に、

小さく丸めた紅白のおもちを、紅・しろ・紅・しろになるようつけていきます。

 

IMG_1459

 

今年は初挑戦の月屋スタッフのしょうちゃんや、

宿直のみやびちゃんとジェジェちゃんにも手伝って貰い、

女5人がかりで仕上げました。

 

IMG_1470

 

今年は柳が短めだった代わりに、お餅いっぱい!

可愛く出来上がりました*

 

IMG_1479

 

お鏡さんもこの通り。

早速飾りたいけれど、やわやわなので、1日がまん!

 

IMG_1475

 

お正月飾り用の根引き松や、千両、南天など、縁起もんのお花など、錦市場の買い出しも、

混むので早めに行ってきました。

 

IMG_1273

 

そしてお節の準備。

新しい年を迎える準備が、ひとつ、ひとつと済んでゆき、

気がつけば今年も指折り数えるほど。

 

ゲストハウス錺屋

女将

28日は餅つきの日

2017 年 12 月 29 日

 

毎年恒例の錺屋もちつき。

28日は末広がりの8が付いている事から、

縁起がよいとされています。

 

IMG_1295

 

餅つきに欠かせない餅とり粉と、きな粉。

きな粉なのに緑色、そうたくんの東北土産のうぐいすきな粉!

一晩吸水させた羽二重の餅米の水を切り、

餅つき機で30分蒸して、10分こねる×3セットやりました。

 

IMG_1301

 

鏡餅・餅花・月屋の朝ごはんのお雑煮用・スタッフ新年会用のお餅・・・

で、三升です。

 

IMG_1349

 

さすがに5年目のふたりと、アシストそうたくん。

手早い連携プレーで、お雑煮用丸餅をまるめていきます。

 

IMG_1352

 

小さいほうが可愛いですからと、あゆみおばあちゃんが小さく餅きりするので、

一五〇個できました。

 

IMG_1375

 

二升のお餅はほぼ4キロなので、六十個とれる計算だったのですが、

一五〇個。

ようけでけました!やったね!

 

IMG_1405

 

柔らかいうちにさっそく試食。

あぶるとぷくーって、ぷくー可愛い!

 

IMG_1497

 

うぐいすきな粉・こしあん・おろしポン酢・なっとう

でいただきました。

やはり市販のものとは大ちがい。お雑煮楽しみだなぁ*

 

IMG_1333

 

そして餅花とお鏡さん用のお餅を蒸している間に、

柳をスタンバイ。

(*この餅花専用のしだれ柳はこの時期だけお花屋さんに売っています)

餅花づくりは次のブログで→★後編に続く

 

ゲストハウス錺屋

女将

 

落ち葉の山

2017 年 12 月 23 日

 

錺屋は絶賛大掃除週間中!

庭一面真っ赤に、ふかふかと積った紅葉の葉っぱ・・・

枯れて茶色くなってきたので、

あゆみぃ軍曹が集めてくれました。

 

IMG_1147

 

落ち葉の山、といえば・・・芋。

焚き火したくなりますねぇ。

 

IMG_1231

 

まんまるの山にするのにこだわりました。

 

IMG_1233

 

軍曹自信作を前に、

変態仮面で記念撮影。

 

IMG_1250

 

落ち葉の山、可愛いのでしばらくそのままに。

 

IMG_1223

 

ゲストハウス錺屋

女将

大掃除週間はじまりました

2017 年 12 月 20 日

 

年末に向けての恒例、

始りました、錺屋大掃除。

割烹着で武装した、あゆみぃ鬼軍曹による過密なスケジュールが、

1週間分組まれました。

ええもう、クリスマスも関係なく、28日の餅つきの日まで毎日です。

 

IMG_1171

 

大掃除には「掃き清める」ところから、

この一年間の厄や穢れを祓うという意味もあり、

普段見えへんとこまで掃うことで、その人自身の心の見えへんとこまでも祓えるのだそう。

たしかに大掃除て、すっごく疲労してもすっきりする。

 

IMG_1176

 

新年には気持ち良く、八百万の神様にぎょうさん来てもらう為に、

手はぬけまへん。

 

IMG_1179

 

閑散期だの、過当競争だのぼやいてないで、

こんな時だからこそ、心を込め大掃除したら、

来年はもっとぎょうさんご利用頂けるんちゃうかなぁと、

思て頑張ります、鬼軍曹様!

 

IMG_480

 

玄関の山茶花も咲いてきました。

お正月は、より華やかになりそうです*

 

ゲストハウス錺屋

女将

ページエンド