kyoto guest house kazariya

‘オープンへの道のり’ カテゴリーのアーカイブ

畳さま

2009 年 3 月 10 日 火曜日

最近、畳さまがいらっしゃる前にあれして、これして!と、

油塗ったり、片づけたり、掃除したり、畳が来ることを中心にせかいが回っていた錺屋・・・

 

そしてとうとう新しい畳がやってまいりました

その鮮やかな青色に、その香りに、畳屋さんの手際に、そして畳の並び方に、

私たちはクラクラ・・・ なんて畳って綺麗なの!

ああ・・・い・ぐ・さ・

 

img_8813

 

畳を敷くと、魔法にかかったように一瞬で、いいお部屋に・・・!

 

img_8815

 

こちらはトリプルルームです

 

img_8830

 

縁側へおひさまが入り、 ついついごろごろしてしまいそうなので、

錺屋ではごろごろ禁止令出されています

 

そしてこちらはうぐいす色にじゅらくを塗っていた、ツインルームです

 

img_8827

 

そして最後に、デラックスルームです

 

img_8825

 

ほんとうにみんな綺麗になってくれて、 うれしいわ!涙

 

今回つくづく、畳は凄すぎる・・・と再認識しました。

皆さま、いぐさの香りのするうちにおいでくださいませませ!

 

女将

菜種油と亜麻仁油

2009 年 3 月 9 日 月曜日

菜種油は柱へ、

亜麻仁油は床へ、

おそらく何十年ぶりかに油を塗りこんであげた木は、ほんとによろこんで、

つやをとりもどしていきます

 

こちら、まずは柱、そして床に油をひいてあげたフロント+ショップスペース

 

img_0936

 

なんだか輝いていますね!

生き返ったかのよう・・・

 

女将

じゅらく~

2009 年 3 月 9 日 月曜日

左官なんて誰も未経験の錺屋一同・・・

しかしやってしまいました、じゅらく壁!

じゅらく経験のある和楽庵女将に教えて頂き、とにかくやってみる一同。

 

img_0928

 

「角をキメるんですよ、角がキマるんですよ」と繰り返す和楽庵女将。

とにかくやってみると、これがまた楽しいんです!

 

dsc_00151

 

こちらはついつい味を出してしまうそうた君・・・

dsc_0012

 

じゅらくをのばすとき、コテと壁がすれてジャッ ジャッ、 たまにジャキーン と

気持のよい音がして、左官屋さんを気取ってみたり。

 

dsc_0021

 

うぐいす色はじゅらくのなかでもとびきり和風な感じがしますね

ちなみにじゅらく塗りでは、庭師であるはずのあおぞら君が、なぜかスーパー早くて上手!

広い面や難しいところ、みんなやってくれました・・・スーパー感謝

 

じゅらくにしても、ベンガラにしても、昔からずっと続くやりかたは、自分たちでも楽しく出来て、安くて、

体にも、建物や木にとってもやさしくて、大満足でした。今後も続けようと思います。

 

壁、見違えるほどきれいになりました!

 

女将

お庭がすてきに

2009 年 3 月 4 日 水曜日

錺屋のお庭ができてきました!

あとはゆっくり、苔が成長したり、紅葉の葉がつくのを待つばかり・・・だそうです

そんな冬のお庭のようすを少し公開・・・

dsc_0011

この石灯篭、夜になるとキャンドルを入れてライトアップしています

dsc_0004

雨粒のついた紅葉・・・

そしてあおぞらくんこだわりの、苔が錺屋に!!

dsc_0015

dsc_0022

雨に濡れた苔と石は本当にきれいで、縁側から庭を眺めておやつの時間が、習慣になりました

ゲストハウスにするなら、ぜったい中庭があること。これは物件探しの条件で、町家であることと並べていました

それは、和楽庵の中庭のもたらす、空気や風、落ち着き・・・その重要性を感じていたからです

運よく広いお庭のある町家に出会い、またそのお庭を作ってくれるひとがいて、

本当に素敵なお庭ができました

感謝することばかりです

女将

最近の錺屋

2009 年 3 月 3 日 火曜日

dsc_0016

 

毎日改修作業の日々ですが、

最近ふらりと、友人が訪ねてきて手伝ってくれたり、

また友人の友人が噂をきいて見学にきてくれたり、

そういうことが本当に増えて、とてもうれしいです。

 

もちろんお手伝いしてもらえるのは本当に助かる(涙)んですが、

なにより、多くの人に錺屋を見てもらいたい!

そしてできれば、どこか1本の柱でもベンガラや、菜種油をぬってもらいたい!

どこか一部でも、“私のやったところ”があると、それがあつまると、とてもいい気がするのです

 

dsc_0030

 

手伝っていただいた方々へ、この場を借りてお礼申し上げます

本当にありがとうございました! きっとまたきてね*

 

女将

つばき姫と、もみ王子

2009 年 2 月 27 日 金曜日

錺屋のお庭に、とうとう木がやってきました!

赤い椿のつばき姫と、背の高い紅葉のもみ王子です

 

dsc_0108

 

dsc_0115

 

このもみ王子、ハタチくらいだそうです (もう大人なのね・・・)

日当たりがよいので、紅葉するかも、とのことです。楽しみ~!

これから長い時間を錺屋とともにして、ゆっくり育っていくのでしょうね

 

そして葉のつややかな、つばき姫・・・

色が深くて、葉がぷりっとしていて、きれい~

dsc_0117

 

なにやら相談中の植木屋さんと錺屋の庭師あおぞらくん

 

dsc_0118

 

きっとすてきなお庭になりますよ~

そして植木屋さん、庭師さん、お疲れ様でした!

 

日々の変化、いつも縁側から眺めています

 

女将

ベンガラ大会

2009 年 2 月 24 日 火曜日

京都といえばベンガラ格子・・・!

伝統的で自然素材の建築塗料、ベンガラ+柿渋塗り大会をしましたー

和楽庵女将に教えていただき、みんなで木部を塗り直し・・・

さすが和楽庵をベンガラで仕上げただけに、和楽庵女将手慣れておられます!

 

dsc_0081

 

塗ってみると、魔法のように傷が消え、さらりときれいになります!

それはもうびっくりの感触。 楽しい~~!くさい~

dsc_0091

 

こちらベンガラ+柿渋前

dsc_0082

 

そしてこれが~ベンガラ+柿渋後

dsc_0099

 

綺麗・・・

しかもみんなでやるとどんどん仕上がってゆくんです

 

dsc_0096

 

とってもいい日でしたね

 

ベンガラは着色を、柿渋は定着や防腐の効果があるそうで、

体にもいし、木も深呼吸できて気持ちよさそう。

上から覆って隠す塗装ではなく、塗り重ねて木目や傷を生かす自然な塗装というのは、

本当に綺麗になった気がします。

 

ちなみにベンガラと柿渋を購入したのは下立売通智恵光院西入、山中油店

京都では山中油さん、と古くから親しまれています。

山中油さんの店舗の町家も立派ですが、またその一帯の町家のすばらしさったらありません。

朝8時から開いているので、ぜひ京都に来られた際はお立ち寄りください。

 

女将

ムサシー!

2009 年 2 月 23 日 月曜日

京都、八幡市にあるホームセンターむさし・・・ここは超でかいホームセンターであり、

そしてNICOさんの大好きな場所。

先日車2台!で、錺屋一行は大買出し大会にいきました~

dsc_0011

お庭の石・石・石 じゃりじゃりじゃり (くるま、重かったろうね・・・)

木材や塗料をまとめて仕入れました

 

こちら真剣に石を選び中の庭師さん

dsc_0007

 

フロアの広さや品揃え、本当にスゴイです。

目に飛び込む情報量の多さになんだかおかしくなりそうでした。

dsc_0035

広っっ

 

女将

すすめ!改修工事

2009 年 2 月 16 日 月曜日

本日、京都は雪もちらつきました。

錺屋は改修工事を進めています!

こちら洋室の床をはがしている大工のNICOさん

img_2519

この後・・・

あっという間にこわしたかと思ったら、

トトトーンと新しい土台が出現。NICOさん魔法つかってる?

 

今日は畳屋さんに来てもらったら、畳をめくってひとこと。

「この畳100年はたってるな、大正時代のものですよ」

え~!?

そこで浮上した錺屋大正建築説・・・

築不詳という建物なのですが、昭和初期だろう・・・とみんな思っていたのに。

確かに、大正ロマンのような雰囲気はところどころ感じていました。

img_2521

この畳。なんでも、職人さんが足で踏んで固めて、編んで、を当時はすべて手作業でやっていたそう。

畳表も手織りだそうです。すごいなぁ。捨てられない。

畳は100年以上使えるそうなので、宿直室だけこの大正時代の畳をのこして貰いました。

100年の時とともに眠れるかも・・・

 

女将 

宿の下絵

2009 年 2 月 11 日 水曜日

ゲストハウスオープンまでの道のりは備品あつめばかりではなく・・・

ほれほら、役所関係をまわったり、電話ネット、電気、消防、畳、銀行、すうじすうじ数字・・・

旅館業法に消防法と今まで無縁だったものばかり。涙

それほどお付き合いのなかった保健所やホームセンターともお近づきになりました。

日々、せっせと宿の下絵を書いております。

ページエンド