kyoto guest house kazariya

‘錺屋からのお知らせ’ カテゴリーのアーカイブ

5月5日/五条のきさき市出店!

2017 年 5 月 4 日 木曜日

 

みなさまGWはいかがお過ごしでしょうか?

錺屋はおかげ様で満員御礼、

いつも通りお客さまをお迎え、お見送りしながら、

スタッフ各自、のきさき市の準備を進めております。

 

noki

 

弟5回目となりました、五条のきさき市。

年々勢いを増し、イベントとして定着しつつあります。

さぁ今年も錺屋のきで、

くらしの土染めこもの Ayumy & 錺屋アンティーク市』やりますえ!

 

IMG_2437

 

※写真は昨年ののきさき市のようす。

くらしの土染めこもの Ayumy

土で1点ずつ手染めした布こものを行商スタイルでお届けしております。

あるじ自らが日本各地の山や畑で採取した土で染料を作り、

厳選した天然素材(木綿、絹、麻)にひとつずつ、心をこめて手染めしました。

絹100%の五本指靴下、てぬぐい、エコバッグ、綿レース靴下、麻ストール、風呂敷など、

くらしにまつわる布こものを販売します。

 

IMG_2430

 

【錺屋フリマ】

ゲストハウス錺屋からも、アンティーク雑貨やレトロな日用品が並びます。

洋服類などのフリマも同時開催。

今回は姉妹店月屋からも、

朝ごはんで使っていた漆塗りの御膳や、食器などの骨董もどどーんと大放出!

 

IMG_2427

 

さらにさらに!

今年はお茶室&お庭を使って、月屋スタッフkosmosによる

お茶室カフェkos】 同時開催!

笹の葉おにぎりや出し巻きはお昼ごはんに、

ちいさい焼き菓子や、シュワっとしたお手製ジュースはおやつにぴったり!

 

koscafe

 

当日限定で開放したお茶室にて、

一息ついていかれませんか?

(朝10:00~売り切れ次第終了)

 

chasitsu-kazariya

 

それでは明日、錺屋のきでお待ちしております!

 

**********************************************

五条のきさき市

2017年5月5日(金・祝)*朝10時~夕方5時まで*
のきさき市HPはこちら→http://nokisaki.main.jp/

***********************************************

※当日錺屋は、ゲストハウス(宿泊施設)として通常営業致しております。

ご宿泊のお客様のご迷惑にならないようご配慮いただけますようお願い申し上げます。

混雑が予想されますので、館内の見学などはどうぞご遠慮ださいませ。

 

ゲストハウス錺屋

女将

コミックスになりました!

2017 年 4 月 14 日 金曜日

 

冬に錺屋ブログでお知らせいたしました、

週刊少年サンデーで連載中の

舞妓さんちのまかないさん』 小山愛子さん著

で、錺屋のキッチンがモデルになっている!という件。

 

maikosanchinomakanaisan

 

4月12日に記念すべきコミックス第1巻が発売されました。

買おう買おうと楽しみしていたら、

小学館編集さん、、、直筆手紙付きで送って下さいました!

なんと丁寧な♡ ほんまおおきに!

 

maikosanchimaikosanchino

 

16歳の少女が主人公ですが、表紙と同じ構図&ポーズしてみました。

赤いエプロンがなかったので、

あゆみさんに割烹着をかりました。

錺屋のキッチンのシーン、多く楽しめますので、ぜひ書店でお求めください♡

 

舞妓さんちのまかないさん1巻の詳細はこちら*

 

ゲストハウス錺屋

女将

翼さんの巣立ち

2017 年 3 月 22 日 水曜日

 

錺屋・月屋で5年もの間、

スタッフとして働いてくれた翼さんがとうとう独立します。

いつまでも一緒に居てほしかったけど、そういうわけにはいかんよね・・・。

いつかはこんな日が来ると、覚悟しておりました。

 

業務はもちろん、見えないところで他スタッフをサポートしてくれる翼さん。

時には女将代理を頼んだり、るみさんの卒業以来いっそう、

頼りに頼りきっていた翼さんの独立には、

むしろ私のほうが独立するんじゃないだろうか・・・と思えてなりません。

グスン。

 

tsuba

 

さみしくてつらいですが、遠くにいくわけではないのが救いかな。

同業だし、同じ下京区だし・・・

 

この度翼さんのビジネスパートナーとして、

共闘していくのが、

金魚家鯉屋さんで修業を積んだ、けいくん。

そんなふたりの「だれでも、どこでも、いつまでも旅をし、豊かな人生を。」という思いのもと、

「Natural & Flexible (自然で柔軟な)」をコンセプトに設計した、

京町家の宿が改修工事まっさいちゅう!

 

hibarii

 

※こちらの写真は改修前の外観

 

気になる屋号は、、、

 

\\ 平旅籠ひばり //

 

*ひらはたごと読みます。

江戸時代、食事つきの宿を旅籠(はたご)、素泊まりの宿を平旅籠と呼称したそう。

 

錺屋月屋にひばりにetc. 開業までの数か月、

いったい何足のわらじを履くんだい翼ちん!

 

IMG_6487

 

できることは自分たちでやります。まずは解体。

壁や天井などを、バールや大型ハンマーでどーん、がーんと落としていきます。

(ちょっと快感でした♡)

作業中ですが、こちらがけいくん。

 

IMG_6474

 

町家の壁って、こんな竹と縄でできてるんですよ。

間取りもかわるので、いったん古い壁をはがして、つくりなおします。

竹小舞の隙間からうっすら見えるのが、

月屋鯉屋梅夜の壁を監修してくれた左官の岩本くん。

ひばりではついに設計も担当。

 

IMG_6494

 

この3月から6月にかけて、自分たちの手をうごかして、

どんどん成長し、

どんどん進んでいきますので、

ぜひfacebookにいいね!していただいて、

新しい場所が出来上がるわくわくを共感していただけたら幸いです。

応援よろしくお願いします!

 

////////////////////////////////////////////////////////

平旅籠ひばり

住所:京都市下京区朱雀分木町57-2

最寄駅:JR山陰線「丹波口駅」

ホームページ→http://www.hibarihostel.com/

facebook →https://www.facebook.com/hatago.hibari/

instagram→https://www.instagram.com/hibari_hostel/

Twitter→https://twitter.com/hibari_hostel

 

////////////////////////////////////////////////////////

 

ゲストハウス錺屋

女将

錺屋・月屋の姉妹揃って初掲載

2017 年 3 月 19 日 日曜日

 

赤い表紙が目を引く、

&TRAVEL京都 2018 これが、最新京都まとめ。

こちらに錺屋・月屋の姉妹揃って初掲載いただきました!

朝日新聞出版社さんおおきに!!

 

IMG_6901

 

片泊まりのコーナーに月屋の記事、私も載ってる・・・

その下のゲストハウスのコーナーに、錺屋の記事!

大正レトロな町家にうっとり、ですって*

 

IMG_6895

 

ムック本なので情報量も多いです。

2018年版ですが、この3月に発売開始、

既に店頭に並んでおりますので、ぜひお求めくださいませ。

ご購入はamazonからも。

 

ゲストハウス錺屋

女将

 

\錺屋八周年/

2017 年 3 月 19 日 日曜日

 

おかげ様でゲストハウス錺屋は、

無事8周年の日を迎えることができました*

 

IMG_6818

 

たくさんの人たちに助けてもらいながら、

ひいひい錺屋を作ったのが8年前・・・ (若かったなぁ)

その人たちに、ちゃんとお返しができているだろうか。

この8年間、錺屋はなにをつくってこれたろうか。

考えていたらぴんと気が引き締まりました。

 

IMG_6824

 

「場所」をつくれば、そこで「ひと」や「もの」に出会う。

住む街を変えた、仕事を辞めた、はたまた見つけた・・・なんて、

大きな変化をつくることもあります。

お宿に限ったことじゃないのかもしれないけど、

それはすばらしいことですが、良いばっかりじゃない時もあるでしょう。

そんな漠然とした不安みたいなものも、やっぱりあります。

 

IMG_6833

 

でも今日、常連のお客さまより、

「錺屋のない人生なんて考えられない」という言葉をいただき、

不安が拭えました。

私もそう思う、同じ気持ちだ!って。

お店のひとと、お客さんが同じ気持ちってどういうこと!

それはとても幸福な結びつき。

 

IMG_6849

 

どうあれ私は、この場所が大好きで、大切。

良い状態を維持していくには、たくさんの人に来ていただくしかないんです。

(京都の町家ゲストハウスは、おばあちゃんの家みたいなイメージですが、

ほとんどが賃貸なので・・・)

本当に本当に、おかげ様で!奇跡で!迎えられた八周年なんです。

しみじみ、有り難いなぁ。

 

IMG_6878

 

スタッフのみんなも、本当にありがとう!

ひとりじゃ私、なんにもできません!

 

IMG_6866

 

もう1点、さらに個人的な欲を言えば錺屋をきっかけに、

1人でも町家フリークを多く育て、

古家やアンティークが、1軒、1点でも救われたら嬉しいです。

他力本願ですが・・・

それでは皆さま、

錺屋のことを、今後とも末永くよろしくお願い致します!

 

ゲストハウス錺屋

女将 上坂涼子

舞妓さんちのまかないさん

2017 年 2 月 12 日 日曜日

 

実は昨年の冬、びっくりすることがありました。

漫画を愛するわたくしにとって、

天下の小学館様より直々にお電話を頂戴したのです。

サンデーで新連載予定の漫画にて錺屋のキッチンを、

モデルに使いたいと言うてくださりました。

「もつろんですぅ!!!」

 

そして待ちに待った年末、

送ってくださった見本誌をみて大興奮!

 

kazariya.kitchen.サンデー

 

ウチの常連さまならぜったい気がつくと思います。

まごうことなき錺屋のキッチンでした。

 

舞妓さんちのまかないさん』 小山愛子さん著

週刊少年サンデーで連載中★

 

京都の花街、舞妓さんが寝泊まりするおうち、屋形が舞台で、

そこでまかないを作る16歳の少女が主人公です。

めっちゃキッチン出てくる予感するやん♡

 

kazariya.kitchen

 

京都が舞台なので、取材旅行にいらっしゃっていた作者さんに、

偶然ご利用いただき、

キッチンを気に入っていただいたのがきっかけだそう。

作風拝見すると、明治・大正・昭和のレトロなものへの愛が感じられます。

趣味が合いそうです♡

 

IMG_6527

 

そして今週発売中の週刊少年サンデー11号では、

色まで忠実にカラーページで登場!

記念に、と編集の方が見本ページを送ってくださいました♡

ほんま、おおきにです。

少年誌とは思えぬほど可愛いらしい、

ほっこりする日常系グルメ漫画なので、

ぜひ読んでみてください。

単行本の発売が待ち遠しい*

 

ゲストハウス錺屋(かざりや)

女将

祝◆梅夜 開業

2017 年 1 月 31 日 火曜日

 

2017年1月20日、

ついにきむさんのお宿 梅夜が、京都・西陣の地にグランドオープンの日を迎えました。

 

IMG_5355

 

昨年の9月より始動し、

月屋立ち上げメンバー、スタッフやお宿仲間などなど・・

身内と、きむさんのツテとで、繋がってはぐるぐるまわした改修工事。

詳しくは改修ブログ参照*

 

IMG_4812

 

他人事ではございませんでした。

関係者のみなさま、ほんとーうにお疲れさまでした!

お宿作りって、ちいさなちいさな、

沢山の要素が重なり合って出来ていくんですよね。

そのバランス、かたちは奇跡的なものだと思います。

大変だったからこそ、完成の喜びもひとしお!

 

IMG_4850

 

個人的に、梅夜のおすすめポイントは、

一階の和室2部屋、『聴』と『尋』どちらもお庭付きだということ。

お庭も広くって、表庭と中庭と2つもあるなんて、うらやましい!

西陣は京都駅や中心部から離れますが、敷地の使いかたが贅沢ですよね。

 

IMG_5360

 

そして、19畳もある広々空間ながら女性4名限定で、

専用シャワー&洗面付きの離れ、『鶯』(ドミトリールーム)

ドミとしては、京都一のパーソナルスペースの広さではないでしょうか。

しかも今ならお得な3,000円/1名あたり!

 

IMG_5359

 

ちなみにHPデザインは、

錺屋・月屋と同じくMesda nu Kyad、あやちゃんが担当。

「梅夜」のロゴやイラストは私が描きました。

レトロ+台湾♡な雰囲気が伝わると嬉しいな。

まさに月屋の妹!な梅夜のホームページをぜひご覧ください。

 

IMG_6402

 

錺屋からはお祝いに、ショップカードをオーダー、プレゼントしました♡

たくさんの人の手に渡っていきますように。

**DESIGN BY Mesda nu Kyad SPECIAL THANKS!

きむさん、えんちゃん夫妻、開業おめでとうございます!!

今後とも、お宿仲間として、どうぞよろしくお願いします!

 

梅夜、ご予約絶賛募集中*

→ご予約はこちらから

 

************************************************

お宿 梅夜うめや

Guest house Umeya

〒602-8447
京都府京都市上京区西入紋屋町313番地
313, Monya-cho, Kamigyo-ku, Kyoto City, 602-8447, Japan

TEL & FAX : 075-406-5182

************************************************

 

ゲストハウス錺屋

女将

10日~12日臨時休業のお知らせ

2017 年 1 月 9 日 月曜日

 

*2017年1月10日、11日、12日の3日間 ゲストハウス錺屋は臨時休業をいただきます*

*We will be closed on 10th, 11th and 12th of Jan *

よって1月10日、11日、12日、そして13日の16時まではお電話の受付ができません。

メールの返信も、13日以降順に返信させていただきます。

お待たせし、ご迷惑をおかけしますが、何卒ご了承ください。

.

We can’t answer the phone between 10th  to 13th  at 16:00 pm.

Also by email, we will reply you after 13th of Jan.

We are sorry for this inconvenience.

お休みの間、

皆でちょっとるみさんの顔を見に行ってきます♡

IMG_5416

 

 

ゲストハウス錺屋

女将

初風呂はどこへ

2017 年 1 月 1 日 日曜日

 

徒歩3分の白山湯六条店は、通常水曜定休なのですが、

年末年始、営業時間が毎年変わります。

お休みするわけではなく、寧ろ1.5倍頑張らはります。

 

今年は、

12/29: 15時―24時

12/30: 15時―24時

12/31: 10時―24時

1/1: 休業

1/2: 8時―24時

1/3: 10時―24時

1/4: 休業

1/5~1/9: 15時―24時

1/10, 1/11: 連休

 

IMG_0471

 

元旦にも入りたいよ!という方には、

徒歩10分の五香湯、徒歩15分の京都タワー大浴場はいかがでしょうか。

 

寧ろ銭湯で年越ししたいよ!という方には、

年越しオールナイト営業されているサウナの梅湯がお勧めです。

公式Twitter

 

京都に来たら銭湯行かなきゃ!ってくらいアツい銭湯文化。

「2017年 初風呂を京都の銭湯で!」

という特設サイトまで作ってくれています。

初風呂はどこにする?京都の銭湯年末年始営業時間まとめ

 

その他、

錺屋の近所の24時間営業スーパーマーケット「フレスコ」は、

12/31の20時~1/4の9時までお正月休みですので、ご注意を。

 

錺屋女将

 

◆謹賀新年◆2017

2017 年 1 月 1 日 日曜日

 

明けましておめでとうございます。

京都は人も車も少なく、静かで多少空気がぴしっとしております。

新しい朝がやってまいりました。

 

IMG_5521

 

錺屋でお正月を迎えられたお客さまに、

「あけましておめでとうございます」と、

ひとりひとりご挨拶。

いつもの元旦だなぁ。

 

IMG_5527

 

ちょうど山茶花が満開で、

新年の歓びを表しているかのよう。

 

IMG_5518

 

今年のお正月飾りは、

千両、鏡餅、餅花、しめ縄と根引き松の定番。

餅花さんは、下駄箱に靴を入れるのを邪魔するほど長い!

 

IMG_5487

 

そしてお鏡さん、

上下の大きさに変化少なく、ちょっとずんぐりしちゃいました。

女だけでつくったわりには、良い出来栄えです*

 

IMG_5484

 

旧年中は錺屋をお選び頂き、誠に有り難うございました。

開業ブームなんて言われるくらい、

京都のゲストハウスの件数が格段に増えた一年でした。

その中で選んで頂けること自体が、

とても貴重なのだと、痛感いたしました。

ここで接することは、決して業務なんてものではなく、

そんなお客さまとの奇跡的でかけがえのない瞬間だということを、

元旦の今日、しっかり胸に据えておきたいと思います。

IMG_5499

女将業としては月屋とのバランスも定まらず、

まだまだ至らぬ点ばかりでございますので、

ご指導・ご鞭撻頂けますと幸いです。

 

本年もお客さまの「京都」であることを目標に、

心新たにスタッフ一同精進してまいりますので、

何卒よろしくお願い申し上げます。

錺屋 女将

上坂 涼子

ページエンド