kyoto guest house kazariya

錺屋ブログ

錺屋・月屋の姉妹揃って初掲載

2017 年 3 月 19 日

 

赤い表紙が目を引く、

&TRAVEL京都 2018 これが、最新京都まとめ。

こちらに錺屋・月屋の姉妹揃って初掲載いただきました!

朝日新聞出版社さんおおきに!!

 

IMG_6901

 

片泊まりのコーナーに月屋の記事、私も載ってる・・・

その下のゲストハウスのコーナーに、錺屋の記事!

大正レトロな町家にうっとり、ですって*

 

IMG_6895

 

ムック本なので情報量も多いです。

2018年版ですが、この3月に発売開始、

既に店頭に並んでおりますので、ぜひお求めくださいませ。

ご購入はamazonからも。

 

ゲストハウス錺屋

女将

 

\錺屋八周年/

2017 年 3 月 19 日

 

おかげ様でゲストハウス錺屋は、

無事8周年の日を迎えることができました*

 

IMG_6818

 

たくさんの人たちに助けてもらいながら、

ひいひい錺屋を作ったのが8年前・・・ (若かったなぁ)

その人たちに、ちゃんとお返しができているだろうか。

この8年間、錺屋はなにをつくってこれたろうか。

考えていたらぴんと気が引き締まりました。

 

IMG_6824

 

「場所」をつくれば、そこで「ひと」や「もの」に出会う。

住む街を変えた、仕事を辞めた、はたまた見つけた・・・なんて、

大きな変化をつくることもあります。

お宿に限ったことじゃないのかもしれないけど、

それはすばらしいことですが、良いばっかりじゃない時もあるでしょう。

そんな漠然とした不安みたいなものも、やっぱりあります。

 

IMG_6833

 

でも今日、常連のお客さまより、

「錺屋のない人生なんて考えられない」という言葉をいただき、

不安が拭えました。

私もそう思う、同じ気持ちだ!って。

お店のひとと、お客さんが同じ気持ちってどういうこと!

それはとても幸福な結びつき。

 

IMG_6849

 

どうあれ私は、この場所が大好きで、大切。

良い状態を維持していくには、たくさんの人に来ていただくしかないんです。

(京都の町家ゲストハウスは、おばあちゃんの家みたいなイメージですが、

ほとんどが賃貸なので・・・)

本当に本当に、おかげ様で!奇跡で!迎えられた八周年なんです。

しみじみ、有り難いなぁ。

 

IMG_6878

 

スタッフのみんなも、本当にありがとう!

ひとりじゃ私、なんにもできません!

 

IMG_6866

 

もう1点、さらに個人的な欲を言えば錺屋をきっかけに、

1人でも町家フリークを多く育て、

古家やアンティークが、1軒、1点でも救われたら嬉しいです。

他力本願ですが・・・

それでは皆さま、

錺屋のことを、今後とも末永くよろしくお願い致します!

 

ゲストハウス錺屋

女将 上坂涼子

椿はん

2017 年 3 月 16 日

 

日も長くなり、

縁側が気持ちのええ季節となってまいりました。

 

IMG_6782

 

錺屋のお庭、椿はんが見ごろです。

先日イケメンの庭師さんに剪定していただいたので、

ほっそり美人にならはったでしょう?

 

IMG_6784

 

いつもなら見ごろは、

玄関の山茶花は12月~2月

お庭の椿は2月~3月前半って感じなんですけど、

なんや今年は山茶花も椿もずーっと咲いてる。

遅いちゅうか、長いちゅうか。

 

IMG_6785

 

そのくせ紅葉はぜんぜん芽吹いてこうへんし、

どないやさ。

 

IMG_6778

 

フロントのお花は、桃に変わり連翹(レンギョウ)になりました。

中国名は黄寿丹、英語ではゴールデンベルだそう。

どこか詩的で好きなんですよね。

やわらかな黄色の可愛い花で、お花屋さんで見かけると、

春やなぁと思う。

 

IMG_6780

 

玄関マットも、

消耗してきていたので、春らしい色に換えました。

底冷えの盆地・京都、加えて町家で暮らすわたしたち、

全力で春を待ち構えています。

 

 

ゲストハウス錺屋

女将

 

お宿*梅夜で撮影会

2017 年 3 月 15 日

 

先日の、良く晴れた午後。

開業して2か月、ますますええ感じになってきた、

西陣・京町家のお宿-梅夜

お部屋写真の撮影をするというので、梅の花を差し入れにお邪魔してきました。

 

IMG_6708

 

お宿だと、

みんな留守にするけど、町家はだんぜん昼間が心地よい。

3月って、本当いい季節なのに閑散期というのが不思議です。

 

IMG_6690

 

こちら専用庭付ツインルーム【尋‐たずね】

チャイナライクな赤い家具で揃えてあって、可愛いらしい。

 

IMG_6700

 

今日のカメラマンはオーナーで、台湾出身のイケメン黄さん(通称えんちゃん)。

きむさんの旦那さまですが、

私はそんなえんちゃんばっかり撮ってしまったのでした。

てへへ。

 

IMG_6706

 

えんちゃんの撮ってる鏡台、

きむさんと2人で大阪へ買い出しに行った時の見っけもん。

牡丹と言えば台湾、梅夜のイメージにぴったりでした。

 

IMG_6687

 

撮影風景が絵になるえんちゃん。

日本に住んでまだ4か月、

日本語で喋ると、あどけなくて可愛いです(笑)

それゆえか、やさしいからか、緊張させない稀有なイケメンです。

 

IMG_6691

 

こちらは2階のツインルーム【月‐つき】

個室は和室で、全室日当たりがよろしいです。

 

IMG_6738

 

ぜひイケメンえんちゃんを目の保養に、

きむさんのホスピタリティに、浸りに行ってみてください。

 

梅夜、3月のご予約絶賛募集中*

ご予約はこちらから

 

************************************************
お宿 梅夜‐うめや
Guest house Umeya

〒602-8447京都府京都市上京区西入紋屋町313番地

313, Monya-cho, Kamigyo-ku, Kyoto City, 602-8447, Japan
TEL & FAX : 075-406-5182

HP→http://ume-ya.com/
************************************************

 

ゲストハウス錺屋
女将

イケメン庭師さん降臨

2017 年 3 月 7 日

 

錺屋の宿直・ゆっこさんの従兄で、

埼玉のイケメン庭師さんが、ご宿泊ついでにお庭の紅葉や椿、

そして表の花壇の山茶花等を剪定してくれはりました。

感激です。おおん。

神さまなの?

 

IMG_6605

 

神さまは、こんなシュッとしたスーツで剪定するものなの?

ゆっこさんとおなじく親しみを込め、

たー君と呼ばせていただきます。

 

IMG_6612

 

庭師であり、会社の若き代表も務めていらっしゃいます。

★気になるかたは→有限会社金子園芸

 

IMG_6630

 

紫陽花もすっきり!

 

IMG_6632

 

非番だったのに、お庭の手入れについて知りたい!と、

あゆみさんもお手伝いにきてくれました。

 

IMG_6648

 

苔を増やすにはどうしたらよいのか。

毎日のお手入れはどこまでしたらよいのか。

 

IMG_6669

 

丁寧に助言をいただいて感謝でいっぱいです。

これから苔さんたちの活動も活発になる季節なので、

みんなで頑張っていきたいですね*

 

IMG_6663

 

山茶花はんも、

女性らしくすらりと足が伸び、色っぽくしていただきました。

ほんまにほんまに、ありがとうございました!

 

IMG_6651

 

おまけ。

打ち上げには近所で、私のだいすきなTRATTORIA LEONE/トラットリア レオーネへ。

昼間っから乾杯!

前菜5~6種盛合わせ、選べるパスタ(私はラザニアにした)、パンがついて1550円也。

 

IMG_6655

 

幸福なランチでした。

+300円で、デザート&コーヒーがつけることをお勧めします。

 

その後も錺屋に戻って、ぐでぐで女子会をしていました。

非番ですもの、昼間から酔っ払ってもいいじゃない*

今日もいい日でしたね、おつかれさまでした。

 

ゲストハウス錺屋(かざりや)

女将

あゆみさんの生誕祭

2017 年 2 月 28 日

 

2月某日、△▽歳をむかえた、

あゆみーぱいせんの生誕祭を催しました。

誕生日は決まって彼女の大すきなお肉をこさえます。

今年はすき焼きにしました。

 

ayumybd

 

ケーキはきるふぇぼーん

Happy Birthday Ayumy*

 

ayumybdp

 

ぱいせんええ笑顔、△▽歳にはとうてい見えません。

私の中では、日本一可愛い△▽歳。

こんな風に、良い年を重ねて行きたいものですね。

 

ayumybdpty

 

スタッフやゲストハウス仲間、だいすきなみんなが集まってくれて、

私までなんだかじんわりしたなぁ。

いい夜だった。

30代でもこうして集って夜通しやんややんやできて幸せだ。

40代になってもこうしていられるだろうか。

 

ayumybbd

 

後日。

病み上がりで、

頂いたお酒がほとんど飲めなかったことを悔いたあゆみさんが、

まさかのリベンジを申し込んできました。

 

IMG_6544

 

しかも今度はあゆみさんがもてなししてくれるとな。

【小料理 あゆみ】

ここに開店!

 

IMG_6540

 

わけぎのぬた

お浸し

手綱こんにゃく

たたきごぼう

里芋の炊いたん

手羽元煮

鰤西京焼などの、日本酒に合う小料理が並びました。

私は飲めへんので白ごはんでしたが、

めっちゃ旨かったです。

 

IMG_6560

 

亀の尾蔵舞というお酒を、

京都北部、丹後の酒蔵からお取り寄せ。

 

IMG_6563

 

とっておきのお酒、

手間をかけた肴、

冬の町家。

 

なんて素敵な組み合わせ。

良い夜をありがとう、御馳走様でした。

 

ゲストハウス錺屋

女将

舞妓さんちのまかないさん

2017 年 2 月 12 日

 

実は昨年の冬、びっくりすることがありました。

漫画を愛するわたくしにとって、

天下の小学館様より直々にお電話を頂戴したのです。

サンデーで新連載予定の漫画にて錺屋のキッチンを、

モデルに使いたいと言うてくださりました。

「もつろんですぅ!!!」

 

そして待ちに待った年末、

送ってくださった見本誌をみて大興奮!

 

kazariya.kitchen.サンデー

 

ウチの常連さまならぜったい気がつくと思います。

まごうことなき錺屋のキッチンでした。

 

舞妓さんちのまかないさん』 小山愛子さん著

週刊少年サンデーで連載中★

 

京都の花街、舞妓さんが寝泊まりするおうち、屋形が舞台で、

そこでまかないを作る16歳の少女が主人公です。

めっちゃキッチン出てくる予感するやん♡

 

kazariya.kitchen

 

京都が舞台なので、取材旅行にいらっしゃっていた作者さんに、

偶然ご利用いただき、

キッチンを気に入っていただいたのがきっかけだそう。

作風拝見すると、明治・大正・昭和のレトロなものへの愛が感じられます。

趣味が合いそうです♡

 

IMG_6527

 

そして今週発売中の週刊少年サンデー11号では、

色まで忠実にカラーページで登場!

記念に、と編集の方が見本ページを送ってくださいました♡

ほんま、おおきにです。

少年誌とは思えぬほど可愛いらしい、

ほっこりする日常系グルメ漫画なので、

ぜひ読んでみてください。

単行本の発売が待ち遠しい*

 

ゲストハウス錺屋(かざりや)

女将

5回目の、つばーすDAY

2017 年 2 月 7 日

 

先日迎えた5回目の翼バースディ。

近所のロトス洋菓子店・ 苺のショートケーキを、

パーティーに集まってくれた大勢の仲間たちで、盛大につっつきました。

 

IMG_6433

 

北海道から錺屋に、宿直スタッフとしてやってきてから始まった、

スタッフ生活、京都暮らし。

めっちゃ頼りにしてたら、早5年の月日が流れました。

風のごとく足が軽くて、旅好きな翼さん。

ひとところに、長いこといてくれたなぁ、としみじみ。

 

そんな彼女が独立する日も、いつかは来る。

覚悟はしておりました。

もうすぐ、そんな季節となりそうです。

同じ京都やし、下京やし、遠く離れるわけやない。

寂しいけど、門出は喜ばしいこと・・・うそややっぱり寂しいわ!

 

またご報告致しますね。

 

ゲストハウス錺屋

女将

鬼がやってきた!

2017 年 2 月 6 日

 

2月3日は節分、

京都の寺社仏閣では節分祭で盛り上がります。

節分祭のために、京都に来てもいいくらい、

地味ながら味わい深いイベントです。

 

P2030015

 

友人であり、お菓子の貴公子ことIORIさんがこの春オープンするカフェ、

狐菴 Au Café Du Coinに鬼が出現。

ちなみに場所は北区、大徳寺の北側で、見ての通り絶賛改修工事中!

 

P2030004

 

おかめさんこと、うちの翼さんが、

福豆を撒かせていただきました。

鬼はそと、福はうち!

 

P2030031

 

無事竣工しますように、願いを込めて。

さて、北区で猛威をふるっていたはずの鬼が、

なぜかはるばる錺屋にまでやってきました!

 

P2030077

 

あれ?鬼が増えてる。

施主さん・・・?

 

IMG_6441

 

おかめさん、こっちでも豆撒いてぇな。

 

IMG_6445

 

厄払いがすんだら、

狐菴の工事メンバーも、錺屋・月屋スタッフも、鬼もみーんな一緒に

鮨仙太の恵方巻きでお昼ごはん。

 

P2030136

 

要予約ですが、めちゃおススメです。

鰻と卵がふわっとおいしいのはもちろん、とびこと炒りたてのゴマがプチプチたのしくて。

年に一度、節分の御馳走。

 

IMG_6437

 

今年は北北西に向いて、黙ってまるかぶり!

願い事をしながら黙って一息に食べられたら、叶うとか。

でも、無理。

美味しーってもれちゃう。

 

IMG_6455

 

皆さん、休日に集まってくれてありがとう!

そうたくんも、鬼さんお疲れまでした*

 

IMG_6458

 

狐菴の工事メンバー、

実は月屋と同じ設計士中村くんと、左官岩本くん、

ロゴやショップカード等デザインはAYAちゃんです。

公式instagramはこちら

 

どんどんつながっては増えていく輪。

開業の日を乞うご期待!

 

 
ゲストハウス錺屋

女将

祝◆梅夜 開業

2017 年 1 月 31 日

 

2017年1月20日、

ついにきむさんのお宿 梅夜が、京都・西陣の地にグランドオープンの日を迎えました。

 

IMG_5355

 

昨年の9月より始動し、

月屋立ち上げメンバー、スタッフやお宿仲間などなど・・

身内と、きむさんのツテとで、繋がってはぐるぐるまわした改修工事。

詳しくは改修ブログ参照*

 

IMG_4812

 

他人事ではございませんでした。

関係者のみなさま、ほんとーうにお疲れさまでした!

お宿作りって、ちいさなちいさな、

沢山の要素が重なり合って出来ていくんですよね。

そのバランス、かたちは奇跡的なものだと思います。

大変だったからこそ、完成の喜びもひとしお!

 

IMG_4850

 

個人的に、梅夜のおすすめポイントは、

一階の和室2部屋、『聴』と『尋』どちらもお庭付きだということ。

お庭も広くって、表庭と中庭と2つもあるなんて、うらやましい!

西陣は京都駅や中心部から離れますが、敷地の使いかたが贅沢ですよね。

 

IMG_5360

 

そして、19畳もある広々空間ながら女性4名限定で、

専用シャワー&洗面付きの離れ、『鶯』(ドミトリールーム)

ドミとしては、京都一のパーソナルスペースの広さではないでしょうか。

しかも今ならお得な3,000円/1名あたり!

 

IMG_5359

 

ちなみにHPデザインは、

錺屋・月屋と同じくMesda nu Kyad、あやちゃんが担当。

「梅夜」のロゴやイラストは私が描きました。

レトロ+台湾♡な雰囲気が伝わると嬉しいな。

まさに月屋の妹!な梅夜のホームページをぜひご覧ください。

 

IMG_6402

 

錺屋からはお祝いに、ショップカードをオーダー、プレゼントしました♡

たくさんの人の手に渡っていきますように。

**DESIGN BY Mesda nu Kyad SPECIAL THANKS!

きむさん、えんちゃん夫妻、開業おめでとうございます!!

今後とも、お宿仲間として、どうぞよろしくお願いします!

 

梅夜、ご予約絶賛募集中*

→ご予約はこちらから

 

************************************************

お宿 梅夜うめや

Guest house Umeya

〒602-8447
京都府京都市上京区西入紋屋町313番地
313, Monya-cho, Kamigyo-ku, Kyoto City, 602-8447, Japan

TEL & FAX : 075-406-5182

************************************************

 

ゲストハウス錺屋

女将

ページエンド