kyoto guest house kazariya

‘錺屋からのお知らせ’ カテゴリーのアーカイブ

◆錺屋11周年◆

2020 年 3 月 18 日 水曜日

 

今日は錺屋の11周年。

スタッフのみんなと桶ちらし寿司をつくりました。

まずはかみさまにお供え。

 

IMG_4378

 

あゆみさんが祝詞を唱えてくれました。

 

IMG_4382

 

今年は静かに迎えた、11年目の日。

11年前もリーマンショックとか色々あったけど、

若かったのであんまり覚えていません。

とにかく、すぐに桜が咲いて、

ありがたいことに満室になりました。

 

IMG_4369

 

まさかこんな静かな桜シーズンが来るなんて。

というわけで、

あんまり声を大きくしては言えないですが・・・

「京都の桜、見に来ませんか?」

 

IMG_4366

 

お庭のもみじも、芽吹く季節となりました。

 

IMG_4453

 

今年も八角蓮のピッコロやマジュニアたちが、ちいさな顔を出す。

コロナとか、なあんにも知らずに健気に生きる植物たち。

 

IMG_4432

 

こんなに空は青く、穏やかな日常風景が広がっているのになぁ。

そう思わずにいられません。

12年目も、変わらぬご愛顧をいただけますと幸いです*

 

錺屋女将 涼子

【町家の日】吉例ちとせ市&喫茶「大正」

2020 年 2 月 27 日 木曜日

 

 

※イベント中止のお知らせ※

以下「町家の日」イベント中止という判断がくだされました。

延期の予定はないとのこと。

残念ですが、開催も、中止も、どちらも正しいし、しょうがない。

思いは消さなくて良いかなと思い、ブログの内容はそのままにしております。

楽しみにしていただいていた皆さま、本当に申し訳ありません。

頑張って準備してくれていたスタッフにも申し訳ないけど、いつか活かせたらよいなぁ。

                          (2月28日追記)

 

 

 

今年も「町家の日」&町家ウィークが近づいてまいりました。

◆町家の日 公式ウェブサイト

日程:2020年 3月1日(日)〜8日(日) ※イベントによる

 

IMG_3813

 

しかし時節柄、全国各所でイベントの中止情報が飛び交っており、

それにまつわる宿泊キャンセルも発生しております。

開催・中止の判断は、ほんまに難しい。

たくさんのひとを巻き込み、投資した分は戻らず、払い戻しの対応、会場のキャンセル料・・・

その上、楽しみにしてくれていたひとをがっかりさせてしまう。

いっぽう開催したところで、人が集まるのか。

万が一のことがあったら、どうするのか。

そして規模こそ小さいながらも、私もその判断を迫られるひとり。

 

IMG_3804

 

町家の日実行委員会から、

「新型コロナウイルスの感染拡大への警戒について、

本日政府から大型イベントの自粛要請が発表され、

後援をいただいている京都市からも、注意するようにと連絡がございましたが、

町家の日イベント全体としては、現在のところ中止の判断はしておりません」と通知。

いくつか自粛される催しもあるようですが、

「開催する場合はマスクの着用・消毒液の設置等感染拡大予防に配慮してください」とのこと。

気密性が低く、閉鎖空間とも言い難い町家。

こんなときこそその特性を活かし、換気+マスク+消毒液でじゅうぶんに注意しながら、

開催したいと思います。

 

IMG_1338

 

「新型コロナウイルス」を恐れるあまり、経済活動をストップしてしまうと、

取り返しのつかないことになるかもしれません。

だいすきなあのお店、あのひと、あの場所が、これ以上苦しみませんようにと願うばかり・・・

 

IMG_2447

 

というわけで今年の企画は大正建築で楽しむアンティーク蚤の市「吉例ちとせ市」と、

ティーサロン「喫茶 大正」。

 

IMG_2431

 

錺屋は大正浪漫の時代背景を色濃く残す元薬屋のお宿。

普段内部はご宿泊の方しかご覧いただけませんが、今回は特別にオープンハウスと致します。

また錺屋スタッフによる館内見学ツアーも企画!

時間は12時~、14時~、16時~の3回(予約不要)

改修前の写真を見ながらその歩みを知り、錺屋の建物と仲良くなりましょう*

 

IMG_8514

 

今回、改修前や改修中、そして改修後お宿となるまでを1冊のフォトブックにまとめました。

2008年~2013年頃までの写真ばかり。

こちらも「喫茶 大正」にて、ぜひお手にとってご覧くださいませ。

 

IMG_3949

 

錺屋のキッチンをイメージした「青いゼリー」があったらかわいいよね。

タイルみたいな四角くて白い寒天が入ってて。

「喫茶 大正」のメニューは、スタッフみんなで考えました。

 

IMG_3958

 

ゼリーの試作に、試食を重ねる日々。

コラーゲンでお肌ぷるぷるになりそう。

 

IMG_3990

 

他にも珈琲や紅茶に合うお菓子を作る予定なので、

出控えムードの中ではございますが、お茶しに来ていただけたら嬉しいです。

またお越しの際にはマスク着用、手洗いなどのご協力をお願い申し上げます。

マスクをお持ちでない方は、配布させていただきますので、お声がけいただければと思います。

 

IMG_8149

 

「吉例ちとせ市」と、ティーサロン「喫茶 大正」

開催日時:①3月1日(日) ②3月8日(日)10:00~19:00 ※喫茶は12時より

会場:錺屋(地下鉄五条駅徒歩3分)

◆詳細情報は→錺屋facebookイベントページ

◆最新情報は→錺屋Twitter

 

錺屋女将 涼子

小学館漫画賞受賞!

2020 年 1 月 25 日 土曜日

 

週刊少年サンデー連載中で、錺屋のキッチンが舞台となっている漫画

舞妓さんちのまかないさん』が、

「第65回小学館漫画賞少年向け部門」を受賞いたしました!

小山先生、編集担当さん、おめでとうございます*

 

IMG_9176

 

ほのぼの系台所漫画なので、少年サンデーでの連載は冒険やったんちゃうかなぁと思うんです。

賞って、最高の評価ですよね*

 

guesthouse-kazariya-kitchen01

 

最近は舞妓さんちのまかないさんのファンで!とおっしゃい、

キッチンの写真を撮って帰られるお客さまが増えた印象が。

有り難いご縁で、ちゃんとご予約に繋がっていることを実感します。

週間連載なので小山先生は非常にご多忙かと存じますが、

お体など壊されませんよう大事に続けていただきたいものです。

新しいものを生み出しつづける姿、ほんまに尊敬します。

 

maikosan

 

最新刊12巻も、当宿に届いております。

キッチンで読むものおすすめ!

読んだらすぐ、同じメニューに挑戦してみるのもよし*

 

 

ゲストハウス錺屋

女将 涼子

錺屋オープンハウス*明けのプチちとせ市

2020 年 1 月 25 日 土曜日

 

明日はオープンハウス!

明けのプチちとせ市

テーマは「錺屋の日常」ということで、縁側喫茶と恒例蚤の市をやります!

 

IMG_3375

 

お宿としての、錺屋の日常を垣間見ていただくため、

お庭に面した縁側付のお部屋を喫茶室と致しますので、ゆるゆるとお過ごしください。

(珈琲・紅茶・お菓子等、各100円ご協力ください*)

女将撮影&セレクトのフォトブック『錺屋のふゆ』も完成しました!

 

IMG_3381

 

また漫画「舞妓さんちのまかないさん」の舞台でもあるキッチンや客室など、

館内の見学も自由にしていただける貴重な機会になります。

 

guesthouse-kazariya-kitchen01

 

イベント利用、撮影利用などの下見も大歓迎!

恒例の錺屋&姉妹店月屋の備品、スタッフの集めた着物やレトロな日用品、

食器など大放出する蚤の市(フリマ)も開催しますので、

皆さまのお越しをおまちしております*

 

IMG_2431

 

【ちとせ市とは?】
*ちとせ:千歳・千年・長い年月
*ちせ:アイヌ語で「おうち」

日本の伝統文化、くらしを豊かにするモノ、ぬくもりのある古い建物・・・

今在る先人たちからの「ギフト」を大切にし、次の世代につなげてゆけますように。

千代に八千代にとの願いを込めて。ささやかながらこの「おうち」から。

ゲストハウスプレス書籍化!

2020 年 1 月 16 日 木曜日

 

IMG_1501

 

2年前、錺屋を取材して貰うたフリーペーパーゲストハウスプレス

まずは体験ありき、というスタンスでゲストハウスやその街の魅力を編集長自ら体験し、

その後フリーペーパー・ Webサイト・SNSからそれぞれの特性を活かした記事づくりを行い、

「あたらしい旅のかたち」を変わらず発信されています。

 

IMG_1503

 

▼ゲストハウスプレス公式HP/Vol.19錺屋特集記事はこちら

 

そして昨年、

2013年より発行しているフリーペーパー版ゲストハウスプレスのバックナンバーを再編集、

新たに特集や取材後の地域や宿の変遷などを綴った書籍が、

クラウドファンディングで支援を募って発刊!

なんと目標金額の2倍が集まったそうです*

ゲストハウス本の書籍化の嬉しさに加え、ゲストハウス(ホステル)が好きな人が、

こんなにたくさん居てくれてはるんやなぁって、数字で感じることができました。

 

IMG_1897

 

錺屋の記事も加筆頂いています。

私も支援させてもろたので、書籍の末に錺屋って載っています。

嬉しいことに常連さんのお名前も*

ゲストハウスプレス 日本の旅のあたらしいかたちをつくる人たち

 

ゲストハウスって、家族やったり、それこそひとりやったりするくらい小さい組織やから、小回りが効いて効きすぎて、面白いんですよね。

地域の特性も手伝って、さらに多種多様です。いろいろ行ってみたくなる。

お求めは楽天ブックスや、Amazonで*

 

IMG_1901

 

錺屋女将 上坂涼子

謹賀新年*二〇二〇

2020 年 1 月 3 日 金曜日

 

明けましておめでとうございます。

錺屋の玄関はとても華やか。

山茶花も餅花も、満開で新年を喜んでいるようです。

 

IMG_2953

 

元旦には今宮さんの破魔矢を持って、

あゆみさんがご挨拶に来てくれました。

今年の絵馬はちょっぴりリアルなねずみちゃん。

 

IMG_2996 (2)

 

注連飾りは、あゆみさんが亀岡のおばあと一緒に作ってくれたもの。

 

IMG_2947

 

二日には、スタッフ&関係者の新年会を姉妹店の月屋で催しました。

晴れ着でお節をつつき、新年を祝いました。

 

IMG_3089

 

年末年始、帰郷もせず働いてくれたスタッフへの感謝の意を、

お重箱に詰め詰めしました。

 

IMG_3101

 

毎年お正月から集まってくれて、ほんとにありがとう*

 

IMG_3143

 

2020年はオリンピックもあり、はてどんな一年となるのでしょうか。

昨年は、撮った写真の枚数が、記録を更新したと思います。

とにかくたくさん、写真をとりました。

それだけ撮りたくなる風景が、ここに存在したんやと思います。

 

IMG_3176

 

旧年中は大変お世話になりました。

何度も何度もご宿泊いただいたかた。

Twitterを見て知りました!というかた。

舞妓さんちのまかないさんファンで!というかたも多かった印象です。

みなさまのお陰で、錺屋はこの京都という荒波のなか、運営できております。

本年も変わらぬご愛顧のほど、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

錺屋女将 上坂涼子

錺屋のお正月準備

2019 年 12 月 31 日 火曜日

 

今年のお正月準備は、

あゆみぃばあちゃんの縄ないよりはじまりました。

亀岡の村のお婆さま達に縄ないを習ってきたそうで、お庭で注連飾りを作ってくれました。

 

IMG_1811

 

気合い十分、来るならこいやぁお正月!

 

IMG_1850

 

お次は恒例おんなだらけの餅つき大会。

今年も四升、錺屋と月屋のお鏡さんと、お雑煮用の丸餅、そして餅花を一気に作ります。

 

IMG_2683

 

お鏡さんも上手にできました。

白くてまんまる、つやつやで可愛ええなぁ。

 

IMG_2690

 

お雑煮用の丸餅もいっぱい、みんなでまるめていきます。

不思議とお餅に触れると、癒されるし、にこにこしちゃう。

日本人のDNAに刻み込まれているのか?

これはもはや、餅セラピーなんじゃないか?

ぷくーーーー

 

IMG_2741

 

そんなことをお話しながら、つきたてをちゃっかり味見。

 

IMG_2768

 

そして山場は餅花づくり。

今年の柳は、錺屋さんどうしちゃったの?っていうくらい豪華超特大!

紅白のお餅をお花に見立て、交互につけていきます。

手間はかかるけど、手作りの愛おしさったらありません。

 

IMG_2778

 

スタッフのみんなで手を動かしながらお喋りする時間。

大掃除からの餅花づくりは、年末がやってきたことを、やっと実感する瞬間でもあります。

 

IMG_2804

 

餅花づくりっていつからやってるんやろう?と、写真を調べてみたら、始めて作ったのは2013年でした。

今年で6回目。やはり年々上手になる!

 

IMG_2870

 

餅花は、錺屋の内と外、月屋の内と外の4カ所に飾りました。

 

IMG_2883

 

こちらは、あゆみさんのなった注連飾りに、ヒカゲノカズラをつけたお目出度いもの。

掛け蓬莱とも呼びます。

 

IMG_2869

 

お正月用のお花に替え、お節を仕込み終えたら、ようやっと歳を越せます。

うん、よう頑張った!

 

IMG_1774

 

師走という言葉通りの、慌ただしいひと月が終わろうとしております。

そんな中でも、お正月の準備は気持ちが引き締まって、なんだか好きなんですよね。

皆さま、どうぞ良いお年をお迎えください。

 

 

錺屋女将 涼子

暮れのちとせ市のご報告

2019 年 12 月 30 日 月曜日

 

はや、年末となってしまいご報告が遅れてしまいました。

先日開催した、‪錺屋史上初の2日間全館貸切イベント、『暮れのちとせ市

蚤の市、ちょんまげ、日本髪、アンティーク、おでん酒場、伝統芸能とお楽しみな娯楽が盛りだくさんの企画で、たくさんのお客様においでいただきました。

 

IMG_1942

 

まずイベントをする経緯となったのは、

閑散期を利用して、錺屋をもっとたくさんの人々に知ってもらう機会とすること、

つまりオープンハウスをしようと、それを定期的に続けていけたらいいなぁと、

イベントの内容を考えはじめました。

 

『ちとせ市』という名前は、

*ちとせ:千歳・千年・長い年月

*ちせ:アイヌ語で「おうち」

このふたつを掛けており、あゆみさんがつけてくれました。

今回の『暮れのちとせ市』のテーマは『文化とモノの交流』で、

以下のようなコンセプトとなりました。

 

日本の伝統文化、くらしを豊かにするモノ、ぬくもりのある古い建物

今在る先人たちからの「ギフト」を大切にし、次の世代につなげてゆけますように。

千代に八千代にとの願いを込めて。ささやかながらこの「おうち」から。

 

IMG_1963

 

今回ありがたいことに、多くの方に参加・ご協力をいただき、想定以上に大きなイベントに育っていきました。

 

*企画から開催日まで1ヶ月弱 (錺屋・月屋スタッフ総出で準備!)

*遠くは仙台など他府県からの出店が決まる

公式スマホサイトが出来る (Special thanks ありさちゃん)

*京都テレビの情報番組「キモイリ」で2回も生中継される

自分たちでもびっくりです。

運も、縁も、本当に恵まれていました。

 

IMG_2057

 

というわけで、写真とともに初日から振り返ってまいりましょう。

初日は搬入+イベント準備+テレビのリハ&生中継でばたばた・・・

朝一番を狙ってお買い物に来ていただいた方には、ご迷惑お掛け致しました。

 

IMG_2005

 

錺屋の庭師さん(金子園芸/埼玉)が苔テラリウムで出店してくれてはって、テレビ用に聖子さんが丁髷姿にしてくださいました。

 

IMG_2085

 

ついでに庭のお手入れもしてくれはったんですが、ほんまに江戸時代の職人さんのようで・・・

その他のゲスト出店は、

*遠く仙台からアンティーク着物店「よし銀」さん

*羽織紐・帯留・帯締め・アクセサリー「巳桜(みお)」さん

*粉引の器「七理摩弓」さん

*つまみ細工のアクセサリー「工房 美穂(はるほ)」さん

*河田全休さんによる狂言

加えて錺屋&月屋のスタッフ蚤の市と、しょこちゃんのお父さんの野菜が並びました。

野菜は午前中に飛ぶように売れました。

 

IMG_1960

 

午後には予約制イベント、第二回*髪結ひことはじめ 〜結髪師に学ぶ日本髪〜

モデルさんお一人はあどけなさも残る、可愛らしさ。

 

IMG_2171

 

もうおひと方は、すらりと美しい佇まいに、息を呑むほど美しいグレイヘアをお持ちで、

聖子さんによる地毛結いのマリアージュを間近に見られ眼福でございました。

ホンマに良い撮影会でした。私も参加したかったです。

 

IMG_2192

 

その後は日本髪を結ったあゆみさんが供する、『一膳酒場おでん錺屋』。

前日より月屋で仕込んだ大きな鍋2つ分のおでん。

 

IMG_2329

 

ちなみに大根は、しょこちゃんのお父さんが朝掘ってきてくれた新鮮なもの。

おでんは4種盛りで、

大根・ちくわ・しょうが天・たまごの「東男」

飛竜頭・餅巾着・こんにゃく・たまごの「京女」のふたつよりお選びいただきました。

「京女」のほうが人気が高かったのが、おもしろかったです。

名前がよかったのかしら。

 

IMG_2291

 

宴会のようにお膳をずらりと並べ、狂言の披露もあり、

タイムトリップしたようでした。

 

IMG_2310

 

宿泊者は遠方から出店中の皆様のみでしたので、

ゆっくりと過ごせたのも良かったです。

そして2日目。

 

IMG_2338

 

よし銀さんに加え、

*着物をリメイクしたバッグや小物「カラット」さん

*あんこと日本酒「狐菴」さん

*藍染「アイノタビビト」さん

*神出鬼没!お能の角付け

 

IMG_2335

 

そして午後には、江戸時代の茶店をイメージした「ちょんまげ茶房」がオープン!

格好良い男子にちょんまげ姿で、茶を淹れてもらったらたまらんよね・・・

という妄想より始まった企画。

 

IMG_2379

 

想像を軽く超える仕上がりに、大満足でした。(五郎さんおおきに!)

日本髪を結った茶娘のお運びさんも、お似合いでとっても可愛らしくて・・・

 

IMG_2356

 

ほんまに時代劇のようでうっとり。

茶房でも、お能を披露していただきました。

 

IMG_2397

 

このような大きなイベントを主催するのは初めてで、諸々不備や力不足な点も多々あったかと思いますが、

なんとか楽しい市に収まり安堵しております。

次に生かせる、良い経験となりました。

 

IMG_2345

 

盛り上げてくださった出店者の皆様

応援・ご協力くださった皆様

持てる限りの人脈や時間をフル稼働してくれたスタッフのみんな

素敵な日本髪で世界を作り出してくれた聖子さん

そしてご来場いただきました皆様、

本当にありがとうございました!

またいつか、次のちとせ市でお会いできましたら幸いです*

 

IMG_2207

 

そして最後に錺屋のこと。

今回は、お茶をしたり、宴会をしたり、撮影会をしたり、芸を披露したり、日本髪を結ったり・・・

多様なご利用シーンを紹介できたかと思います。

ゲストハウス=泊まるところに収まらず、この素敵なおうちを様々なことに使っていただきたい。

そしてひとりでも多くのかたに知っていただけたらと願っております。

 

 

錺屋女将 上坂涼子

【イベント告知】洋酒倶楽部 大正 ~束髪モダンガールが給仕する喫茶室~

2019 年 11 月 15 日 金曜日

 

taisho

 

町家の日イベントで好評いただいた一夜限りの昭和な立ち飲み「カウンター酒場下京」が、

この秋、装いも新たに帰ってまいります。

今回のテーマは大正時代、まるでタイムスリップして来たかのような給仕たちが、

紳士、淑女をもてなすという洋酒倶楽部“大正”が、一日限りOPEN致します。

 

IMG_3216

 

前回よりパワーアップしたという、気になる内容は・・・?

【1】

あの伝統結髪師・澤田聖子先生とのコラボレーションが実現。

給仕は大正風情漂う束髪というモダンな髪型でおもてなし。

また日本髪姿のモデルさん1名の写真撮影もして頂けます。

※モデルさんは公募!詳細は最後に

※14時~17時の間限定

【2】

カフェーメニューが充実、お酒が飲めない方も楽しんで頂けます。時間も14時~21時までに延長!

【3】

カウンターだけでなく、ソファー席、お座敷席もご用意。よりお寛ぎいただけるようになりました。

 

IMG_2119

 

【開催日時】

日時:11月24日(日)14:00~21:00

場所:ゲストハウス錺屋

アクセス:地下鉄五条駅より徒歩2分、京都駅より徒歩12分

おねだん:1000円(1ドリンク付き)

以降はキャッシュオンで、美味しいお酒とおつまみ、ノスタルジックなメニュウ各種取り揃えております。

愉しく国々のお酒と喫茶を嗜みませう。

 

◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆◆

日本髪カフェ女中さん募集!

日本髪×着物×エプロンで、女中気分を楽しんでみませんか?

 

IMG_1759

 

※応募条件

【1】14時から17時まで錺屋のイベントにお付き合い頂ける方。(お支度時間は1~2時間程度)
【2】扮装は有料ですが、モデルとして被写体になって頂く代わりに特別価格でご提供させて頂きます。
【3】お着物のサイズがございますので、165センチくらいまでの方、もしくはお着物ご持参の方。
【4】sns投稿しても大丈夫な方。
【5】髪が短い人の場合は半かつらになります。地髪結いは胸元辺りまで長さが必要です。

 

これは私の個人的な体験談ですが、日本髪を結ってもらうと、本当に心が洗われるような、

女性として新鮮な喜びを知ることができます。

今回はお着物をお持ちでなくても、こちらで貸し出し、大正時代風に着付けさせていただきます。

モデルというのも少し緊張するかもしれませんが、もちろん未経験で大丈夫ですし、

少し被写体になっていただくだけですが、それも含めちょっと女優さん気分味わえるんですよ*

 

IMG_3108

 

ご応募・お問い合わせはメール・コメント・DM・メッセンジャーなんでもOK!

(11月17日応募締め切り・抽選とさせていただきます)

 

錺屋は大正浪漫の時代背景を色濃く残す元薬屋のゲストハウスです。

普段内部はご宿泊の方しかご覧いただけません。

また希少な伝統結髪師が結い上げた日本髪を間近にご覧いただけるまたとない機会です。

是非お誘い合わせのうえ、お越しくださいませ。

大正時代の建物と髪型が織り成す本物の空気感をお楽しみください!

 

 

錺屋 女将 涼子

〜髪結ひことはじめ〜ご報告

2019 年 10 月 1 日 火曜日

 

結髪師聖子さんを中心に開催したイベント、

【髪結ひことはじめ 〜結髪師に学ぶ日本髪〜】が無事終了致しました。

初回ということで至らぬ点もございましたが、

来場者の方々の嬉しいお声がSNSに届いており、ほっと胸を撫で下ろしております。

皆さんの優しさが胸に沁みました。本当にありがとうございました!

 

IMG_0119 (2)

 

今回主役のモデルさんには、江戸時代の燈籠鬢を皆さんの前で結っていただきました。

これが本当に新鮮で面白く、私も初めて間近で拝見したときには感動したものです。

皆さん真剣な表情でご覧いただきました。

生実演って緊張するやろうなぁ・・・集中力を要する繊細な作業なだけに。

聖子さん、お疲れ様でした。

 

IMG_0183

 

続いて撮影会。

ご来場いただいたのは、日本髪好きな方ばかり。

一眼レフカメラからスマホまで、思い思いのカメラを従え、

撮影会も盛り上がりました。

お庭で撮ったり、キッチンで舞妓さんちのまかないさんコミックを持って撮ったり。

 

IMG_0214

 

サプライズでもうひと方、事前に日本髪を結ったモデルさんに登場頂く予定だったのですが、

諸事情で急遽私が代役を務めさせていただきました。

 

IMG_0188

 

また今回福岡より「喜咲屋」さんにもお越しいただき、

明治時代の絵の復元かんざしの展示、販売も同時開催!

私の髪にも、密かに喜咲屋さんの「いちどめ」を挿していただきました*

 

IMG_0113

 

花籠のかんざしも超絶可愛いのですが、

虫籠のかんざしの出来にはもう、驚くばかりです。こちらのみ非売品。

 

IMG_0114

 

今回、主役のモデルさんには三味線の演奏も披露して頂き、

会がたいへん華やぎました。

どうもありがとうございました。

 

IMG_0193

 

今回お仕事やご体調不良で、やむなく参加できなかった方のためにも、

第二回が開催できたら良いな・・・*

会を重ねていくうちにより充実した会になればと思っておりますので、

今後ともよろしくお付き合いくださいませ!

 

そして着物来て応対してくれたあゆみさん、

及び錺屋スタッフのみんなもお手伝いありがとう、お疲れさまでした♡

 

IMG_0213

 

 

錺屋女将 涼子

ページエンド