kyoto guest house kazariya

‘かざりや日記’ カテゴリーのアーカイブ

舞妓さんちのまかないさん7巻

2018 年 9 月 14 日 金曜日

 

我々錺屋スタッフの、楽しみにしているもの。

小学館編集さんより届きました、

舞妓さんちのまかないさん』 コミックス第7巻

*小山愛子さん著/週刊少年サンデーで好評連載中*

 

IMG_7791

 

作中の季節は冬から春へ。

春は、桜をゆっくり見る間もないほど、舞妓ちゃんたち大忙し。

 

IMG_7793

 

お呼ばれしたお花見の屋台で、食べたくても食べられへん、

アメリカンドックを、まかないさんに作ってもらう。

可愛いエピソードでした。

食べたあかん言われると、よけい食べたなりますもんね。

 

ゲストハウス錺屋

女将 りょうこ

女将たちがいく ~清水二寧坂・高台寺編~

2018 年 9 月 11 日 火曜日

 

「台風後の京都のリアルな観光情報を発信しよう!」

と始まった、女将たちによる共同連載ブログ「女将たちがいく」シリーズ。

第一回:女将たちがいく ~嵐山編~はこちら

第二回:女将たちがいく ~平安神宮・哲学の道編~はこちら

第三回目、わたくし錺屋女将・涼子が担当させていただきますのは、

清水二寧坂・高台寺編!

 

IMG_7687

 

入場制限があると噂の、スターバックス 二寧坂ヤサカ茶屋店

お座敷で、いつものコーヒーがいただける、なんて贅沢なスタバですこと!

 

IMG_7690

 

一方通行が徹底されていて、1階はほぼ待合室と、2か所のドリンクカウンター。

ちゃんと混むこと前提に作られているんですね。

景観を守るため、店のまえには並べないらしいです。

 

IMG_7699

 

しかし!

今なら一切待たず、すぐに座れました。

 

IMG_7703

 

二寧坂もいつもより、ぐっと空いています。

続いて、八坂の塔へ。

 

IMG_7723

 

そのすぐ真下にある「八坂庚申堂」(入場無料)。

京都一インスタ映えするとか言われており、

カラフルでポップなくくり猿が、境内を彩ります。

 

IMG_7709

 

くくり猿とは、手足をくくられて動けなくなった猿の姿のお守り。

500円で好きな色を購入し、

背中に願い事と、名前と日付を書いて、くくり付けます。

布製で、ころんとして可愛い。

 

IMG_7710

 

若い女子たちに交じって、

私も願いごと(切実)を書いたお猿さんをくくり付けてまいりました。

欲をひとつ我慢すれば叶うそうなので、今日はオヤツを抜こう。

 

IMG_7718

 

続いて、ねねの道へ。

ここ、こんなに空いていることある?!

 

IMG_7726

 

台風の影響はどうかしらと、高台寺へ行ってみました。

山のほう、倒木の被害があったようで、片付けをされているところでしたが、

参拝には問題ありません。

 

IMG_7729

 

高台寺にひっこんだ、秀吉の正室ねねさん。

大阪城が見えるほどの高台に、伏見城から2つのお茶室を移してきたと言われています。

ちょっぴりせつないですね。

 

IMG_7738

 

ひとつは傘亭。

こぢんまりして可愛いお茶室でした。

 

IMG_7751

 

もう一つは2階建ての時雨亭。

どちらも利休さんの作ったお茶室です。

あなたたち、ほんとう無事でよかった!!

清水二寧坂・産寧坂そして高台寺・・・そこまで爪痕を感じずに済みましたし、

お散歩するにはちょっと異世界感があって、楽しかったです。

清水坂は外国人で混んでるしええわ、と敬遠されている京都通の方々にも、

今おすすめです。

 

——————————————————–

9月11日現在の状況

高台寺 : 全て参拝可能 No problem
圓徳院 : 全て参拝可能 No problem
二寧坂・産寧坂 : 通常通り No problem
清水寺 : 境内一部立入禁止 Partly closed
——————————————————–

 

ゲストハウス錺屋

女将 涼子

台風が去り

2018 年 9 月 7 日 金曜日

 

この度の台風21号は、

台風慣れしていない京都を通り過ぎ、色々なものを飛ばしていきました。

錺屋の被害は、瓦が割れたり、杉皮が取れたりした程度で済み、

当日も営業できておりましたので、まだ幸運だったかなと思います。

心配のお声を頂き、本当にありがとうございました。

 

IMG_7544 - コピー

 

翌日、スタッフ総出でお片付け。

紅葉の木もなんとか耐えてくれたし、

大正時代の硝子戸も、たわみながら頑張ってくれました。

よう耐えたね、労いながら窓を拭いてあげました。

今の時代、壊れたら同じように修復できないものも多い町家のいろいろ。

この100年無事でいてくれて、この先も残ってくれて、それが本当に貴重なことだと痛感しました。

 

IMG_7550

 

ちょっと瓦屋さん大忙しにつき、屋根にシートがかかっておりますが、

特にご不便なくご宿泊いただけますので、ご安心ください!

京都市内の寺社仏閣も、倒木などの被害を受けましたが、

3日経ち、多くが拝観再開しております。

関西国際空港も、復旧の目処が立ってまいりました。

完全復旧は当分先のようですので、

ぜひ陸路で、またとない「観光客の少ない京都」を楽しみにいらしてください。

 

IMG_7556

 

ひとまず、台風&片付けお疲れさま会。

ちょうど元宿直のゆっこさんが京都に遊びにきていたので、

台風で来れなくなってしまったお客様のお部屋で呑みました。

京都も私たちも、元気にしております。

台風前よりむしろきれいになったと言われるよう、頑張ります!

 

 

ゲストハウス錺屋

女将・涼子

写真撮影会*夏の錺屋と女中さん

2018 年 8 月 17 日 金曜日

 

先日あゆみさんが、紅葉柄の絽の夏着物を着て来てくれたので、

掃除の前に、二人で写真撮影大会をしました。

 

IMG_7057

 

お部屋で支度をする娘さん風。

2階のツインルームで撮影をしました。

 

IMG_7112

 

ツインルームの窓からは、

ひっそりと佇む京都タワーが見えます。

 

IMG_7121

 

台所でお湯を沸かして。

珈琲でも淹れましょうか。

 

IMG_7142

 

そろそろ、お掃除の時間。

前掛けをキュッと締めたら、あら女中さん。

 

IMG_7165

 

平成最後の夏ですが、

まるで昭和初期そのままの風景。

 

IMG_7177

 

こんなお掃除風景だったら、なんとロマンに溢れていることでしょう*

普段はもっと動きやすい恰好ではございますが、汗を流しながら、

私たちスタッフが毎日心を込めてお掃除しています。

 

IMG_7171

 

自分たちの手でやっているからこそ、

古い建物だけれどきれいだと言って頂けるとやる気が出ますし、

きれいに使って頂けるととても嬉しいです。

 

IMG_7074

 

フロントでお客様をお迎えするのも、お掃除や手入れをするのも、

お昼ご飯を作って食べるのも、

私たちのシゴトであり、また暮らしであります。

それはとても自然で、おだやかな日常。

毎日だれかをお迎えし、お見送りして、新しい風が吹き続ける暮らし。

町家は風の通りが良く、空気は澱みません。

 

IMG_7032

 

お盆が明けて、秋の気配を感じて、

なんだか、ちょっと切なくなっちゃった。

今秋には“女性ドミトリー”リニューアル大作戦をしようと思っているので、

また泊まりにいらして下さいね。

 

 

ゲストハウス錺屋

女将・涼子

錺屋スタッフの夏やすみ

2018 年 8 月 12 日 日曜日

 

錺屋&月屋スタッフみんなで、

京都北部京北町へ、夏恒例の川あそび&BBQへ行ってきました!

 

IMG_7308

 

お宿は年中無休なので、束の間だけれど、

街をちょっとだけ離れるだけで、

気分は夏やすみ!

 

IMG_7292

 

お肉食べて、川に入って、また食べて、忙しい!

 

IMG_7311

 

月屋4周年パーティも兼ねていたので、

あゆみさんが音吹畑で摘んだカモミールを白いワインに

漬け込んで来てくれました。

 

IMG_7316

 

そんな女子力も高く、いつもは可愛いおべべを着ているのに、

水着姿だけは別人。

みんなに先生って呼ばれています。

 

IMG_7350

 

こんなに猛暑なのに、

桂川上流はとっても冷たくて。

 

IMG_7330

 

京北町の道の駅で買った、地産の小玉スイカを

川で冷やしました。

 

IMG_7335

 

さすがに小玉スイカ割りは難しいですね(笑)

 

IMG_7414

 

だれも割れず、切って食べました。

 

IMG_7422

 

もうすぐお盆がやってきます。

その前にみんなで夏を味わえて良かった*

 

 

ゲストハウス錺屋

女将 りょうこ

みんな赤い

2018 年 8 月 10 日 金曜日

 

あゆみさんがくじ引きで当てた、大量のビーツを使ったお料理を、

いろいろと振る舞ってくれました。

 

IMG_6970

 

ビーツのボルシチ。

夏なので冷製でいただきました*

 

IMG_6972

 

欠かせないと言われるサワークリームとディルも乗っていて、本格的!

赤い!!

 

IMG_7231

 

そしてこちらは、ビーツのピクルス。

色が綺麗なので、ワイングラスでいただきました。

 

IMG_7246

 

ビーツは地中海沿岸原産の根菜。

料理が色鮮やかになる上に、ビタミン・鉄、食物繊維、ミネラルなどが豊富で、

美肌効果があるとか。

 

IMG_7225

 

そしてこちらもあゆみさんお手製、梅干し。

日光浴中。

どうしたの赤いよ、すべてが赤い!

最近の、まかないさん具合が半端ないです。

 

ゲストハウス錺屋

女将 涼子

夏の風物詩・五条坂陶器まつり

2018 年 8 月 8 日 水曜日

 

今年も京都・夏の風物詩五条坂陶器まつりが8月7日よりはじまりました!

清水焼発祥の地“五条坂”一帯に、全国より約400の出店で大賑わい!

 

IMG_7278

 

奥まった店内でも、高級食器の

半端ものやアウトレット、在庫処分などもございますので、

お見逃しなく。

 

IMG_7284

 

月屋の朝ごはん用に、蝶々のかたちの豆皿を買いました。

羽の黄色い点々が発色していないため、超お値打ちでした。

別に白のままでも可愛いし!

 

猛暑がおさまり、少し涼しくなってきました。

今年はど平日なのですが、夜までやっているので、ぜひお出かけください。

 

*****************************

五条坂『陶器まつり』

期間:2018年8月7日~8月10日

時間:午前9時~午後10時

場所:清水五条坂

*京阪電車「清水五条」駅4番口出てすぐ

*京都駅からは京都市バス206番で「五条坂」下車

*錺屋からは市バス80番で「京阪五条前」下車、あるいは徒歩10分強

*京都駅、錺屋からは1メーター程度なのでタクシーがお勧め!

*****************************

 

ゲストハウス錺屋 

女将 涼子

切り絵のウチワ

2018 年 8 月 1 日 水曜日

 

2週間にわたり、

女性ドミトリーにご宿泊いただいた台湾のお客様。

切り絵がご趣味で、職人さんかと思う出来栄えにびっくり!

 

IMG_6949

 

しかも独学と聞いて二度びっくり。

あゆみさん、ちゃっかり!自分のうちわに、金魚の切り絵をしてもらいました。

 

IMG_7040

 

いやほんと器用、本業にできますよ。

切り絵のうちわなんて、なんて贅沢なんでしょ。

 

IMG_6961

 

長いこと滞在頂いた上に、切り絵まで、

本当に本当にありがとうございました。

今日台湾に帰られてしまいましたが、次に会うときは京都暮らしスタートの時。

もうすぐだから寂しくないもんね。

新しい環境が、彼女をやさしく包んでくれますように*
 
 

 

ゲストハウス錺屋

女将 涼子

木洩れ日

2018 年 7 月 31 日 火曜日

 

風がごうごうと煩く、なかなか寝付けない夜でした。

錺屋はお庭の袖垣が倒れていたので、

ここ数年で一番の強さだったのかも。

 

IMG_6977

 

幸い京都は大きな被害もなく、

あっという間に平穏な暮らしが戻りました。

 

IMG_6980

 

台風の去った後、

空気は澄んで、木漏れ日がきらきらしている。

なぜこんなに眩しいんだろう。

 

IMG_6979

 

世界はとても美しく見え、

まるで雨と風が、澱みを洗い流していったみたい。

そういえば、なんと久しぶりの雨だったろう。

 

ゲストハウス錺屋

女将 涼子

ほいっと還幸祭

2018 年 7 月 25 日 水曜日

 

7月24日、後祭山鉾巡行の後はゆっくり休んで、

夕方より八坂さんのお御輿、還幸祭を楽しみました。

この日の京都市内は、一日中交通規制の嵐。

午後5時頃から順番に、四条御旅所を三基の神輿が出発し、

それぞれ所定のコースで街中をかつぎ周ります。

 

IMG_0512

 

今年も19時頃に三条会商店街へ見に行きました。

なぜなら三条黒門にある、八坂さんの境外末社「又旅社」にて、

奉饌祭」をとり行うため、

三基すべての、2トンもあるお神輿を担ぎ、高くあげる「差し上げ」が間近に見られます。

 

IMG_0524

 

人が肩で担ぐお神輿としては、日本一重たいそうで、数百人で代わる代わる担ぎます。

しかも今年はそらこちゃんお手製の、6尺ほどのアルミ竿の先にカメラをつけて、

撮影してくれました。

自撮り棒のようで、ぜったい自撮れない棒。

 

IMG_0535

 

ゆえになかなか見られない、

ちょっと上からの視点。

 

IMG_6919

 

こちらは、二条陣屋の前で休憩中の西御座さん。

いつも一番遅くに八坂さんに帰ります。

今回お神輿がどのへんまで来ているのか、Twitterで情報収集していたのですが、

もうちょっとどのお神輿が、何所かをはっきりつぶやいてもらえたら、

ありがたかったなぁ。

(個人が情報を流せる時代、ほんと便利・・・・)

 

IMG_0568

 

担ぎ手さんの荒々しい熱気や怒号、ふんどし姿を楽しむもまたよし。

意外にアツい、祇園祭のハイライト・還幸祭。

なかなかクセになります。

ぜひ来年こそ見に来て下さいね*

 

京都はこれで今年も疫病が流行らずにすみそう!

 

ゲストハウス錺屋

女将 りょうこ

ページエンド