kyoto guest house kazariya

ラヴレター

 

おはようございます!

この9月は本当に涼しくて気持ちよいですね。

開業まもなくからの常連さんが、

とっても素敵なブログを書いてくださいました。

 

*****************************

桐島BLOG更新しました『変わるという事、変わらないという事@錺屋&月屋』

京都は旅先ではなく帰る場所になってきました。それは女将がいてくれるからです。

http://naokirisima.skyclover.hacca.jp/?eid=849 

*****************************

 

恐れ多いのですが、これはもしかしてラヴレター?

 

IMG_9477

 

でも確かに、

「お店」と「お客さん」はもちろん、

「お宿」と「常連さん」って表現や関係性にすら、もはやしっくりこない。

場所に対する愛も、ひとに対する愛も、実はお互い様で、

立場なんて関係ないんだなぁと気付きました。

同じ思いで、カメラを向けているような気さえする。

「光がさしてきれい」

「なんて可愛いの」

「この瞬間はもうないかもしれない」

 

IMG_9457

 

ここが在れば、ここに居れば、だいすきなひとたちに会える。

ここを愛してくれるひとが在るからこそ、ここを維持できる。

お客さまに対しても、スタッフに対しても、

そんな共存の関係だと私は思っています。

お泊代も、お給料も、お金というかたちではありますが、

「応援」とか「協力」や「感謝」なんですよね。

 

IMG_9460

 

宿泊業界は、ここ数年で便利になり、

予約サイトや比較サイトを利用して選び、1クリックで予約するのが主流となりました。

(そんな便利な予約サイト、錺屋ではお使いいただけず、申し訳ありません・・・)

探しづらくなってしまった当宿を見つけ、ご予約いただけることが本当に有難く、

京都の稼働率が低迷している昨今、

いっそうお客さまのお顔がきらきらして見えます。

 

IMG_9449

 

だいすきなこの場所を、ずっと維持していきたいなぁ。

お土産にいただいた「東京ブレンド」を淹れながら思うのでした。

 

ゲストハウス錺屋

女将


コメントをどうぞ

ページエンド