kyoto guest house kazariya

錺屋ブログ

平旅籠ひばりオープニングパーティ!

2017 年 8 月 2 日

 

先日涙涙で錺屋スタッフ卒業した翼さんが、

女将をつとめる「平旅籠ひばり」のオープニングパーティに招待してもらいました*

 

IMG_8959

 

見違えるように美しくなったひばりちゃん外観。

どんなお宿になったかは、また後日。

 

IMG_9192

 

数え切れないほどのお祝いやお花でフロントがいっぱい*

たくさんの人の手が関わったお宿と、その人たちが集まったパーティー。

楽しくないはずがなく・・・!

見事に盛大なパーティーとなりました。

 

IMG_9182

 

錺屋月屋スタッフもお手伝い。

コスちゃんがケータリングで大皿料理を用意。

あゆみさんは割烹着を着て小料理屋女将に。

 

hibari-op

 

京都らしく、手作りのおばんざいが並びました。

来てくれた人へのおもてなし・・・感謝の気持ちが伝わりますね♡

 

IMG_9204

 

館内と同時に、ガレージ奥では屋外BBQ!

京都市内なのに!駅近なのに!

市場の近くということで、近隣に民家がないため、こんな自由もあるんです。

 

IMG_9190

 

ひばりメンバーはいろいろ大詰めで忙しかったろうに・・・

とっても美味しくて、楽しい夜を、どうもありがとう!

 

→ひばりブログのパーティーの記事はこちら

 

IMG_9188

 

そして早くも女将の貫録が出だしたと噂の、翼ちん。

ひとまずこの半年、本当にほんとーーーにお疲れさま。

そしておめでとう!!

 

IMG_9209

 

錺屋からは開業のお祝いに、

ゲストブックをプレゼントしました。

(Designed by Mesda nu Kyad あやちゃん)

お客様にチェックインしていただく際、はじめにご記帳いただく、

お宿になくてはならないもの。

事務的なんだけど、なるべく事務的にしたくないのよね。

少しでも気持ちよく記帳してもらえたら、

そして沢山のお客様にお越しいただけるよう願いを込めて。

 

IMG_9216

 

完成した平旅籠ひばりのホームページデザインも、

あやちゃんですので、ぜひご覧くださいませ。

ちなみにこのひばりちゃんロゴマークは私が描きました。てへ。

遠目に見ると、ちょっと月屋のマークに似てるのは内緒ね。

 

IMG_9215

 

7月31日には無事、旅館業営業許可もおり・・・

 

\\ 平旅籠ひばりは2017年8月1日、オープンしました! //

 

もう泊まれます!ご予約受付中!

あきらめていた人気の日程も早いもの勝ちかも?!ぜひお問い合わせくださいませ*

 

IMG_9196

 

何度も言うよ、

翼さん、けいくん、そしてしょーくん、本当におめでとう!

 

ゲストハウス錺屋

女将

翼さんの卒業祝宴

2017 年 7 月 27 日

 

錺屋・月屋で5年半もの間、スタッフとして支え続けてくれた翼さん。

スタッフの中でもいちばん頼れる年長さんってイメージで、

残った年少さんたちはちょっと不安です。(私も含む)

8月1日の開業で大詰めをむかえている平旅籠ひばり

の準備で忙しい中、(*翼ちんひばりブログ更新中♪)

卒業祝い&月屋3周年パーティーにチームひばりもかけつけてくれました。

 

IMG_9151

 

あゆみさんとKosたんと、それぞれ何品か持ち寄ろうなんて言っていたら、

もりもりの品数になり、お腹ぱんちくりんになりました。

(みんな心遣いありがと*)

 

IMG_9153

 

月屋3周年祝も兼ねていたので、

月屋の設計士中村くんも着物でお祝いに来てくれました。

 

IMG_9158

 

かんぱーい♪

 

IMG_9162

 

そしてようこそ翔ちゃん!

翼さんの妹の翔ちゃんが、京都に正式に住むことになりました!

もう臨時スタッフではなく、これからも月屋をよろしくお願いします!

 

IMG_9164

 

可愛い娘さんを2人も京都に引き込んでしまいました。

それもこれもご縁というか・・・

ひとところに長く留まることなく、風に乗る旅人翼さん。

まさかこんなに長く京都に居てくれるなんて、これはほんとに貴重なこと。

 

IMG_9174

 

貴重な時間を一緒に過ごせて、

感謝でいっぱいです。

最後まで気遣いのひと、翼さん。

本当にありがとう。

 

一旦飛び立つけど、

そんなの気にしないで帰ってきてね。

錺屋は京都のスタート地点。

ひばりもすぐそこ。

 

翼ちんに幸あれ!(By 錺屋スタッフ一同)

 

ゲストハウス錺屋

女将

後祭宵山、あばれ観音

2017 年 7 月 24 日

 

祇園祭後祭といえば、

有名な北観音山南観音山・そしてまだ白木新築の鉾・大船鉾を含む

全10基の山鉾が見られます。

 

伏見稲荷の本宮祭下鴨神社の御手洗祭がかぶっているせいかもしれませんが、

前祭に比べ格段に人手が少ないので、21日、22日、23日の3日間、

めっちゃゆっくりと楽しめます。

 

IMG_8931

 

こちらは後祭りでいっちばん装飾の豪華な北観音山

ちまきの販売もなし、一般公開せず、ご町内関係者のみ拝観できるという、

 

IMG_9019

 

ちょっぴり敷居の高いイメージを持っています。

今回ご縁で拝観券を頂き、初めて上がらせてもらいました。

 

IMG_9021

 

憧れの特等席から観る北観音山は、

一段と素晴らしい!

観音様も初めて近くで拝見しましたが、思ったより大きく立派で、

御顔が凛々しかったです。

お囃子方で隠れてほとんど見えませんが、

山鉾巡行のときには、乗ってはるんですよ。

 

IMG_9020

 

この廊下をわたって、山に乗り込みます。

あいにく女人禁制、私は乗れませんので、

そらこちゃんにカメラを託しました。

ずっこい!ずっこいわ!

 

IMG_9031 

 

中は2畳くらいで、意外と狭かったそうです。

よく男ばかり20人近くも乗れるなぁ。

下からは涼しげで爽快そうに見えるけど、間違いなく暑くて過酷ですね。

 

IMG_9037

 

こちらはお囃子方の楽譜。

美しい細工。

 

IMG_9032

 

じっとり羨ましそうな目をするわたし。

 

IMG_9043

 

本当に貴重な体験を有り難うございました!

そして南へ、、、

 

IMG_8927

 

宵山(7月23日)の23時頃、

南観音山周辺の新町通りは多くのひとが集まり、異様な雰囲気になります。

 

IMG_8923

 

名物あばれ観音

偶然、浴衣姿のあゆみさんにも会いました。

 

IMG_9061

 

今年は若い衆が多く、観音様が例年より激しくお暴れになったので、

かなりひやひやしました。

 

IMG_9068

 

事前に北観音山の観音様を真近に拝見していましたので一層、

くるまれているとはいえ、大丈夫か?!と妙な不安がつのりました。

 

IMG_9069

 

笑っちゃわるいんだけど・・・笑っちゃう。

観音様を納めて、提灯をはずし、明日の準備。

長い夜が更け、明日も早くから山鉾巡行

山鉾町に生まれるのことには憧れがあるけども、

じっさいは大変なんだろうなぁ・・・

 

 

ゲストハウス錺屋

女将

 

山鉾巡行2017

2017 年 7 月 17 日

 

17日は祇園祭山鉾巡行

今年は3連休最終日の祝日でしたので、

地元の人だけでなく多くの観光客で賑わいました。

今年は新町通り六角下がる、吉田家住宅(無名舎)のナナメ向いにスタンバイ。

11時半から白線の内側、一番前の場所取りしました。

 

IMG_8823

 

幸い晴れたけど・・・暑う。

やっと先頭・長刀鉾はんが登場!

ぎし、ぎし、と軋む音を、お囃子がかき消していきます。

待ってました!とばかりに沸く老若男女。

 

IMG_8829

 

500年前からの町内のアイドルを、

こんな間近に見られるなんて!

痺れました。

 

IMG_8832

 

新町通は道幅ぎりぎりで、スリルが味わえますが、

お稚児ちゃんは新町御池で降りちゃうので、見られません。

生き稚児ちゃんが見られるのは綾傘鉾のみです。

 

IMG_8838

 

あと山のご神体は向きがあるので、東に陣取るか、西に陣取るかで、

あたりはずれがあります。

伯牙山はあたりでした。

 

IMG_8842

 

こちらは函谷鉾

鉾の名は戦国時代・斉の孟嘗君が秦の国門函谷関で、

食客に鶏の鳴声をまねさせて関門を開かせ難を逃れたと言う故事

「鶏鳴狗盗」にちなんでつけられているので、

よく見ると鶏さんがいっぱい。

錺屋の玄関の厄除け粽も、毎年函谷鉾です。

 

IMG_8844

 

突然巡行がストップし、傘が立てられ、何事かと思ったら、

4年前に復元新調した太子山の「荷(にない)茶屋」。

吉田家住宅の吉田さんに、ガラス茶碗でお茶が振舞われました。

 

IMG_8851

 

荷茶屋は、てんびん棒で担ぐ二つの箱の中に風炉釜や水差し、

茶わんなどを入れたもので、

江戸時代は山鉾巡行の間に茶席を設けお茶を振る舞ったとされています。

重たそうだけど、かっこいい!

 

IMG_8854

 

そして月鉾

曳き手さんのはっぴも可愛い♡

 

DSC04359

 

今年かき手を全員外国人で揃えてきた白楽天山

長丁場の終盤なのに、ドヤ顔を崩さないみなさんが微笑ましかった。

 

DSC04392

 

こちらは商売繁盛の御利益がある、菊水鉾

65年前に復興した、新しめの昭和の鉾です。

 

IMG_8890

 

装飾も豪華。

屋根が丸っこくて特徴的ですね。

 

IMG_8891 (2)

 

鉾の後ろ姿は、なんだか寂しげ。

一基一基、お見送り、

お別れを告げていく気分。

 

IMG_8887

 

さようなら、また来年。

 

ゲストハウス錺屋

女将

【祇園祭】ちらっと宵宵宵山

2017 年 7 月 14 日

 

仕事上がりにあゆみさんと、

ちらっと宵宵宵山へ行ってきました。

17時半くらに錺屋を出発し、

新町通りと室町通りの呉服屋さんバーゲンをのぞきながらの鉾見学。

 

IMG_8794

 

キリン一番搾りの祇園祭限定缶を片手にプシュッとね!

夕方は混雑していないので、おすすめです。

 

IMG_8798

 

昨夜は準備中だった蟷螂山

さっそく列のできていたからくり仕掛けのカマキリみくじ

お社から出る1~100番までの玉をかまきりが動いて運んでくれるというもの。

せっせと働く健気なカマキリと、

玉の番号どおりのおみくじを探して渡してくれる浴衣姿の子供。

並ぶお客さんは大人ばかりっていう(笑)

 

IMG_8810

 

ちょうど四条傘鉾のお囃子がはじまったので、

しばらく聞き入りました。

今日は四条通が歩行者天国になりませんので、

このすぐ横を車が走る不思議な光景。

 

IMG_8816

 

特にこの、19時前後のトワイライトタイムの山鉾は本当に綺麗です。

四条通の三基の大型鉾を遠目に日の暮れる様は、

うるっとするほどです。

 

IMG_8751

 

明日は18時より大規模な交通規制が入りますので、

バスではなく地下鉄の利用をお勧めいたします。

(※錺屋は地下鉄五条駅より徒歩3分)

 

京都市バスの路線変更について★

 

ゲストハウス錺屋

女将

【祇園祭】しみだれ豚まん

2017 年 7 月 13 日

 

今日は夕方から浴衣に着替え、

からんころん歩いて祇園祭に行ってきました!

こちらは錦小路通室町西入の霰天神山

そのすぐ裏にあるのが・・・

 

IMG_8729

 

ここ数年人気爆発で大行列が常の、

膳處漢ぽっちり・祇園祭限定しみだれ豚まん

販売初日の今日やったら、並ばずすぐ買えました♪

 

IMG_8735

 

見たことないくらい大きな蒸籠に並ぶ、

手のひらサイズのしみだれ豚まん。

そうそう、これこれ、祇園祭の味。

 

IMG_8741

 

豚まんが方言だと知ったときはショックでした。

関西では肉といえば牛肉をさすので、

豚まんと呼ばれるようになった説があるそうですが、

たしかに肉うどんとか、

お好み焼き(肉入り)とかはまちがいなく牛肉です。

 

IMG_8747

 

そらこちゃんええ顔しとる 笑

話が豚まんにそれました、祇園祭に戻しましょう。

こちらは月鉾

ちまき、うちわ、手ぬぐい等を買えば無料で月鉾に上れます。

宵々山、宵山あたりには長蛇の列となりますので、

鉾見学はお早めに。

 

IMG_8714

 

一部の山を除いて、

ほとんどの山鉾の提灯に灯りがともり、お囃子も演奏されますし、

何より空いていますのでおすすめなのが13日。

14日になれば少し人が増えますが、夕刻ならましですね。

18時から19時あたりの鉾は本当に綺麗です。

 

IMG_8711

 

そこらの呉服屋さんが、浴衣のバーゲンをしていて、

最近は購入で着付け無料なんてやってはりますから、

レンタルよりもお得かもしれません。

ぜひ浴衣をお召しになって、お祭り気分を楽しんでください*

 

 

ゲストハウス錺屋

女将

【祇園祭】神輿洗い

2017 年 7 月 11 日

 

7月も早10日。

長刀鉾、函谷鉾、菊水鉾、鶏鉾、月鉾と、

大きな鉾の鉾建てがはじまりました!

 

IMG_8576

 

幸い雨にも苛まれず順調に、

初日の夕方にはここまで建ちました。

祇園祭ていっつも雨やんて思うけど、

そもそも疫病除けのお祭りやからそれはしゃあない。

 

IMG_8570

 

【祇園祭前祭の山鉾建開始日スケジュール】

 

7月10日 長刀鉾・函谷鉾・鶏鉾・菊水鉾・月鉾
7月11日 放下鉾・船鉾・岩戸山
7月12日 保昌山・山伏山
7月13日 占出山・霰天神山・郭巨山・伯牙山・芦刈山・油天神山
・・・・・・・木賊山・太子山・白楽天山・綾傘鉾・蟷螂山
7月14日 四条傘鉾・孟宗山

 

こちらのサイトに開始時間が掲載されています→各山鉾町の行事日程

 

IMG_8564

 

そして今日は神輿洗式でございました。

夕刻の寺町商店街にこだまする函谷鉾のお囃子・・・

お迎提灯に遭遇!

 

IMG_8584

 

お迎提灯は祇園祭の神輿洗を迎えるための行事で、

祇園囃子のあとにはお子さま鬼武者とか、お子様しゃぐまとか、

鷺舞とか、お馬たんに乗った御稚児さんとか、

それはそれは可愛い(仮装)行列なんです。

 

IMG_8599

 

四条大橋の上で、松明にも遭遇。

そして鷺舞ちゃんの後姿が可愛い。

 

DSC04170

 

東華菜館と、かぶっちゃって分かりづらいですが、

松明を立ててー!立てて-!ってしてるとこです。

 

DSC04179

 

松明といっしょに八坂さんまで歩きました。

けっこう火がおおきいためか、八坂さんの火災警報が鳴っててちょっと笑けた。

 

IMG_8613

 

今年は八坂さんの石階段の上で、

御神輿を待ち伏せしてみました。

少し遠いですが、高いところは見晴らしがよく涼しいです。

そして車のいない四条通、壮観でした。

映画みたいで格好良かった。

 

IMG_8626

 

八坂さんから出た御神輿が、

ほいっとーほいっとーの掛け声で、四条大橋まで担がれていきます。

鴨川の水で清められて、また戻ってきた御神輿。

 

IMG_8656

 

八坂さんの前で、

高く上げて、威勢良くほいっとーほいっとーします。

 

IMG_8669

 

御神輿が南楼門から八坂さんに戻っていきますので、

すかさず正面の西楼門より追いかけ本殿へ。

 

DSC04248

 

ここでも2周ほいっとーほいっとーして、

舞殿におさめ、3基揃うと飾り付けをします。

 

DSC04295

 

ここでもまた鷺舞などの踊りが披露されます。

人が多くて見えんかったです。場所取りが大事みたい。

鷺ちゃん遅までよう働くなぁ。

 

IMG_8699

 

この御神輿は、山鉾巡行(7月17日)の後、

夕刻の神幸祭で渡御します。

 

祇園祭についてはこちら*

 

ゲストハウス錺屋

女将

 

 

【女子旅】伊根と宮津へ

2017 年 7 月 9 日

 

京都縦貫道が出来てから、

丹後がとても身近になりました。

錺屋のある烏丸五条から、五条通をただまっすぐ(絶対迷いません)

縦貫道に乗れば宮津まで車で1時間30分。

京都を縦断するはずなのに、たったの1時間30分!

京都の海、天橋立も日帰りで行きやすくなりました。

 

先月惜しまれつつ宿直を卒業したゆっこさんとあゆみさんと、

伊根宮津へ、日帰り女子旅にいってまいりました♪

 

IMG_8259

 

宮津といえば海の幸、

カフェみたいにオシャレな干物屋さん「七輪焼のカネマス」にて、

今朝水揚げされたばかりの魚を、1時間半天日干しした・・・という、

干物のあぶりをランチでいただきました。

特にこのイカの美味しさにはうち震えました。

お刺身にせずに干物にするなんて、贅沢だわ!

 

IMG_8262

 

そして舟屋で有名な伊根へ、さらに車を飛ばし、

海側から舟屋を見学すべく伊根湾めぐり遊覧船に乗りました。

 

IMG_8276

 

船上ではかっぱえびせんがカモメにふるまわれ、

それを狙って大量のトンビも乱舞。

ゆっこさんはちょっと怖かったみたい。

 

IMG_8284

 

伊根には有名な女性杜氏の酒蔵、

向井酒造があります。

 

IMG_8299

 

お酒はどれでも試飲できます。

赤米を使った、珍しい赤い日本酒「伊根満開」。

私は下戸なので(くすん)、その赤紫色の酒粕を買いました。

どんな味がするんだろ。

 

IMG_8304

 

伊根はレンタサイクルがあったりして、

けっこう観光化されてきています。

最近では外国人観光客も増えているのだとか。

車を停めて、とぼとぼ徒歩で散策しました。

 

IMG_8306

 

伊根にはいくつかカフェもあります。

その中でも、舟屋のなかで本格的な台湾茶が飲めるお茶屋さんへ。

海がすぐそこ、すぐどぼん。

 

IMG_8336

 

喫茶店っていうか、ほとんど船のガレージ。

海と、対岸に見える舟屋を見ながら、

台湾茶の香りをかぎまくりました。

 

IMG_8348

 

台湾茶について素人だとつげると、

入れかたをおしえてくれました。

抽出時間1煎目は10秒、2煎目は12秒、3煎目は8秒、4煎目は11秒、5煎目は15秒、

6煎目は・・・(うろ覚え)

汗かきました。

 

IMG_8364

 

もの好きなかたはぜひ挑戦してみてください。

それにしても、夕方の海ってなんて気持ちいいんだろう。

 

IMG_8361

 

さて宮津に戻り、

駅前にある安くて旨いと評判の居酒屋・富田屋へ!

 

IMG_8374

 

レトロな見た目も大変よろしいのですが、

本当に安くてびっくりするんです。

 

IMG_8380

 

満席のため少し待って、ようやく中へ。

基本相席で、どやどやうるさくて。

おばさま達のこれまたレトロでS気たっぷりの接客を楽しめます。

昭和くさくて、それがまたええねん。

京都市内で食べたら2倍3倍の値段がしそう。

今日のトンビばりに狂喜乱舞、がっつきました。

 

IMG_8394

 

欲望のかぎりをつくし、身も心も天まで昇る思い。

宮津は本当に贅沢だ!

 

IMG_8398

 

特大の白バイ貝焼、旨かったなぁ。

忘れられない味、3ツで450円。

 

ゲストハウス錺屋

女将

錺屋、少年サンデーに掲載!

2017 年 7 月 8 日

 

週刊少年サンデーにて好評連載中の漫画、

舞妓さんちのまかないさん」(小山愛子さん著)

錺屋のキッチンが、舞台の屋形のモデルになっているということは、

以前ブログでご紹介させていただきましたが、

とうとう天下のサンデー誌面に、

載ってしまいましたわよ~!!

たいへんだたいへんだ!

 

IMG_8552

 

ただ今絶賛発売中、

銀の匙が表紙の32号の、巻頭カラー特集で、

実際の舞妓ちゃんを取材してはります。

お忙しい中担当さん直々に撮影とご挨拶を兼ね錺屋へお越しいただき、

作中の「キヨちゃんの台所」とのご対面をはたしていただきました。

丁寧なご対応には感謝と感心する思いでいっぱいです。

 

IMG_8553

 

「なんと京都に

モデルとなったお台所が!」

単行本2巻の表紙にもまた登場するみたいですね♡

 

maikosanchinomakanaisan

 

単行本1巻は絶賛発売中!

舞妓さんちのまかないさん1巻の詳細はこちら*

 

ゲストハウス錺屋

女将

 

*七夕かざり*

2017 年 7 月 7 日

 

今年もあゆみさんと、笹に七夕飾りをつけました。

笹はお花屋さんに売っています。

1.5m級、今年は欲張って2本。

 

tanabata2017-3

 

だってお願ごとがたくさんあるんですもの!

 

tanabata2017-2

 

今年は短冊にも凝って、いっぱいつくりました!

願いごと、ぜひ書いていってくださいね☆

 

IMG_8541

 

短冊が増えていくと、

どんどん華やかになってまいります。

 

IMG_8538

 

今日はあいにくの曇り空で、天の川はみえなそうですけど、

七夕の本番は旧暦7月7日なんで(今年は8月28日)!

 

IMG_8547

 

織姫さんも、彦星さんも、そこのあなたも、

肩を落とさないで!

 

IMG_8534

 

錺屋が千代に八千代に、みなさまに愛されますように。

 

ゲストハウス錺屋

女将

 

ページエンド