kyoto guest house kazariya

‘かざりや日記’ カテゴリーのアーカイブ

【節分祭】吉田神社と懸想文

2019 年 2 月 2 日 土曜日

 

京都の節分祭は2月2日、3日と大変に盛り上がります。

有名でない小さな神社でも、鬼さんが出てきたり、豆撒きをやったりするのですが、

四方参り(よもまいり)をすると、大変よいとされています。

 

四方参りとは鬼門となる4つの神社をお参りするという、

千年ほど前から行われているらしい京都の節分の風習。

吉田神社八坂神社壬生寺北野天満宮と、まわる順番が決まっています。

バスも無かったくせに、なかなかハードなスケジュール立てはるわ・・・いつか挑戦してみたい。

 

今年もあゆみさんと一緒に、お正月飾りをお納めに吉田神社へ行ってきました。

 

IMG_1002

 

土曜日だったせいか、すごい混雑ぷり。

四方参りは無理やけど、表鬼門の吉田神社だけでも行っとこか。

という私のような人が多いのかもしれません。

抽選券付き福豆も入手。吉田神社の福引は豪華で、特賞はヴィッツどす。

 

IMG_0995

 

タイミング悪く鬼さんに会えへんかったので、露店めぐりをしました。

境内に並ぶ八百店もの露店、どれも目移りします。

松井酒造のコップ酒(発泡にごり)で、

ほろ酔いに。

 

IMG_1004

 

昔は新年の始まりが立春であったため、節分は大晦日にあたりました。

年越し蕎麦なんかもやっていて、本当にお目出度い雰囲気なんです。

 

IMG_1013

 

続いて須賀神社へ。

こちらは一風変わっていて、鬼ではなく二人組の「懸想文売り(けそうぶみうり)」が、

節分の2日間だけ姿を現します。

 

IMG_1034

 

庶民は文字が書けなかった平安時代、

お公家さんに恋文の代筆を頼んでいたのがはじまりで、

江戸時代にはそれを売る「懸想文売り」が流行ったのだとか。

文字が書けるようになったためか、明治時代には姿を消していったそうです。

 

IMG_1017

 

こちらの恋文を誰にも知られず、鏡台や箪笥にそっとしまっておくと、

姿かたちが良くなって、着物が増え、良縁があるらしい。

昨年もいただいたんですが、御利益ありましたかしらね?

ねぇ、あゆみさん?

 

IMG_1024

 

須賀多餅は、梅入り白餡と、柚子入り白餡の2種。

節分の2日間だけ作られる、とてもやらこいお菓子です。

 

IMG_1026

 

続いて須賀神社の向かいにある、聖護院へ。

そこでやっとこさ鬼さんに会えました。

 

IMG_1043

 

昨年もお会いした、オリーブ色の胸毛ぼんの鬼さん。

人語を話してくださいます。

 

IMG_1056

 

梅が見ごろで、美しかったです。

今年はちょっぴり鬼不足やけど、振る舞い善哉もいただいたし、

なんやええことありそうな気がします。

 

京都の節分祭まとめ

ぜひ来年こそ、京都の節分祭へお越しください!

 

ゲストハウス錺屋

女将 涼子

冬のゲストハウス、何もってく?

2019 年 1 月 27 日 日曜日

 

今日はひとり旅慣れした大人女子Ayumyさんに、

冬のゲストハウスで1泊用のお荷物を見せていただきました!

手拭い、サブバッグ、タオルにもなるストールなど、

コンパクト且つ便利ですよねぇ。

 

IMG_0858

 

風呂敷包みの中には、あったか靴下が。

普段より三枚重ねで靴下を履いているというAyumyさん。

町家の床はちべたいですものね。

寝巻替わりのもんぺも。

 

IMG_0868

 

青い缶のなかには、飴ちゃんや、しょうが湯、

台湾茶のティーバッグなどが入っておりました。

 

IMG_0869

 

お気に入りのmy湯たんぽも必需品だそう。

インナーダウンを着こんで、上からポンチョをぽん!

 

IMG_0875

 

いってらっしゃい、良い旅を!

 

 

ゲストハウス錺屋

女将・涼子

これ誰のん

2019 年 1 月 27 日 日曜日

 

気がつけば錺屋の食器棚の中に、

前から居ましたよって顔して、しれっと入っていた、

古い染付けの印判皿12枚。

揃いが5枚に、柄違い4枚、変形3枚。

スタッフみんな、私が買うてきたものやと思ってたみたい。

揃った時に、誰のんでもないことが発覚。

 

IMG_0881

 

えっ 誰のん?

忘れもん?

 

IMG_0884

 

買いすぎた・・・としても、そっと置いていかはらへんよなぁ?

持ち主さん、お便りお待ちしております。

 

ゲストハウス錺屋

女将・涼子

貸出品が増えました!

2019 年 1 月 26 日 土曜日

 

とりあえず口癖のように寒むう寒むう言うてるけど、暖冬です。

雪もぜんぜんふらんし。

寒ても負けずにお庭に出て、雑草抜きと、箒で苔なでなで。

 

IMG_0886

 

暖冬ゆうても寒いんやろ?

はい、否定はしまへん。

京町家の寒さが心配な皆さまへ、湯たんぽと電気敷毛布の貸出がございます*

 

IMG_0895

 

インフルエンザも流行ってるそうですので、

みなさんお気を付けくださいね*

 

ゲストハウス錺屋

女将・涼子

台湾お土産図録

2019 年 1 月 24 日 木曜日

先日翼さんと台北へ行ったきました。

→その時の記事はこちら*

スタッフのみんなと、錺屋用に買うてきた、

お土産の一部を公開!

 

IMG_0845

 

台湾と言えば、キッチュな雑貨ですよね。

日本でもじわっと人気・台南発の漁師網バッグ

(台湾での名称は「茄芷袋」らしい)は、

150円くらいから。

カラフルで可愛いのに、市場でおじさんおばさんが野菜を入れたりする、

台湾の若者にとっては「ダサい」袋なんだそう。

 

IMG_0854

 

迪化街という市場で買った、中華せいろ。

いい作りなのに、安くって感激!

ちょっと大きいけど、特大の漁師網バッグを買って機内持ち込みしました。

 

IMG_0848

 

これはもう、見た目の可愛すぎるお茶っ葉。

プーアル茶、台湾茶、香り付紅茶など、ぽんとカップにいれるだけ。

バラ売りで30種類くらいありました。

(味見してへんので、おいしいかどうかは分かりません。)

あとは麺料理が美味しかったので、乾麺とか、調味料。

写真には載ってへんけど、スパイスなんかもいっぱい買いました。

お茶問屋「林華泰茶行」にも連れて行ってもらったのですが、

台湾茶買うなら、お安いのでめっちゃおススメです。

ローカル感半端ないですが、日本語もお上手でしたので、恐るることなかれ。

また行きたいワン。

 

 

ゲストハウス錺屋

女将 涼子

台北へ行ってきました!

2019 年 1 月 12 日 土曜日

 

お正月明け、お宿梅夜のきむさん夫妻(旦那さんは台湾人)に連れられ、

翼さんと岩本くんと、みんなで台湾の首都・台北に行ってきました!

 

IMG_0767

 

約3日間あって、何をしてたかというと、

街歩き・ご飯&お茶・お買い物。

これにつきます。

 

IMG_0618

 

こちらは、千と千尋のモデルとされる『九份』

夕暮れには妖艶な赤提灯がともり、ノスタルジックな風景が有名ですが、

レンタカーで行ったので、真昼間でした。

でもよかったですよ。

 

IMG_0732

 

高低差のある街って雰囲気が好きで、

住むのは大変やろけど、憧れる。 京都は盆地やしな。

レトロで可愛い、建物や、窓、鉄格子。そして猫。

もさもさ元気な熱帯植物たち。

 

IMG_0720

 

疲れたらお茶屋さんで、台湾茶。

最初だけ教えてもらって、あとは自分たちでつぎます。

ただでさえ二煎目、三煎目でも美味しい台湾茶。

茶葉が茶入れごと出てくるので、無限に飲めそうな勢い。つい長居しちゃう。

 

IMG_0737

 

台北市内では乾物街「迪化街」で食材や、お茶、蒸篭、買い物籠を買いました*

なんで籠っていくつも欲しくなるんやろう。

 

IMG_0786

 

ふらっと入った路地の屋台ごはんが、

どれも安くて美味しくて。

 

IMG_0799

 

お外でさくっと食べられて。

なんて豊かな街なんでしょう。

 

IMG_0802

 

3泊とも、Star Hostel Taipei Main Station(スターホステル)の、

ドミトリーに泊まりました。

こちらの共有リビングはとっても開放的!

 

IMG_0749

 

ホステルのフリーの朝食と一緒に、

市場で買ってきたパパイヤやドラゴンフルーツ、パッションフルーツを。

なんて豊かなの!

 

IMG_0839

 

そして、スターホステルの隣にある、

胡椒餅屋さんがめっちゃ美味しかったので、

お伝えしたい。

なぜか昼の12時オープンで、焼いては売り切れ、焼いては売り切れるので、

買いづらいことを。

 

IMG_0753

 

友達とわいわい行く海外は、ほんとに笑いっぱなしで、

めっちゃ楽しかった。

しかも1日中18度。湿気は多いけど、快適すぎる。

きむさん、えんちゃん、案内ありがとう!

胃を2個に増やして、もう一回行きたいな。

 

 

ゲストハウス錺屋

女将・涼子

月屋でお節新年会

2019 年 1 月 5 日 土曜日

 

今年も錺屋・月屋スタッフとその家族・関係者で、

新年を祝う会を、月屋にて催しました。

 

IMG_0263

 

みんな晴れ着を着て来てくれました*

華やかでよろしねぇ!

 

IMG_0409

 

大掃除など、旧年中お世話になったスタッフへのお礼のつもりが、

お年賀のお菓子やお酒を貰うてしまいました。

 

IMG_0481

 

お雑煮と、お節も全種類食べなあかんし、おやつもいっぱい。

胃も心も、幸せまんぷく丸。

帯ほどきたい。

 

IMG_0497

 

晴れ着ついでに錺屋&月屋スタッフ7名勢ぞろいで、

集合写真も撮ってもらいました。

 

IMG_0512

 

本来は家族と過ごす、お正月。

京都に居てくれて、しかも集まってくれて、本当にありがとう・・・

本年も本気で遊んで行きたいと思いますので、

よろしくお願いします!

 

ゲストハウス錺屋 Guesthouse KAZARIYA

女将・涼子

新春の御挨拶

2019 年 1 月 1 日 火曜日

 

明けまして、おめでとうございます。

すっきりとよう晴れました。

 

IMG_9983

 

今年の鏡もちは、可愛く仕上がりました。

年々高さが出ている気がします。

つるすべ。

 

IMG_9964

 

昔の日本では誕生日という概念がなかったそうで、

1月1日に、全員ひとつ歳をとる。

当時のお正月はたいそう御目出度かったでしょうね。

その名残で、日本のお正月は家族で過ごす風習なんだとか。

 

IMG_0040

 

お正月が全員の誕生日って、なかなかいいと思いませんか。

錺屋も、私たちも(お客さまも)、

追い越すこともなく、追い抜かれることもなく、

ひとしくひとつ歳を重ねていきます。

 

IMG_0557

 

今年の3月、ついには10周年を迎えます!

旧年中は錺屋にお越し頂き、

また応援を頂き、誠に有難うございました。

本年も変わらぬご愛顧をいただけましたら幸いです。

皆さまのご健康とご多幸をお祈りしております*

 

ゲストハウス錺屋

女将・上坂涼子

 

仕事納めと大晦日

2018 年 12 月 31 日 月曜日

 

今年の餅花さん、半分月屋に持っていったにもかかわらず、

この大きさ!

餅の個数が過去最多かもしれない。

スタッフみんな、よう頑張ってくれました*

 

kazariya-mochihana

 

スタッフはひとり、ひとりと順に仕事納め。

「今年もお世話になりました。 来年も宜しくお願いします。」

ひとり、ひとりとご挨拶。

 

kazariya-mochihana2

 

落ち葉も拾い納め。

あゆみさんは落ち葉の山を作って帰っていきました。

 

IMG_0034

 

さて今日は大晦日。

ひとりもくもくと仕事を進めながら、色々思う。

お正月を迎える準備は整っているはず。

あれもした。

これもした。

でも、あれもしたかったし、

これもしたかった。

来年は何からしようか。

楽しいこといっぱいしたい。

旅行でいらっしゃるお客さまも、それが日常の私たちも、

お互いに(一緒に、またそれぞれに)楽しめる場所でありたい。

 

kazaria2018

 

本年も多くの皆さまのご愛顧をいただきまして、

誠に有難うございました。

どうぞ良いお年をお迎えください!

 

ゲストハウス錺屋

女将 涼子

餅つきと餅花づくり

2018 年 12 月 28 日 金曜日

 

とうとうお正月に向け、餅つきの日がやってまいりました。

今年は月屋のスタッフもお手伝いにきてくれたので、

総勢6名、「ドキッ 女だらけの餅つき大会」となりました。

女が6人となれば、試食がすすむに違いないと、

いつもより一升多く、四升の餅米を用意。

 

IMG_9716

 

大掃除したて、清めたての台所で、

餅つきスタート!

 

IMG_9597

 

まずはお雑煮用の小丸餅。

あっついお餅を手早くちぎり取り、餅とり粉の上で丸めていきます。

みんなもう手慣れてる!

 

IMG_9602

 

ちいさくて可愛い*

120個くらい出来ました。

 

IMG_9619

 

餅つき機でつけるのが、一升ずつなので、

蒸し時間30分、つき時間10分の間に、

次の準備をしたり、お茶を飲んだり。

 

IMG_9743

 

小丸餅を終えたら、餅花づくり。

餅花とは、葉っぱを取った餅花専用の柳の枝に、

紅白のお餅を交互につけ、花にみたてたお飾り。

 

IMG_9753

 

柳は年末になればお花屋さんで売っています。

完成品も売っていますが、値がはりますし、

作り手さんも高齢化しており、生産量が減っているそうです。

最近は本物のお餅じゃない餅花のほうが主流ですしね・・・

お餅のほうが断然可愛いのになぁ。

 

IMG_9796

 

今年はお手伝いさんがいっぱいいるし、

調子に乗って特大にしてしまいました。

なかなか終わらない(笑)

 

IMG_9846

 

つばさ・あゆみ・さとみの赤組と、

しょう・しょうこ・おかみの白組に別れて、

競い合ったり、本家の嫁と姑ごっこをしたりしながらお餅をつけていきました。

昔は家族でこういう作業したのかなぁ。

 

IMG_9868

 

食紅入れすぎて、紅餅が赤過ぎた(いつもはピンク色)けど、案外可愛ええ*

これだけ大きいと豪華やわ。

 

IMG_9882

 

あとは2軒分のお鏡さんを最後の一升で、

手早く作ります。

 

IMG_9919

 

お待ちかねの試食!

つきたてのお餅に、お砂糖、きなこ、小豆、なっとう、きむち、大根おろし。

なんでこんなに美味しいんでしょ。

 

IMG_9699

 

毎年恒例の季節の行事があるっていいね、大切だねと話しながら。

こうして集まってくれるスタッフのみんながいてくれて、

本当にありがたいなぁと思いました。

年末年始って、本来は家族と「家」で過ごすものですからね。

錺屋で大掃除をし、餅つきをし、お節をつつく・・・

これを一緒にして貰えるのは特別なことです。

今年も餅つき楽しかったなぁ。

ただ今乾燥中の、お鏡さんの仕上がりもお楽しみに!

 

ゲストハウス錺屋

女将 涼子

ページエンド