kyoto guest house kazariya

‘かざりや日記’ カテゴリーのアーカイブ

お帰り船鉾さん

2018 年 7 月 20 日 金曜日

さて17日は祇園祭の華、山鉾巡行

今年は宵山にはしゃぎすぎてお寝坊したため、

13時すぎに四条新町の交差点へ、帰ってくる山鉾たちを見に行ってきました。

 

まずやってきたのは鶏鉾

間近で見る「辻回し」は迫力満点。

 

IMG_0372

 

「辻回し」とは。

ささらと呼ばれる竹を車輪の下に敷き、その上に水をまいて、

音頭取りの「ソーレー」「エーンヤーラーヤー」という掛声と扇子による合図にあわせ、

縄で引き車輪をすべらせて、3・4回に分けて90度方向転換するという山鉾巡行最大の見せ場。

 

IMG_0389

 

こちらは菊水鉾の辻回し。

いつもは2名の音頭取り、辻回しのときは4名になります。

 

IMG_0391

 

なにせ10トン越えの鉾、緊張感が走ります。

しかも慎重に時間をかけるので、じっくり胴懸などの装飾を見られるし、

写真も前から横から斜めから、たっぷり撮れるのがいいですね!

 

IMG_0395

 

岩戸山船鉾は、新町通沿いにおうちがあるので、

辻回しせずに、下がってきます。

どちらもくじ取らずなので、いつも最後の帰宅。

(今回見た鶏さんも菊水さんも、くじで順番が決まるので、毎年時間が異なります)

 

IMG_6668

 

見送って・・・後ろをついていきました。

 

IMG_0405

 

今年は船鉾さんの曳き初めから拝観

そして無事おうちに帰るとのころまで、見届けました。

 

IMG_0408

 

最後のお囃子がやむと、ちょっと切ないお別れのとき。

ああ、前祭りが終わった。

・・・また来年ね。

そして猛暑の中の長丁場、本当に本当にお疲れさまでした!

 

ゲストハウス錺屋

女将

宵宵山へ繰り出そう

2018 年 7 月 16 日 月曜日

 

今年の宵山(16日)は海の日で、祝日でした。

 

IMG_9990

 

さすがに混むやろねと思って、宵宵山(15日)に、

梅夜のきむさん夫妻や、日暮荘のやまさん、スタッフの翼姉妹など、

ゲストハウス(お宿)仲間で、混雑中の歩行者天国の真ん中で待ち合わせ。

奇跡的に集合できたけど、

後から聞くところによると、宵宵山のほうが人出多かったらしい。

 

IMG_9999

 

写真はトワイライトタイムの四条通、

トップアイドルの座は譲らない、長刀鉾さん。

 

IMG_0011

 

一方通行に惑わされながら、お目当ての粽を求めて、人の海をただよいました。

梅夜さんが買うのはいつも菊水さん

不老長寿・商売繁盛の御利益があります。

粽は基本的に厄除け・疫病除けなのですが、他にも御利益があるものもございますので、

ぜひお早い時間にお求めください。 (売り切れるので!)

 

IMG_8783

 

【変わった御利益のある前祭り山鉾一覧】

霰天神山=雷・火災除け

油天神山白楽天山太子山=学業成就

孟宗山=親孝行

芦刈山保昌山綾傘鉾=縁結び

山伏山=雷除け

占出山綾傘鉾船鉾=安産

郭巨山=開運・金運向上・母乳の出を守る

木賊山=迷子防止・再会

 

IMG_0021

 

屋台で買い食いして、飲んで、

そのたびにはぐれて(笑)

結局いつもと同じで、あやこやお喋りするだけなんやけど、

宵山の雰囲気が楽しくて、毎年必ず来る。

混みすぎやろってぶーぶー文句言いながら来年も来る。

 

IMG_0047

 

月鉾さんのところで、亀田六神丸ちょうちんを見つけました。

錺屋の建物は旧亀田利三郎薬舗

※江戸時代より、ここ五条室町に店を構えていたそう

 

IMG_1621

 

この立派な古い看板も、今は錺屋の目印です。

さて、明日はいよいよ山鉾巡行

 

ゲストハウス錺屋

女将・涼子

紙博 in 京都

2018 年 7 月 14 日 土曜日

 

今日は祇園祭へ行くのをお休みし、

岡崎の【紙博 in 京都 vol.2】にあやちゃんと行ってきました!

 

IMG_6521

 

みんな紙に熱上げすぎやろってくらい大盛況、一部ひるむほど長蛇の列。

戸惑うほどの紙モノと紙モノマニアの大海原を、しばらく漂っていました。

確かに可愛いしね、300円とかやしね、色々選びたくなって、欲しくなっちゃうんですよ。

紙っておそろしい!薄い悪魔だわ*

 

IMG_6517

 

フードもお洒落すぎる。

ていねいに食べたくなる、美しく、やさしいお味のお弁当。

 

IMG_6520

 

そしてデザートに、

ごろごろナッツのトフィーが載ったアイスクリーム!

 

IMG_6535

 

午後には空いてきたので、買い物しやすかったです。

ゆっくり見たい方は午前中を避けたほうがよいのかも。

猛暑日だったので、館内クーラー付きは本当にありがたかった。

 

IMG_6528

 

明日もやってますので、紙モノ好きのみなさま、

ぜひぜひお出かけください!

ただし祇園祭中につき、交通規制があってバスが混雑します。

地下鉄での移動をお勧めいたします。

 

【紙博 in 京都 vol.2】

日時:2018年7月14日(土)10:00〜17:00、15日(日)10:00〜16:30

会場:京都市勧業館みやこめっせ  入場料:500円

http://kamihaku.jp/2018_summer/category/kyoto/

 

 

ゲストハウス錺屋

女将・涼子

船鉾の曳き初め

2018 年 7 月 13 日 金曜日

 

今日はあゆみさんと一緒に、船鉾岩戸山曳き初めを見学しにいってきました!

15時ちょうど、船鉾の初「エンヤラヤー」を見送ります。

ちょっと鳥肌。

 

IMG_6368

 

目の前で大きな車輪がゴギィゴッギィと鳴きます。

 

IMG_6369

 

山鉾巡行が仕事でどーしても見れへんっていうかたには、

曳き初めめっちゃお勧め!

曳いてる人の衣装が違うのと、距離が短いだけで巡行に近しい面白さがあります。

 

IMG_6370

 

船鉾岩戸山も、新町通を四条通まで行って、引き返して、

高辻通まで下がってから、定位置に上がるので、けっこうたっぷりと魅せてくれます。

 

IMG_6383

 

平日なのに、けっこう人が集まっていてびっくり。

人気の鉾(長刀とか月鉾とか)よりマシだろうと高を括っていた・・・

こちら、引き返す岩戸山(Backバージョン)

 

IMG_6388

 

やっぱり見てるだけじゃなくて曳きたいよね!

というわけで、高辻通より上がる船鉾さんを曳かせてもらいました。

 

IMG_6402

 

縄が太い!なんか楽しい!

数百人で曳くので、重いわけではありませんが、

なんやコブシにちからが入ります。

曳き初めに参加したひとには、お礼にと拝観ご招待券をいただきました。

通常700円やのに!めちゃ大盤振る舞い!

 

IMG_6416

 

曳き初めのあとには、前回のブログで紹介した膳處漢ぽっちりへ。

祇園祭限定しみだれ豚まんも、今日ばかりはすぐ買えます。

ほくほくで並ぶあゆみさん。

 

IMG_6428

 

すごい速さで蒸されてははけていく。

常に蒸したてあつあつ。

 

IMG_6432

 

1年間待ちに待った、祇園祭の味に、

この笑顔。

いっこはこの場でほお張って、いっこはお持ち帰り。

 

IMG_6436

 

船鉾の拝観は、午後七時からだったので、

日が暮れてから、浴衣に着替えてもう一度やってきました。

提灯がつくと、昼間とは違った趣があります。

 

IMG_6470

 

船鉾さんのおうちのからは、竜宮城にでもいざなわれてしまうのかしらん・・・

という雰囲気。

 

IMG_6493

 

船鉾の上は意外と狭い。

囃子方さんの座る、細い腰かけに座らせてもらい、解説を聞きます。

 

IMG_6500

 

結構高くてスリリング。

でも、上から見下ろすのは爽快でした。

 

IMG_6507

 

上らないと見られない、船首の鷁(げき。中国の想像上の水鳥)の後ろすがた。

 

IMG_6514

 

山鉾の拝観はできれば13日、せめて14日に。

15日・16日は、歩行者天国に夜店が出て、華やかで楽しいですが、

とにかく並ぶお覚悟を。

曳いたり乗ったり、今日は船鉾さんと親密になった1日でした。

のぼったことのある鉾はやっぱりちょっと意識しちゃう。

 

 

ゲストハウス錺屋

女将・涼子

京の夏、檜扇

2018 年 7 月 11 日 水曜日

 

祇園祭1100年前(平安時代)、都に蔓延した疫病を鎮めるために始まりました。

中、京都の玄関や床の間にかかせないお花、檜扇(ひおうぎ)。

 

IMG_6677

 

扇に似ていることから、

古来より厄除けの植物として扱われているそうです。

今と違って舗装・整備されておらず、冷蔵庫もなかったもの、

梅雨の時期いかに壮絶な戦いだったか想像に易いです。

 

IMG_6675

 

扇を開いたような葉の姿が特徴なので、

水盤でないと魅力半減です。

 

IMG_6680

 

元宿直のしまちゃんに貰ろた、

織部焼の菓子器を水盤がわりにして、挿してみました。

水が張られていると、ちょっと涼しい気がする*

 

 

ゲストハウス錺屋

女将 りょうこ

膳處漢、洋館探訪と鉾建て

2018 年 7 月 10 日 火曜日

 

長く降り続いた雨がやんだと思ったら、はや梅雨明け。

一転して厳しい暑さがやってきました。

極端やなぁ・・・

そんな晴天の中、ついに始まりました、祇園祭鉾建て

見逃してはなりません!

初日さっそくあゆみさんと、鉾スポット四条烏丸へ向かいました。

早いところでは7時台から始まる鉾建て、ちょうど12時すぎだったので、

作業方さんたちは皆お弁当休憩してました。

 

IMG_6315

 

我々もまずは休憩しますか!

しみだれ豚まん(祇園祭限定)の下見という名目で、膳處漢ぽっちりへ。

 

IMG_6310

 

ほほう、 しみだれ豚まんは7月13日11時より店頭販売開始とのこと。

心得た。

 

IMG_6300

 

お庭に面した奥の間(純和室)も町家らしくて大変よいのですが、

今日は洋館造りの表の間に通していただきました。

さすが元呉服屋さんの商家、立派ですわ。

家具もクラシックな中華風で、また可愛いんですよね。

 

IMG_6297

 

*今日は麻婆豆腐のセットをいただきました!

京風な北京料理屋さんで、夜はコース5,000円~ですが、

ランチは麺1,000円~、セット1,200円~とお手頃ながら、

これほどまでに、優雅なひとときを味わえます。

 

IMG_6305

 

平日だったので、1時を過ぎると1組、1組と退席され、

二人きりになるという好機に恵まれたので、

こんな引きの写真も撮らせていただきました*

 

IMG_6308

 

ロマンティックが過ぎるわ*

予約もできるのですが、席はえらべないそうです。

しかし奥の間に通されても大アタリなので、ご心配なく!

 

IMG_6312

 

さあて、おなかぽんぽんですが本題へ。

 

まずは菊水鉾

ベテランさん指導のもと、真木に縄を巻く作業をされていました。

 

IMG_6317

 

こちらは月鉾

お揃いの月ハッピがチャームポイント。

 

IMG_6325

 

釘は使わず、組んで、縄だけで固定していく「縄がらみ」。

 

美しい。

 

IMG_6348

 

函谷鉾と、長刀鉾も、進み具合は同じくらい。

徒歩5分圏内ですので、ぜひぐるりと見まわってください。

 

IMG_6335

 

こちらは鶏鉾

お揃いの鶏Tシャツと鶏鉾はちまきがチャームポイント。

 

IMG_6341

 

こちらは鶏鉾の真木。

長いですねぇ、立つのが楽しみ!

 

IMG_6344

 

明日は放下鉾船鉾岩戸山が建ちだします。

またこれに伴い交通規制が始まります。

特に室町通り・新町通り(山鉾町のみ)は車両通行止めになりますので、ご注意ください。

 

鉾建て日程表はこちら*

祇園祭中、7月14日~17日が観光客数のピークとなりますが、

それまではお部屋に空きございますので、

ぜひ鉾立て・曳き初めを体験しにいらしてください*

*錺屋から山鉾町(四条烏丸)へは徒歩15分(地下鉄でひと駅)
*錺屋から膳處漢へは徒歩20分

 

 

ゲストハウス錺屋

女将・涼子

特大*七夕かざり

2018 年 7 月 7 日 土曜日

 

この度の大雨により、西日本の各地に深刻な被害がもたらされました。

被害にあわれた地域の皆様へ、心よりお見舞い申し上げます。

京都市内は、桂川・鴨川ともに持ちこたえてくれはったので、

懸念されていた嵐山も、特におおきな被害もなく、

すっかり街は平常通りとなりました。

先日の地震に引き続き、

ご心配のお声をたくさん頂戴しまして、ありがとうございました。

 

IMG_6206

 

毎日続く雨により、とにかく木製の建具が閉まりにくい!

梅雨の町家あるあるですね。

 

IMG_6204

 

雨のお庭を眺めながらの、縁側ランチはさいこう。

錺屋さんちのまかないさん、今日もおいしそうですね。

翼さんにもろた紀州土産の梅そうめんですえ。

 

IMG_6202

 

さて雨にもめげず、今日は七夕です!

今年の笹はおっきい!!

スタッフそうたくんの実家より、採ってきてもらいました。

 

IMG_6208

 

笹と言えば日持ちせず、水揚げむずかしい選手権金賞。

今年はひと手間かけました。

葉っぱはくるくる丸まらないよう袋で密閉して、酢水(2:3)につけて保管していたので、

開けた時には青々とみずみずしい笹の、とってもいい香りがしました。

 

IMG_6224

 

いつものように飾りつけして・・・

 

IMG_6242

 

お客さま用に、短冊もいっぱい用意しました。

雨ニモマケズ、私たちの願いが届きますように。

 

IMG_6249

 

そして西日本の大雨による被害が、1日も早う収束しますように。

 

 

ゲストハウス錺屋

女将・りょうこ

手づくり水無月

2018 年 6 月 30 日 土曜日

 

今日も暑うございました。

6月30日は、夏越の祓。 京都中の神社で、

夏越大祓式(なごしのおおはらえしき)が執り行われています。

1年のちょうど半周にあたる今日、この半年間の罪や穢を祓い、

この先半年間の無病息災を祈願し、気持ちを新たにします。

 

IMG_7367

 

京都人にとって今日は、「水無月」(みなづき)を食べる日。

三角形の外郎の上に、邪気を払うとされる小豆をのせたお菓子です。

 

もともと宮中ではこの日に氷を口にすることで涼み、夏の病から逃れていました。

しかし冷蔵庫のない時代、しかも夏の氷なんて、

とっても貴重で贅沢なもの。

当然一般庶民には手に入りません。

そこで氷の形をしたお菓子を氷に見立て、

それを食べて厄除けを行ったのが始まりといわれています。

 

IMG_5985

 

今年は手づくりに挑戦。

最近は、葛を使って本当に氷ぽい水無月もありますが、

昔ながらの白い外郎にしてみました。

 

IMG_6002

 

DULTONのレトロな計りで粉を計って・・・

正確な値は計れないけど、まぁええのんよ!

基本ふるって混ぜて蒸すだけなので、和菓子ってシンプルですね。

 

IMG_6010

 

まず外郎だけを蒸して、小豆をのせてから生外郎をちょろがけして、

もういっぺん蒸します。

 

IMG_6013

 

気持ちが先走って、ついつい温かいうちに包丁を入れてしまったので、

あんまり上手に仕上がりませんでしたが、

三角形には出来ました!

 

IMG_6026

 

無事厄払い完了。

今年もあと半分か・・・としみじみ。

皆さまも来年こそぜひ夏越大祓式(なごしのおおはらえしき)と、

水無月を味わいに、京都にいらしてくださいね。

 

 

ゲストハウス錺屋

女将 りょうこ

舞妓さんちのまかないさん6巻

2018 年 6 月 23 日 土曜日

 

小学館編集さんより届きました。

舞妓さんちのまかないさん』 コミックス第6巻

*小山愛子さん著/週刊少年サンデーで好評連載中*

今回も、めっちゃキッチンの場面多かったです。えへへ。

 

guesthouse-kazariya-kitchen01

 

あとは新入りの見習いさん目線で、

舞妓ちゃんが普段何をしてはるのかっていう、暮らしぶりが書かれていました。

 

IMG_5941

 

小山先生の故郷で、主役の女の子2人の故郷でもある、

青森の郷土料理ネタもでてきました。

ぜんぜん味が想像できない(笑)

そしてまんまと、いちごオムレットが食べたくなりました。

オムレットぉぉ!

 

ゲストハウス錺屋

女将 りょうこ

テラスで鯛ランチ

2018 年 6 月 17 日 日曜日

 

今日の錺屋は、お料理男子。

 

IMG_5876

 

その正体は、たまたま月屋の建具を作りに来てくれていた岩本くん

塗装を乾かしている合間に料理。

何を作っているのかな?

 

IMG_5884

 

ばーん!

今日はスペシャル素材があるんです!

あゆみさんのご友人におすそ分けいただいた半身、

赤く見えるけど、鯛です。

 

IMG_5882

 

べろーん。

お、おっきぃ!

 

IMG_5893

 

まるごと・・・フライパンに入らなかったので、

2等分して、ぜーんぶぜんぶアクアパッツァに!

 

IMG_5910

 

お天気も良かったので、

デラックスルームのテラスで、とっておきのランチタイム!

 

IMG_5911

 

これは最高のテラスのつかいかた。

贅沢すぎる!

 

IMG_5900

 

アクアパッツァ旨かったです。

大きな鯛なので厚みがあって、おなか幸せでパンパン。

食べきれないほどの鯛たべたのなんて生まれてはじめて。

 

IMG_5917

 

食後にはデザートと昼寝。

昼下がりの畳の上は、気持ち良すぎて、

「町家最高や」

「もう贅沢すぎて、悔いはない」

「一生こうしていたい」

とまで言い出す始末。

仕事中だということも、忘れかけている。

 

IMG_5925

 

しかも有り難いことにいただきものばかり。

ご馳走様でした。

鯛も町家も、

余すことなく味わい尽くしました。

こんな平和な日がずっと続くといいなぁ。

 

デラックスルームの詳細はこちら

ロトス洋菓子店の詳細はこちら

 

ゲストハウス錺屋

女将・りょうこ

ページエンド