kyoto guest house kazariya

錺屋ブログ

シウマイランチ

2017 年 10 月 8 日

 

小山先生(*舞妓さんちのまかないさん)に、

お土産にいただいた崎陽軒のシウマイを、

とある日のランチに蒸し蒸ししました♪

 

IMG_9735

 

シウマイのおともは、レトロな包み紙の半田手延べ素麵。

 

IMG_9736

 

からし練り練り。

蒸し蒸し。

むっふぁーっ

 

IMG_9744

 

しあわせな湯気。

お肉だいすきあゆみさん、満面の笑み。

 

IMG_9751

 

ご開帳ォ!

シウマイってなんでこんなに楽しくなるんだろ。

小山先生、ご馳走様でした*

 

IMG_9756

 

おまけ。

食後にコーヒーを淹れるあゆみさん。

木べらの使い道にちゅうもく!

 

IMG_9765

 

ゲストハウス錺屋

女将

【東京ウォーカー掲載/京都人が教える FRIENDLY KYOTO】

2017 年 10 月 7 日

 

東京ウォーカー2017年10月号

最高の休日を過ごしたい in TOKYO に錺屋を掲載いただいております!

 

IMG_9888

 

え、東京ウォーカー

歩いてこれへんやんと思いましたよね?

別冊付録の【京都人が教える FRIENDLY KYOTO】という冊子のほうに、

こんなにどーんと素敵に特集していただきました♡

 

IMG_9892

 

Lenさんのお隣ー* (Lenさんおっきぃー)

錺屋の中でも洋館部分をクローズアップして頂いています。

暗めでロマンティックな写りですね、嬉しいな**

丁寧な撮影と取材を、ありがとうございました。

 

IMG_9746

 

別冊【京都人が教える FRIENDLY KYOTO】

44pと薄めながら内容は厳選されて濃ゆいです。

ぜひお手にとってご覧くださいませ!

 

IMG_9748

 

玄関は秋らしく、ウメもどき。

蔓のしょくぶつ、可愛いですよね*
 
 

ゲストハウス錺屋

女将

今夜のお月さん

2017 年 10 月 4 日

 

今夜は中秋の名月でございました。

キッチンの窓より見上げると、まんまるお月さま。

昔から詠われてきたのも納得の、はっとする美しさ。

みな同じ月を見ているのやろか。

 

IMG_9873

 

今宵はあゆみさんが「まかないさん」をしてくれました。

リアルまかないキヨちゃんです。 *錺屋ブログ参照

自信作の焼カレー。

お月さまみたいな、目玉焼きをのっけてくれました。

 

IMG_9864

 

そして庭で摘んできた南天を使って、

うさぎもちをこさえてくれました。

今年はあゆみさんと、錺屋でお月見を楽しみました。

みなさんは誰とお月さん、見てはるんでしょうか。

 

ゲストハウス錺屋

女将

 

秋刀魚ノ会

2017 年 9 月 30 日

 

今年も有り難いことに翼&翔ご実家より届きました・・・根室の新さんま!

不漁とのことで、いつもより少し遅めの秋刀魚会。

 

IMG_9830

 

お庭で、七輪で炭焼きにすると、

ほんとにたぶん5倍くらい美味しい。

 

IMG_9831

 

ほんとにたまらんよ。

香りがぜんぜんちがうもの。

 

IMG_9834

 

届いたうち、3匹はお刺身にしてもらいました。

おともは秋味。

 

IMG_9825

 

かれこれもう4年も連続して、錺屋スタッフみんなで秋刀魚会ができて、

秋と幸せをぐっと噛み締めました。

 

IMG_9816

 

おまけの土鍋炊き新米。

ああお腹すいてきた・・・。

秋は美味しいもんがありすぎて困っちゃいますね。

 

ゲストハウス錺屋

女将

舞妓さん3巻をキッチンで

2017 年 9 月 18 日

 

朝のキッチン、コーヒーをハンドドリップで、

ゆっくり落とす時間が大好きです。

コーヒーのおともは・・・小学館編集さんより届いたばかりの、

舞妓さんちのまかないさん』 コミックス第3巻

*小山愛子さん著/週刊少年サンデーで好評連載中*

 

IMG_9728

 

3巻連続で、錺屋のキッチンを表紙にしていただきました。

今回の表紙、夕暮れですかね、ええ感じ♡

 

舞妓ちゃんたちが、普段行けない憧れのマクドナルドに、

お正月休みで髪を下ろした時みんなで行くお話があって、

錺屋スタッフも普段あんまり行かないマクドナルド(徒歩5分)へ、

順番に駆け込みました。

だっておいしそうだったんだもの。

 

IMG_9730

 

週刊連載で多忙な中、先日わざわざ錺屋までお越しいただき、

ついに小山先生にお目にかかることができました♡

興奮してサインいただくのをすっかり忘れてしまいました。

3冊揃って、フロントにございますので、

ぜひお手にとってみてください。

フレンチトーストとか、たぶん作りたくなっちゃいますよ~*

 

ゲストハウス錺屋

女将

滋賀、石山寺へ

2017 年 9 月 17 日

 

錺屋のある五条から、滋賀・大津まで、

実は1本道で、車なら20分。

JRでは2駅。

こんなに近いのに、ちょっと遠出した気分が味わえるのが、

湖の都、滋賀県です。

 

IMG_9673

 

京都っ子にとっても身近な遊び場であり、

いのちの水、琵琶湖

滋賀県の6分の1もの面積を占め、もはや海にしか見えません。

写っているのは、いつか乗ってみたいレトロな琵琶湖汽船ミシガン

今回はミシガンに乗るのではなく、

大本山石山寺まで足をのばしてきました。

 

IMG_9615

 

こちらが本堂、滋賀県最古の木造建築だそう。

目前には樹齢何百年か・・・というような力強い、杉の大木たち。

 

IMG_9618

 

境内は広く、高低差があり、山寺という感じがします。

ベンチや張り紙がそこらにあって。

この広さと人の少なさゆえの、ゆるりとした感じ。

京都の寺院との雰囲気の違いを感じました。

 

IMG_9633

 

こういうのも良いよねぇ。

小さな石山寺ちょうちんが可愛かった。

暗くなってきてあかりが灯ったらなお素敵だろうなぁ。

 

IMG_9636

 

紫式部が湖面に映る月を眺めながら、源氏物語の構想を練ったという噂の石山寺。

月の名所だそうで、

「石山の秋月」は近江八景のひとつに数えられています。

今年は10月4日と5日に「秋月祭」が開催され、

中秋の名月に加え、境内に2000もの灯りがともるんだとか。

 

IMG_9649

 

残念ながら月見亭(月見台)は、

秋月祭にむけてお手入れ中で上れませんでしたが、

瀬田川、奥に琵琶湖をのぞめ、さぞ絶景でしょうなぁ。

 

京都駅からはJR石山駅下車(13分)→京阪石山坂本線で京阪石山寺駅下車(10分)です。

滋賀に日帰りで遊びに行くなら、レンタカーもおすすめですよ*

せっかくなら、近江八幡彦根もめぐりたいですし、

琵琶湖沿いの湖岸道路は気持ち良いですしね*

ゲストハウス錺屋

女将

東北のかほり

2017 年 9 月 11 日

 

あら、可愛い下駄じゃない!

玄関からさっそく漂う、東北のかほり。

ほっと胸をなでおろし「おかえりなさい」。

 

IMG_9486

 

先日、東北への旅で休暇中だったあゆみさんが、

無事戻ってまいりました。

そしてお土産には青森県嶽高原で採れる

糖度18度のとうもろこし「嶽きみ」を送ってくれました。

 

IMG_9507

 

生でかじっても甘い!

けど、茹でた方が美味しいとパイセンがおっしゃるので、茹でます。

熱湯にいれて5分茹で、

火を止めて、塩をお湯1リットルあたり20g(多い!)入れ混ぜて、5分待つ。

するとどうでしょう!

皮の存在を感じないくらい柔くて、甘い!なんだこれ!

 

IMG_9514

 

心づくし、大変美味しゅうございました。

 

あゆみさんは帰ってきましたが、

実はそうたくんも、9月と10月は長期休暇をとって九州遠征中。

そんなわけで、

ひばりから翼ちんに助けにきてもらっています。

錺屋はまるでお嫁にいった娘が帰って来た実家のように

わきわきしています*

女3人できりもりしちゃうわよー!

剪定も大工仕事もしちゃうかもよー!

 

ゲストハウス錺屋

女将

ラヴレター

2017 年 9 月 10 日

 

おはようございます!

この9月は本当に涼しくて気持ちよいですね。

開業まもなくからの常連さんが、

とっても素敵なブログを書いてくださいました。

 

*****************************

桐島BLOG更新しました『変わるという事、変わらないという事@錺屋&月屋』

京都は旅先ではなく帰る場所になってきました。それは女将がいてくれるからです。

http://naokirisima.skyclover.hacca.jp/?eid=849 

*****************************

 

恐れ多いのですが、これはもしかしてラヴレター?

 

IMG_9477

 

でも確かに、

「お店」と「お客さん」はもちろん、

「お宿」と「常連さん」って表現や関係性にすら、もはやしっくりこない。

場所に対する愛も、ひとに対する愛も、実はお互い様で、

立場なんて関係ないんだなぁと気付きました。

同じ思いで、カメラを向けているような気さえする。

「光がさしてきれい」

「なんて可愛いの」

「この瞬間はもうないかもしれない」

 

IMG_9457

 

ここが在れば、ここに居れば、だいすきなひとたちに会える。

ここを愛してくれるひとが在るからこそ、ここを維持できる。

お客さまに対しても、スタッフに対しても、

そんな共存の関係だと私は思っています。

お泊代も、お給料も、お金というかたちではありますが、

「応援」とか「協力」や「感謝」なんですよね。

 

IMG_9460

 

宿泊業界は、ここ数年で便利になり、

予約サイトや比較サイトを利用して選び、1クリックで予約するのが主流となりました。

(そんな便利な予約サイト、錺屋ではお使いいただけず、申し訳ありません・・・)

すっかり探しづらくなってしまった当宿を見つけてくださり、ご予約いただけることが本当に有難く、

奇跡に感じます。

そして京都の稼働率が低迷している昨今、

いっそうお客さまのお顔がきらきらして見えます。

 

IMG_9449

 

だいすきなこの場所を、ずっと維持していきたいなぁ。

お土産にいただいた「東京ブレンド」を淹れながら思うのでした。

 

ゲストハウス錺屋

女将

シンプルな布団乾燥機

2017 年 9 月 6 日

 

今までデラックスルームのテラスで干していたのですが、

重労働なのでついにおしゃれな布団乾燥機を買いました!

ROOMMATE ドライクリーン EB-RM5600G です。

うわさの乾燥マットなしタイプ、楽ちんでいいですね。

押入れごと乾燥にかけることもできるみたいで、

それなら毎日できますね。

 

futonkansouki

 

おしゃれすぎて、数字しか表記なし。

せっかくおしゃれなのにシール貼っちゃいそう。

 

futonkansouki-oshare

 

9月は平日わりと空きがありますので、お部屋を贅沢に使って、

せっせと1枚ずつかけています。

心なしか気持ち良さそう。

布団を乾燥するだけなんて勿体ない!いいお部屋なのに!

空室状況をご覧いただいて、ぜひぜひご予定を立ててみてください。

お待ちしております*

 

ゲストハウス錺屋

女将

秋の宿直さん急募

2017 年 9 月 5 日

 

錺屋&月屋では、宿直さん(フリーアコモデーション)の募集をしております。
京都にしばらく滞在したい方、住んでみたいけれど、生活費を抑えたい方へ、
トランク一つで町家暮らし始めませんか?

 

◆募集要項◆

 

●期間

2017年10月始めから年末(又はお正月明け)まで、
3ヶ月間の滞在が可能な方

 

●条件

フリーアコモデーション。お給料はありません。
夜9時から翌朝8時までの間、館内でお留守番をお願いします。
その間、少し狭いですが個室にて就寝等自由に過ごしていただけます。
個室はお布団一式、机、棚、窓、エアコン付き。
館内のキッチン、シャワー、Wi-Fi、洗濯機などもすべて無料で利用可。
朝8時から夜9時までの間は自由時間ですので、
観光はもちろん、他お仕事、通学など可能です。

 

何より紅葉シーズンの京都を、錺屋に住んでじっくり楽しめます!

ご応募お待ちしております!

↓ ↓ ↓

今回の募集は締め切らせていただきました。

次回2018年1月開始の宿直さんを募集予定です*

 

IMG_8484

 

ゲストハウス錺屋
女将

ページエンド